Lv.1
めっちゃ今更ですけどもGWに4年ぶりにしまなみ海道に行ってきたのでその日記です。
どうも最近日記を書く優先順位が下がりがち…。
前回は尾道をスタートして今治にゴールというルートでしたが、今回はその逆のルートで行ってみました。
道順が逆になっただけで通る道は全く同じなので、前回とは違った点だけを今回は紹介します。
ちなみに前回の日記はこちら
前編:http://fdsavcxz.blog73.fc2.com/blog-entry-599.html
後編:http://fdsavcxz.blog73.fc2.com/blog-entry-600.html
ウニ丼:http://fdsavcxz.blog73.fc2.com/blog-entry-661.html

DSC_0173.jpg
朝9時出発。
これから一日かけて70㎞走るのかと思うとなんともわくわくしてきます。

DSC_0174.jpg
前回は最後の難関として待ち受けていたこの橋も今回はスタミナがある序盤にあってちょっと助かりました。

DSC_0175.jpg
ウニ丼が美味い民宿の前を通ると前回はいなかった柴犬がいました。
この子がめっちゃかわいかった。

DSC_0176.jpg
2歳♂らしいんですが、ハイテンションで飛びついてくるのではなく、静かに寄り添って甘えてくるというのが私のドストライク。
毛並も美しく、ゴワゴワしてるけどふかふかやわらかい柴独特の手触りがたまらん。

DSC_0177.jpg
それにしてもなんというイケメン。
耳の立ち具合、マズルとスカルの整った形とバランス、どれをとっても申し分ない。
野性味がありながら完成された美しさがある。柴犬は本当に日本の宝ですね。

DSC_0180.jpg
この子は途中の車屋さんの看板犬。
最初は警戒されて吠えてきたけど、すぐに懐いてくれました。
去り際には「もっと遊んで」と結局吠えられましたが。


なんかしまなみ海道関係なく犬の話ばっかりになってきたので話を戻すと、前回因島で見た異様なまでの存在感を話す石像群は、やはり今回もありました。↓
DSC_0183.jpg

これが前回見たときの写真。↓
P4293782.jpg
拡大してみていただくと、石像の一つ一つに目玉があり、見てるものをまじまじと見つめ返してくる不気味な生命感があるのがおわかりいただけるかと思います。
おそらく奥にある民家に住んでらっしゃる方が作って飾ってるんだろうけども、何のために作り、そして飾ってるんだろうか。
探偵ナイトスクープにでも依頼してみようかな。

なんやかんやで渡船場に到着。
DSC_0184.jpg

DSC_0185.jpg
お迎えの渡船が来ました。渡船の中で女子高生などが自転車を持ってるのがお分かりいただけるだろうか。
これが尾道の日常です。一回乗るのに200円ぐらいだったかな。

DSC_0188.jpg
渡船から降りたら尾道駅前。ゴールです。

DSC_0186.jpg
勝利の尾道ラーメン。
ご当地ラーメンの中では私は一番好きです。
麺が若干固くて、スープは魚介の香り、浮いている背油一粒一粒に甘みがあって美味い。

前回は6時間半ぐらいでゴールでしたが、今回はいろいろ寄り道したり、休憩も多目にとったてたら9時間ぐらいかかってしまいました。
両方のルートを走ってみた感想としては、尾道→今治ルートだと一番キツイ坂と二番目にキツイ坂がスタミナのなくなってきた終盤にあるのでかなりキツイのに比べ、今治→尾道ルートだとそれがないのでちょっと楽。
でも、今治→尾道ルートの場合、ゴールした後スタート地点に戻るのに途中でタクシーに乗らないといけないのが若干面倒くさかったから、どっちも一長一短ですかね。

とりあえずイケメン柴犬を思う存分撫でまわすために、近いうちにまたあの民宿に泊まってウニ丼をたべようかなとか考え中。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
しまなみ海道のこと以上に犬好きが存分に伝わってくる(笑)
非チャリ族に70km走破のワクワク感はわかりませぬが、犬とうまいものが待っているなら…という気にさせられた今回の日記。
2013/07/08(月) 07:47 | URL | どーりぃ #-[ 編集]
いろんな見慣れぬ景色をみつつ、ゴールが徐々に近づいてくることと、走り切った後の達成感はいいもんですよ。

2013/07/15(月) 22:41 | URL | fds #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する