Lv.1
27e65b67.jpg
(その1)
多分4年生のときだったと思うけど、帰りの会のときだったか、突然窓の外に濃い霧が立ち込めてきた。
50mも離れていない真向いの校舎が見えないぐらい濃い霧だった。
うちの小学校は確かに山間にあったけど、あんな濃い霧は後にも先にもあのときだけだった。

最初のうちはみんな見たことない光景にテンションは高かったけど、霧のせいもあってか周囲が異常なほどの静けさで、だんだん不気味に感じて来たのか、静かになってきた。
なんだか妙な恐怖感があった。

(その2)
4年生のとき、帰りの会をやっていたら突然空から
ギーーーーーーーン!!!!!!!!!!!
とけたたましい音が聞こえてきた。
遥か遠くから聞こえているはずなのに、ものすごい大音量という初体験な騒音。
クラス中が一斉に窓際に駆け寄り、空を見上げると、一筋の飛行機雲が見えた…気がする。

その日の夜、ニュースで近所にジェット機が墜落したという事故を見た。
詳細はあまり覚えてない。


(その3)
5年生のとき、あれは天気がよくてポカポカと日差しが気持ちいい日だった。
昼休みに教室でのんびりしてると、教頭先生が校内放送で
「みなさん、空を見上げてください。太陽の周りに虹のわっかができています。」
と言った。見てみると言われた通り、太陽の周りに虹のわっかができていた。


(その4)
5年生のときの少し肌寒い朝、教室にはまだ伊藤と西康しかいなかったとき、ベランダから外を見てみると、民家の庭にいる一頭の犬が、ちょうど真正面からこっちをガン見していた。

(∪・ω・)「・・・・・・・・・・。」
伊藤「なんかあの犬めっちゃこっち見よる。」
西康「ほんまじゃ。ワンワンワーン!!!!」
(∪`・ω・´)「………ワフッ!!!」
伊藤「ちょwww返事したwwwww」
西康「もっかいやってみよwwwワンワンワーン!!!!」
(∪`・ω・´)「………ワフッ!!!」
伊藤「また返事したwwwwwww」

このやりとりが4回ぐらい続いた。
この犬はなぜか西康のワンワンワーン!!!に反応し、しかも3秒ぐらい間をおいてから静かにワフッと一回だけ吠えていた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
虹だけ覚えとる!他は覚えてない!
最後の犬のエピソード癒されるなあ♡
2013/02/25(月) 09:13 | URL | r!eco #-[ 編集]
>いわりえ
学生時代というのは大半を教室で過ごしてましたからねぇ。
何年もいたら多少変わったものを見たりするもんですね。

肌寒さと静けさでピンと張りつめた空気の中、のびやかに響く西康の声と、低く響く犬の鳴き声がいい感じでした。
2013/03/16(土) 22:03 | URL | fds #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する