Lv.1
mig_20171016222955804.jpg
最近(といっても半年前ぐらい)テレビで見ておもしろかった話。

ダウンタウンの番組を相変わらずよく見てるんだけども、作家の阿川佐知子さんをゲストに招いてのトークでのこと。
imagesL20Y6AMY.jpg
阿川さんは大物著名人のインタビューを数多くこなしてきたこともあるんだけども、その中で何人かをインタビュー中に怒らせてしまったことがあるという話になった。

その中の一人が、意外にもイチローだった。

イチローといえば言うまでもなく前人未到の記録を作り続ける球界の生きた伝説。
その凄さの一つは、今なお進化を続けていることにある。

イチローの代名詞であるバッティング技術も、常に改良を続け、進化し続けているんだが、阿川さんがインタビューをした当時のイチローは、「最近はバッティングフォームに『フォロースルー』を取り入れるようにしました」といったことを話していた。

ここで言うフォロースルーとは、バットがボールに当たった後も最後までバットを振り切るという動きの流れのこと。
img_0.jpg

これを聞いた阿川さんは、
「実は私もゴルフをやってるんですけど、ゴルフのスイングでもフォロースルーするのって大事だなって最近思うようになったんですよ。」みたいな相槌を返した。

しかしそれに対してイチローはピシャリと一言
「私のバッティングとあなたの素人ゴルフを一緒にしないでくれますか?」
と怒られてしまったそうな。

ダウンタウンも苦笑いしておりました。

この話を聞いて「そんなに急にキレられたら怖いやろ」とか、「ちょっとそれは大人気ないんじゃないの?」とか思ってたけど、後々考えて思うのは、2億円以上の年俸をもらっていたイチローは、ヒット1本を打つのに数百万円分の責任を背負って打席に立っていたという見方をすれば、バッティングの改良もそのために鍛錬していたわけだから、ド素人と一緒にされたらそら確かにむかつくわなぁ…ということ。

同じ発言でも相手が石川遼みたいな実力と実績あるプロゴルファーとかなら
「なるほど、ゴルフと野球でそんな共通点があるんですね。」
とか、機嫌よく話してたんかな。

まぁ、素人がプロと同じ土俵で物を語っちゃダメということですかね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する