Lv.1
ただ今お盆のため徳島の実家に帰省しております。
昨日は地元の友達3人とちょいと食事に行ったり。

去年のお盆は穴吹川でバーベキューをしました。そのときの話。

川原に集合した一同は、とりあえず準備をすべく、男達が火起こしをして、女子らが材料の下ごしらえをしていました。
自炊歴5年の大林さんがてきぱきと野菜を包丁で切っていくのを「さすがやなぁ~」と関心して見ていたんだけども、次の瞬間私は大林さんの口から信じられない一言を耳にした。

「あれぇ~?肉つかむ用のうんこばさみがないぃ~!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
まぁ・・・・・・・・・・・言いたいことはたくさんあるでしょうが・・・・・・・・・・・・・。
一から冷静に説明していきましょう。

まず皆さん、この器具の名前がわかるでしょうか。
800px-Food_Tongs.jpg
正式名称はトングです。焼き肉屋とかパン屋さんなどでよく使いますね。
このバーベキューのときにもこれを使ってたわけですよ。

しかしこのトングと同じ形状のでっかいバージョンがあって、よく清掃活動などに使われているのもご存知かと思います。
img10531321416.jpg
これはゴミつかみ、ゴミばさみなどと一般的に呼ばれてるっぽいですが、おそらく大林さんの身内ではこれを「うんこばさみ」と呼んでいたのでしょう。
たしかにうちの学校は犬の糞害が酷く、放置された犬の糞はこれで取っていました。

台所用のトングと、ゴミばさみを混同して、大林さんはトングのことをうんこばさみと呼んだんでしょうね。
だから大林さんは

「あれぇ~?肉つかむ用のうんこばさみがないぃ~!」

とか言ったんでしょうね。
なるほどぉー。
ははははー。

とか、そんなのは大きな問題じゃなくて、

・なぜ食い物と排泄物が一つのセンテンスの中に同居しているのか?
・そこに嫌悪感を感じないのか?
・なぜそれをさも自然に独り言のように言っているのか?
・そしてそこをなぜ周りにいる誰もツッコんだり指摘したりしないのか?


それら数々の疑問を強引に頭の隅に押しやって、ドン引きしつつも私は黙って火起こしを手伝っていたのでありました。
穴吹町に生息する穴吹人は、基本的にデリカシーのない民族だとは知っていたけど、そのポテンシャルは自分の想像のさらに斜め上を行くなぁと痛感させられた出来事でした。

P1010183.jpg
ビール片手に川で涼しそうな大林友子。
今月で25。嫁入り前。
勉強は女子の中ではダントツで優秀で、頭の回転が速く弁も立つことから女番長:新開早紀の側近、ブレーンであった。
現在はバリバリのキャリアウーマン・・・だと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
仕事ちゅうです。
読みながらにやけてしまったw

そんなんいよったかな?
あたし到着する前?気付かんかったやー。
ちなみにうちではそれらを
「むかでばさみ」と言います。
殺したむかでをそれでつかんで処分するから・・・(うちの家むかでめっちゃ出るの。。)
2009/08/11(火) 17:05 | URL | いわりえ #-[ 編集]
その場ですかさずつっこまなかったのは、
本当は彼女を気遣ってのことですね。。。
2009/08/12(水) 08:03 | URL | ヨージック #-[ 編集]
>いわりえ
いわりえは阿波踊りの練習の後でかけつけたので、そのときにはもう材料の下ごしらえもできて火もついてたから後は焼くだけというVIP待遇だったよ。
去年のいわりえの日記にもそう書いてたよ。

ゴミつかみを何と呼ぶかでちょっとだけ育った環境が垣間見られますね。

>ヨージックさん
まぁ僕の場合はドン引きで絶句だったんですが、周囲は違和感なく「え?そっちにない?」みたいな対応だった気が・・・。
これぞ我ら無神経民族穴吹人。
2009/08/13(木) 11:48 | URL | fds #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する