Lv.1
20060821010751.jpg

さて、夏休みも今日から20日の大台に乗りました。うぎゃー。
全国の少年少女の焦燥感が今日も青空をより青くさせる。

俺にとって終わるのが嫌だった夏休みベスト3は以下のとおり。

【第三位】 小学校2、3年生
なんかしらんけど馬鹿みたいに楽しかった。
何をやったかって言っても親戚と遊んだくらいだったと思うんだけども、まぁ小さいころだったしそれがすべてでした。相変わらず平日は夜更かし禁止な俺の家でも、夏休みは毎日が休みなので11時くらいまでおきてても怒られない。それだけでも随分違った。8月31日、「2学期も頑張りぃよ。」とお母さんがローストチキンを作ってくれたのを覚えております。家にあるオーブンレンジの、いつもとは違う使い方をして、見たこともないような調理法で作ってくれたのも覚えてる。もちろん味も。思い出の一皿。

【第二位】 中学2年生
この年だされた技術の宿題、「電気を使ったもの」というのがどうしても何をやっていいのかわからなくて死ぬほど悩んだ。やりづらい宿題ほど後回しにして窮地に追い込まれるというのは毎年のことで、夏休み8回目なのにまだ同じことを繰り返す自分たちの学習能力のなさに呆れるばかりだけども、この宿題ほど心底悩んだものはない。しかも2学期が始まったらまた毎日部活漬け・・・。あまりに憂鬱で、ここ最近全く会話すらしてなかったはずの松ちゃんの家に突然訪問し、そこにいたけんぴと松ちゃんに「何作ったらいいと思う?」とか相談しに行った。しかしその二人もまだ作っておらず、「なんとかなるんちゃう?」とか言ってた。(←この時点で8月30日)結局作ったのは電流を熱に変換して発泡スチロールを切断する「スチレンカッター」でした。市販の簡単な組み立てセットから一部部品を拝借し、あたかも手作りであるかのようにして提出しました。

【第一位】 高校3年生
夏は受験の天王山なわけですよ。しかしねぇ、この夏休みが1日1日減っていくごとに実感する「夏休み何もやらなかった」感。「全国の受験生にむちゃくちゃ差を付けられた」感。「あんなどうでもえぇことする暇があったらなんでもっと勉強せんかったんじゃ」感。毎日のように返されるがぜんぜん志望校の判定がよくならない模試の結果。後期始まって早々にある実力テスト。もちろん範囲ぜんぜん勉強できてねぇ。

うわあぁぁぁあああぁぁぁぁぁぁああああ!!!!!!!

発狂しようと思えばいつでもスタンバイOK!!誰か人思いに殺してくれ。


お盆が終わり、親戚たちが帰っていく。急に静かになった家の中。日課になっていた甲子園もとっくに優勝旗は持ち帰られた。もう飽き飽きなそうめんとスイカ。ニュースキャスターが「残暑が厳しいですね」と言い、毎日のようにあったスペシャル番組が徐々に姿を消していく。スーパーにサンマや松茸が並びはじめ、「キリン秋味」のCMまで始まる。トンボが飛び始め、鈴虫の鳴き声が聞こえてきたときの絶望感は測り知れない。それに開き直ったころにはニュースキャスターの野郎が今度は容赦なく「夏休みももう残すところあとわずか」などと言いやがる。窓から吹き込む風が随分と涼しい。っつーかむしろ寒くすらある。半そでにハーフパンツな今の自分にはいささか応える。より一層濃い色となって全身を襲う絶望と焦燥。得体の知れない巨大な腕に背後から両腕ごとわしづかみにされているかのような感覚。逃げられない。もう逃げられないのだよ。死あるのみ。そう思うと体中の内臓という内臓をゲロと一緒に口から吐き出したくなる。あぁ、むしろ死にたい。こんなに絶望的な気持ちになるくらいなら夏休みなんていらない。

夏休みなんていらないんだよ!!!!!!

う宇和あああぁぁぁっぁぁぁぁっぁぁぁぁ!!!!!!!!!!

まぁ、そんなこんなで夏休みの終わりが感じさせるのは切なさを越えて絶望なのです。
ブルーすぎて死にそうなくらいの。
くれぐれも子供たちに「夏休みもあとちょっとやね」とか、「宿題はもう終わった?」とかいわないように。
そんなことを平気で言う大人たちをどれだけ撲殺したかったことか。
俺にとっての「こんな大人になりたくない【第一位】」は、あのころからずっと「平気で『夏休みもあとちょっとやね』と言う大人」でした。くだらないけど、この一言に夢見る子供、そのガラスのように繊細な心を考慮できない大人独自のデリカシーの無さというものが詰まっている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あたし普通に言ってたかも…いとことかに(´ε`;;)
子供心忘れてた…気をつけます。
2006/08/23(水) 12:11 | URL | ちっぷ #-[ 編集]
子供からしたら、俺らが感じるお盆の終わりの寂しさ+溜まった宿題+学校が始まるという現実なわけで、その絶望は大人の数倍やと思うよ。

それともあんなにノイローゼ気味になるほど神経衰弱してた自分が異常だったんかな。

まぁ自分にとって一番嫌だったのは学校が始まる=給食が始まるでした。
あのときの給食は毒のように不味かった。
2006/08/23(水) 23:09 | URL | fds #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する