Lv.1
20100925021249.jpg
ぐっさんが昔から実家で飼ってたわんこのポポちゃんがお亡くなりになったのだそうな。
御年19歳。犬にしては長生きですねぇ~。
そこまで長生きできたのも、家族の皆さんの愛情あってのことですよね。

現在石川県にいるぐっさんは、たまの連休に東京に帰るたび、「次に会うまで元気でいてくれるかなぁ・・・これで最後かもなぁ・・・」という思いだったけど、ポポちゃんは去年の年末、ぐっさんが実家に帰ってきてから、それを待ってたかのように息を引き取ったんだとか。

そういった美談はいくつか聞いたことありますけど、本当に身近に起こるとは・・・。
犬って凄いですよね。


(∪´ω`)小さかったぐっさんも立派な大人になったお・・・最後に一目その姿を見れて、もう思い残すことはないお・・・

  ⊂⊃
(∪´ω`) 今までありがとうお・・・このおうちに飼ってもらってポポはしあわせだったお・・・


というそんなポポちゃんのささやきが聞こえた気がしました。
悲しいことには違いないけど、天命を全うして、みんなに看取ってもらいながら老衰というのはこの上ない幸福な最期だったんじゃないかと思います。

犬は好きだけど、犬を飼うと必ず犬に先立たれるというのは私にとって永遠の難関だけど、そのときにいかに後悔がなく、お互いが満足して、感謝し合いながら別れられるかというところに答えがある・・・そんな気がした。


いぬのえいが ねぇ、マリモ


久しぶりにこの動画みたら見初めて30秒ぐらいから残りの10分30秒涙が止まらなかった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大往生でしたね…本当に大切にされてたんですね、ポポちゃん…。
大好きな人を待って、それから…という最期に家族の愛情の深さとか、ポポちゃんの愛しさとか、そういう全てが詰まっている気がします。
2011/01/25(火) 07:03 | URL | もーりぃ #-[ 編集]
>もーりぃさん
そうですね。
お互いに悔いの残らない最期って、本当に幸せな結末だと思います。
2011/01/31(月) 22:23 | URL | fds #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する