Lv.1
この土日の釣行記です。日曜には新たに結成されたフローター団体「夜会」として始めての大会があり、土曜はその前日プラクティスに行ってきました。

【金曜夜~土曜朝】前日プラ
この日は風がおだやかでした。
ぽっぷさん、りんさん、ガチャモンさん、番チョさん&後輩、フローターさんと俺で計7名での釣行。

番チョさんが開始早々にポッパーで50Upを釣ったりと、周りの皆様は釣ってるみたいなんだけども俺は2時までボウズ。
アタリが4回ほどあったのと、1匹バラし。
今日は久しぶりにボウズかな・・・なんて思ってたらぽっぷさんから連絡が入った。
「今こっちめっちゃ釣れてるよ~」と。

おお、これは行かないわけにはいくまい!とその場所へ。
数分後、ジョイクロで1匹目をゲット。40Upでした。

P8290001.jpg

ワンシャで40Upをもう1匹を釣った後、マイキー160(通称デカマイキー)にヒット。
お、これは重い!!50あるかないかでした。

P8290003.jpg

俺が3匹釣る間にもポップさんはバコバコと大量に釣っており、自己記録となる59も釣ってました。
しかもこの59は自作のルアーで釣ってました。
ぽっぷさんは本格的なハンドメイドルアービルダーなのです。
自作のルアーで自己記録って、これほど嬉しいことはないでしょうね。ほんと。
子供のように無邪気な笑顔でした。

P8290002.jpg

P8290004.jpg

陸に上がってメジャーで測ってみたらデカマイキーで釣れたのは50Upでした。
「51でした」とか言ってたけど今写真を見たらギリギリ52あるような気もする。

P8290008.jpg

2本目の50Upです。ぽっぷさんに釣らせてもらったに近い一匹でした。
ぽっぷさんに呼ばれなかったら本当にこの日はボウズだったかも・・・。

ぽっぷさんがさっきの59も含め50Upを3本釣り、りんさん、フローターさん、番チョさんも1本ずつ釣って、この日は合計7本の50Upが出ました。
最初はボウズかも・・・なんて思ってたけどわからないもんです。

片付けのときにはまたもやフローターさんが全裸になっており、写真撮ったろうと近づくと「ブラブラしたもんが写るかもよ。」などと言いさほど嫌がらない様子。
第一ほんまに撮られたくないなら家に帰ってからパンツを履き替えろと何度も言っておるのに。
このおっさんに羞恥心はないようだ。


【土曜夜~日曜朝】初夜会大会

夜会の大会ルールは1匹のサイズで勝負と至ってシンプル。
一応キーパーサイズは45となっております。
普通の野池やリザーバーなら45釣れたら上位に入れるのに、逆にそれが最低ラインってのが強気。
しかもなんだかんだで結構そろえられるんだから琵琶湖ってすごいですよね。

スタートから適当に流しつつ昨日と同じポイントへ向かう。
その間にワンシャで40Upを一本。

P8303997.jpg

ネットのランディングに手間取って1匹バラし。
昨日のポイントに到着してからは1匹あわせ切れ。
もう1匹はフッキングと同時に水面からロケットのように飛び出てきた30Up。

風が強くなってきて、波が出てきたかと思えば、1時間後にはやんで、今度は鏡のようなベタ凪に。
しかし魚の反応はない。大会の終了時間は6時。
マズメの時合に入るかどうかは微妙だが、ギリギリまで粘ることにした。

途中、貯水塔のハシゴに登っておしっこしてたらその間にフローターが流されるというハプニングもあり。
(こんな行為ができるのは暗くて周りにボートがいない夜間だからこそ。)
あやうく貯水塔に取り残され、漂流状態になるところだったけども、側で一緒に釣りしてたぽっぷさんに助けていただきました。
ありがとうぽっぷさん。

