Lv.1
ヒートトリガー
ひーと と とりがー
仮面ライダーWにハマってます。
まぁ毎年仮面ライダーは前半良かったのに後半が・・・とかいうのがお約束なので、おもろいかどうかは最終回まで見てから決めようと思ってますけどね。
ただ今26話なので折り返し地点。今のところかなりおもろいけどはたしてどうなることやら・・・。

もう一つ最近になって好きになった番組があります。
所さんの笑ってコラえてです。

ダーツの旅が特に好きです。
地方の一般人(特にお年寄り)ってなんであんなにおもしろいんでしょうねぇ。
ここ数年見てなかったことを後悔してます。

そんで笑ってコラえて と 仮面ライダーの間をとった動画を発見したのでお暇な方、興味ある方がいれば見ていただきたい。



↑この動画の中では「平成ライダー10人のうち8人を演じている」といってますが、現在の仮面ライダーWも高岩さんがやってるので、11人中9人ですね。


↑仮面ライダーの中の人になりたいと言ってた彼にとってはまさにその人なんだから、嬉し泣きするのも無理はない。
野球少年にとってのイチローみたいなもんですからね。
「○○さんに憧れてこの世界に入りました」とか、男として一生に一度言ってみたい台詞ですよねぇ・・・。
まぁ私の場合この歳で言ったことないってことは完全に言うタイミング逃しちゃってますね。
それにしても高岩さんを目の当たりにしたときの彼、いいリアクションしてますね。
Σ(゜□゜)ハッ!!?って。

しかしほんと、高岩さんのスーツアクターとしての演技は凄いです。
仮面ライダー電王の7形態を全部一人でやってたというのは俺も最近知って驚きました。
何が凄いかって簡単に説明するなら、電王は主人公に亡霊のようなものが憑依し、憑依する亡霊によって異なる形態に変身するんだけど、使う武器や戦闘スタイルが違うだけじゃなくて、さらにその亡霊一人一人のキャラも細かい仕草で演じ分けないといけないんですよね。
なので、それぞれに担当がいてその都度入れ替わってるのかと思ってたのに、全部高岩さん一人でやっていたとは。
恐るべし高岩成ニ。

アクションの面でも、あのゴテゴテした衣装をまとって、マスクに穴をあけた程度の狭い視野でやってるんだから想像もできないくらい難しいんでしょうねぇ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今日も動画に見入ってしまいました。

足が良く上がるのはいいことですね。
昔に比べ関節も硬くなりました。
今日も友人と、池のフェンスを越える時全然足が上がらなくなったと
話をしていたところでした。
2010/03/22(月) 20:08 | URL | ヨージック #-[ 編集]
>ヨージックさん
それは柔軟が足りないですねぇ。
私も体めっちゃ硬いですけどね。

完全に私の趣味なのにわざわざ閲覧していただきありがとうございます。

彼も憧れの高岩さんを前に少しでもいいところを見せたくてつい必要以上に張り切っちゃったのでしょう。
2010/03/22(月) 21:00 | URL | fds #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する