Lv.1
無題
引き続き正月休みの話。
1月2日の夜、地元の友達と3人麻雀をしました。
遠藤君は風邪気味で熱もあったので「無理せんでえぇよ」と言ったけども無理して付き合ってくれました。
とんねるずのスポーツ王を見ながら3回戦だけ。

開始早々の第一局。伊藤がツモ上がり。

伊藤「よし、ツモ!!!これは高いぞ!!え~っと、リー、ツモ、ドラ3、発、中、あとはトイトイとかもつくんかな?」
ソエ「いやいやいや、これは役満じゃよ。スーアンコ。」
「あ…そうか、ほんまじゃ。」

麻雀を知らない人のために簡単に言うならば、多彩な合わせ技で高得点を狙ったつもりが、結果的に一つの大技が完成してた感じです。
最高得点をもらえるのに逆に拍子抜けというかむしろがっかり感を味わった。

逆に麻雀知ってる人はお察しの通り、私はぎりぎりルールを知ってるぐらいのレベルで、いまだに点数計算もまともにできなかったり役を忘れたりします。

かくして新年第一局目で役満を出してしまった今年の私。
九連宝燈(その難しさから、上がると一生分の運を使い果たして死ぬといわれる役満)ではないにしろ、これは縁起が悪いように感じてしょうがない。

しかも三回戦やってすべてプラスという普段の私の弱さではあり得ない戦績でした。
結局6,000円の勝ちだったけども、そんなにもらったら本当に罰が当たりそうで怖かったので
「半分でえぇよ。えんつぁん風邪気味やったし。」
と3,000円だけもらっときました。
前々から私がこういうのを気にしすぎるのを知ってるソエ君にも「びびりすぎやろ」と言われました。

新年早々運を使い切った縁起の悪い幕開けな気がするけども、今年も平穏な一年であることを願っております。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する