空が薄明るくなってきた5時過ぎ、デカマイキーにヒット。
やっぱりちょっとウィードに潜られてしまった。
これがこの日のMAXサイズでした。

P8303999.jpg
しかしこの直後、悲しいこととむかつくことがあった。

まず悲しいこと。
BT 122 Twistがラインの中切れでぶっ飛んで行った。
浮かぶルアーなんで探せば見つかりそうだったけど、結局見つからなかった。
時間も迫っていたのでやむなく撤退することに。
これを買ったのは半年前に地元の釣具屋の中古棚にて。
先週針を伸ばされた雪辱を晴らそうとしてただけに無念を残しての殉職。
君の無念は同じ水面バシャバシャ兄弟のジンガとバジェットが晴らしてくれるさ。

そしてむかついたこと。
ジンガを投げていたらバスボートがブオオオオとやってきた。
進行方向からして俺のすぐ真横を通りそう。
ってかかなり近い。
ってか俺今ルアー投げたとこなんだけど、そのルアーと俺の間を通りそう。
既に急いで回収しても間に合わないようなスピードで近づいてきてるし、下手に巻いてその真上をボートが通ってルアーがぶっ壊れるかもと思い、あえてそのままにしといた。
そしたらラインの上をボートが走りぬけ、ラインがブツッと切れただけで、浮かんでいたジンガを無事回収できた。


しかし今は
「どこ通っとんじゃボケェ!!!!!!!!!!」
とその場でぶち切れなかったことを後悔している。
たまたま浮かぶルアーだったからよかったけど、沈む系のジョイクロとかだったら弁償してくれてたのか?ぶっ壊された場合は?
ってかフローターのそんな至近距離をそんなスピードで走りぬけんなっつーの。
危ないしマナー悪すぎ。

とかくいろいろあったが大急ぎでエントリーポイントまで戻った。
終了3分前のギリギリの到着。

さっきデカマイキーで釣った一匹は43くらいだった。
中途半端なデカさなので逆に小さく見える持ち方をしてみた。
普通はでかく見えるようにカメラ手前に魚を突き出すところを、あえてカメラ奥側に魚を構える。
あほすぎる

「アホや、アホ過ぎる」と結構ウケてました。
これは流行る!!

そして片付けの際に今日も駐車場で全裸になるフローターさん。
はいはい。もはや見慣れた光景です。

高校生バサーのゆう君の唄う名曲「真夏の果実」をBGMに軽く談話しつつ、優勝者に商品を贈呈。
昨日の絶好調の勢いそのままにぽっぷさんが優勝。

P8304002.jpg
そしてなぜか上位から順にたこやき風ラムネ、キムチ風ラムネ、わさびラムネを飲んでいく。
どれも飲めたもんじゃないが、一番酷かったのはキムチ風ラムネ。

その場の勢いで俺もキムチ風ラムネをちょっと飲まされたんだけども、これは酷い。
口の中ににんにくと唐辛子のにおいが残り、最高に後味が悪い。
マズすぎてこれを飲む理由がわからない。これは飲み物ではない。どちらかといえば便所の芳香剤だ。

そんなこんなで釣りの後も盛り上がり、楽しい大会でした。

商品を寄贈してくださったみっちさん、ともみさん、そして大会主催者のフローターさん、ありがとうございました。

また次回!

集合
~我等夜會~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした
写真ありがとねー!
色々楽しい釣り…と釣りの後でしたね^^
2009/08/30(日) 23:56 | URL | ぽっぷ #-[ 編集]
いっぱいおるね!なんか楽しそう!
でもキムチ風ラムネはちょっと…。
2009/08/31(月) 15:31 | URL | いわりえ #-[ 編集]
>ぽっぷさん
ポイントに呼んでいただいたことも、そして漂流から救っていただいたこともありがとうございました。
なんか夜会は釣りの後もちょっと残るってのが定番ですな。

>いわりえ
うん、釣りはいいよ。
高校生から40過ぎまで、いい魚が釣れたときはみんな子供のようにはしゃいげるんやから。

キムラム(なんか響きがキムタクっぽい)は作った人間の悪意がこめられております。
罰ゲーム以外に使い道がない飲み物です。
2009/08/31(月) 23:22 | URL | fds #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する