Lv.1
511282c6.jpg
あれは小学4,5年ごろの話だった。
ある日、友達の印藤君に日曜日に家でバーベキューするから来ないか、と誘われた。

呼ばれた通りに印藤宅でバーベキューをいただいていると、印藤君のお母さんにものすごい剣幕で
「伊藤君、今日家に帰ったらお父さんとお母さんに『印藤君ちで肉いっぱい食べさせてもろうた』って言うんでよ!!!」(訳:言いなさいよ!!!)
と言われた。

「…? はい…。」
伊藤少年はその意味があまりよくわからなかった。
まだ子供な自分にはわからないけど、大人同士の挨拶みたいなものなのか?
そう思って、その日の晩御飯のとき、お父さんとお母さんに聞いてみた。

「今日印藤君のお母さんから、『お父さんとお母さんに肉いっぱい食べさせてもらったって言うんでよ!!!』って言われたんやけど、これってどういう意味なん?」
お父さんとお母さんは、ただただ苦笑いしていた。

クレヨンしんちゃんみたいなやりとりだなぁと今となっては思う。



私の文章力がないせいでわかりにくいかもしれないので補足説明しておくと、印藤君のお母さんは性悪で、嫉妬深く、恩着せがましい醜い大人なのです。
この人に関するエピソードは他にもいろいろあったりする。
それらを憶えてたことで、子供から大人になる途中に、大人の醜さに気付く瞬間もあったりしました。

今となっては笑い話だけど、本人に「こんなこと言ってたの憶えてますか?」とは言いたいけど言えない。

でも、印藤君とは出会って25年経った今も仲のいい友達です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
確かにいんぴのかーさんはキャラ濃かったねwww
2013/09/01(日) 09:37 | URL | いわりえ #-[ 編集]
>いわりえ
前に言った「車内尋問事件」とかもね…。
うぅ~ん、みんなに対してこうっていうよりかは、俺や伊藤家に対して並々ならぬ対抗心があったように感じるんよなぁ~…。
なんでかは知らんけど。

これも穴吹七不思議のひとつだろうか…。

2013/09/16(月) 22:04 | URL | fds #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する