Lv.1
fc434478_20140302002616d16.jpg
以前にもチラッと書きましたが、地元には徳島人というローカル雑誌があります。
私は帰省する度に近所の喫茶店でパラパラっと読んだりしております。
最近のを見てて思ったんだけども

1402_JIN.jpg
徳島のいい病院はどこ? とか

JIN_1312.jpg
徳島県民が死ぬ理由
徳島県民はこうやって死んでいる とか

1401_JIN.jpg
自分が入る墓は自分で決める
自分好みの締めくくり計画 とか


病院、死因、墓と、なんか「死」を取り扱った話題が毎回のようにある。
確かにいきつけの喫茶店の常連たちはみんな定年退職したじじいばっかりで、あとは余生をのびのび暮らすだけって雰囲気。


最近気付いたんだけども、私の行く先々はじじいのたまり場が多い。

例えば図書館に行ったらかなりじじいだらけ。
新聞を読んでるじじい、雑誌を読んでるじじい、本を貸し借りしてるじじい、寝ているじじい。
なんせ図書館は何冊借りてもタダですから、趣味としてのコストパフォーマンスは最上級だと思うんですよ。
歳取ってるだけあって賢い選択だと思います。
運動系の趣味は辛いとか、退職して時間がたっぷりあるとか、そういうのもあるんでしょうけども。

釣りに行っても、近所の池とか川にはヘラブナやコイを狙うじじいがいっぱいいて、場所によっては毎週おなじじじいに会ううちに友達になってしまったりしてる。
たまに海釣りに行っても海には海のじじいがいる。

私の癒しの空間である喫茶店も、若者がデートで立ち寄るような店よりも2,30年くらいやってるような古臭い店の方が好きで、そういう店にも毎日同じ席に同じじじいがいる。


もしかしたら私は、自分自身がじじいになるまでの数十年、そして更にその先の死に至るまで、今の感じで過ごすことになるのかもしれない。
別にそれは嫌じゃないですけどね。
むしろ今の感じで過ごせるように、今の生活を維持して定年まで過ごして、まったり余生を過ごせれば満足だと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
タイトルで心配したわ!もー!(笑)
生涯を通して出来る趣味というのはいいですね。いつまでも前を向いていられる感じ。

あれ?fds今何歳だっけ…(笑)
2014/03/03(月) 18:23 | URL | どーりぃ #-[ 編集]
>どーりぃさん
釣りと図書館…ケチな私がコスパを追及してたどり着いた趣味です。
もうすぐ30だけど。
2014/03/09(日) 20:37 | URL | fds #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する