Lv.1
前の日記の最後に書いた、自作のロッドホルダーがこれです。
フローターやってる人のほとんどがこういうのを自分で作って使っております。

ロッドホルダー

材料はほとんど100均とホームセンターで買いました。

ワイヤーフレーム \100
結束バンド \100
ナスカン \100 ×4
びよーんて伸びるストラップみたいなやつ \100 ×2
塩ビパイプ 400円くらい

占めて\1200。
専用のフローターのロッドホルダーだと2本しか収納できないやつが\7000とかしたりする。
釣具って釣り専用だからというだけで無駄に高かったりしますからね。
そういうとこをいかに工夫して節約できるかって大事ですよね。

後々のことを考えてパイプは3本にしましたが、今はまだ竿2本でやっております。

前まではリバレイのフローター一式セットについてたロッドホルダーを使ってましたが、そのロッドホルダーは1本しか収納できませんでした。
今までは1本をロッドホルダー、もう一本は手で持って、フィンで移動してましたが、新しいフローターはオール付きで両手を使うわけなんで、2本以上収納できるロッドホルダーが欲しかった。
なので作ったという流れです。


あと、実は今月に入ったくらいから、魚群探知機、略して魚探を使い始めました。
ホンデックスのHE-51Cです。

ホンデックス

そろそろ一般人から見て変態の域に入ってきたかもしれませんね。
食べれない魚を魚探使ってまで必死に釣ろうとしてるのは理解に苦しむことでしょう。
でもこれくらいは結構普通に使われてるんですよ。
バスプロのバスボートなんて魚探は標準装備だし、そういうものなのです。

自分が今釣ってる場所はどのぐらいの深さなのか、底の地質はどんな感じなのか、ブレイクラインはどこかとか、バスは何mくらいの層を泳いでいるのかとか、餌となる小魚はいるのかとか。そういうのをわかってて釣るのと適当に勘で釣るのとでは今後の上達具合にも差が出るんではないかと思って購入しました。

まぁ魚探とにらめっこをしてて結局釣れずに終わった・・・なんてのは使いこなせないうちは結構あることらしいです。
魚探だけに頼るんじゃなくて、周囲の地形からもおおよその見当が立てられないといけないんだとか。


この魚探の専用の取り付けベルトとかもあったりするけども、それもやっぱり\2500くらいする。さっきも言いましたが、専用なのを理由にやたら値段が高いってのは釣り具の世界ではよくあることなのです。

なので、自分なりに取り付け方を工夫してみました。
ロッドホルダーを自作のものに切り替えた今、リバレイのロッドホルダーは使わなくなったので、それのベルトだけ外してこっちに使った。

結束

本体の土台部分。
本当なら取り付け金具を取り付けるネジ穴部分なんだろうけど、そこに結束バンドを通すといい具合にベルトが通る。これで本体は取り付け可。

ここで振動子部分を一工夫。そのまんまぶらぶらさせとくのはちょっと不安定すぎる。
ちゃんと正確な測定をしてもらうために、ペットボトルに固定し、さらにそのペットボトルをベルトに固定してみた。

ぎょたん

ここでもまた結束バンドが大活躍。うっとうしいので余分な部分は後でニッパーで切り落としました。
コカコーラのペットボトルを選んだのは、クビレがあるのでズレにくいからです。

ぎょたn

セット完了。これでフローターが激しく動いても振動子は常にガッチリ垂直姿勢をキープ。魚群、ボトムを正確に探知してくれます。
ただ、陸上でフローターをやむをえずひきずるようなときは、振動子部分を地面にこすりつけないよう注意が必要です。


得意げにここまで書きましたが、これらはほとんどいろんな方々のパクリです。
私のズボラな性格故、本家よりも若干手抜き気味なところもあるんですがね。
この場をお借りしてパクッた参考にさせていただいたことをお礼&お詫び申し上げます。


さてと、日曜は大会です。3月は東京に行ってて欠場だったので今季初参戦です。
俺だけボウズとかじゃなければいいんですが、はたしてどうなることか・・・。
俺は結局今までの実績からスピナベばっかり投げてるんだろうけども。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
変態の先輩としてアドバイスを少し。
魚探はあくまでも「目安」として使うのがベストですよ。
特にこのモデルは水深・ストラクチャー・ウィード・地質が分かる程度であります。
それにフロで使用すると、どうしても小回りが多くなるのでエラー・誤探知が多くなります。
そんな時は一度OFFって下さい。
最近の高級モデルは探知したデータを3D化し画面に表示してくれますが、コイツは自分の頭の中で3D化しなければなりません。
シャローや見えバスを狙う際は魚探をOFFで。
バスが振動子の「カチッカチッ」という音(音波)を嫌いますから。
2009/04/17(金) 23:20 | URL | 道楽者 #-[ 編集]
それで、かまへん!

絶対釣れる!
2009/04/18(土) 00:10 | URL | フローター #-[ 編集]
ハマってるなぁ。
あの頃の釣り封印はやっぱ正解だったのだろうな
大会頑張れよ☆
2009/04/18(土) 00:50 | URL | ほそまつ #-[ 編集]
>変態の先輩 道楽者さん

魚探の性能は値段に比例すると今江プロも言ってました。
まぁフローター用にはちょうどいいサイズと値段ですもんね。
使いこなすにはまだ時間がかかりそうですが、水深とハードボトムかそうでないかくらいはわかりますから、攻め方のヒント程度に使っていきます。

>真の変態 フローターさん
フローターさんがそう言うんだったら間違いないでしょう。
釣れると信じてやってみます。

>MJ
よぅ、久しぶり。
俺のこのハマりぶりを君にも見てもらいたかったんよ。
なにげにこのGWの帰省で大池か曽江谷川にフローター浮かべたろうかなとか思ってたりするんよ。
オカッパリでは攻められなかったとこを攻めてみるのとか楽しそうやと思わへん?
まぁどっちも狭いからそんなとこにフローター出すのはかなりアホなんやけどな。
曽江谷なんかに浮かべようもんなら上に橋かかってるからいろんな人にじろじろ見られて嫌やろうなぁ・・・。
完全に痛い奴やで。
2009/04/20(月) 23:23 | URL | fds #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する