Lv.1
【中編のあらすじ】
消費者センターに電話→減額交渉をするように言われる→日本データ糞ノロジーに却下される
という流れを3回。今回はその3回目の電話から(振り込む直前の最後の電話)


振込み期限当日の18:30ごろ、ATMは20:00までしかやってないからさっさと電話。
どうせ減額交渉しても却下されるんだろうし、消費者センターへの報告用に用意した質問をしてさっさと答えてもらったらさっさと振り込んでHDを返してもらおう・・・という感じだった。

減額交渉はあっさり却下だった後、15万という金額は大きい金額なので、振り込む前に納得するためにも、いろいろと質問させていただきたいことがあります という前置きの後、質問に入った。

~中略~

「HPの方に『他社の数分の一の価格で承ります』みたいに書いていますけど、確か最初に私に提示してきた修理代は30万円でしたよね?ていうことは他社の修理代を2倍、3倍、4倍と考えると60万90万120万ってことになりますけど他社に頼んだら本当にこんなに掛かるんですか?」
「えっとですね・・・えぇ~その件に関しましてはですね・・・・他社のことについては当社の方ではわかりかねます・・・。」

わかりかねるのなら何を持って「他社の数分の一」とか言ってたんだ?馬鹿か?
ついでにこのとき電話に出た人は終止こんな感じで、言い逃れをするのに必死だった。
というか、経験が浅いからなのか、その言い逃れもハキハキと返事が返ってこない。
一応ATMはあと1時間半しかあいてないんだから、さっさと一通りの質問に全部答えさせて振り込みたかった。
当然15万振り子みたいわけはないけど、振り込んでさっさとこの一連のゴタゴタから開放されたかった。
どうせ振り込まないと人質にとられているHDは帰ってこないんだし。
だからだんだんイライラしてきた。

「なんていうか・・・もう言っちゃいますけど、この会社ってぼったくりですよね。
「いや、えぇ~っとですね・・・こちらではそういう認識はしておりませんが・・・(苦笑」
「不慣れなところを見ると、あなた雇われの身なわけですよね?」
「えぇ・・・まぁ・・・はい・・・。」
「確かに今不景気で就職難ですけど、だからって人を騙す仕事することはないんじゃないですか?転職した方がいいと思いますよ。親とか友達に仕事聞かれて言えますか?『人の弱みに付け込んでぼったくりやってます』とか。良心が痛んだりすることはないですか?人を騙して稼いだ金で食う飯は美味いですか?」
「いやぁ~・・・そういわれましても・・・(苦笑」
「おっと、すいませんね。ちょっと感情的になってしまいました。でもね、私みたいなもんが例えば月に5万貯金するとしたら相当切り詰めないといけないんですよ。それで切り詰めに切り詰めた生活を3ヶ月続けてようやく15万溜まったとして、その15万をいいように騙されたら怒るなって言うほうが無理ですよね。まぁあなたは雇われの身だしあなた自身は悪くないんですよね。本当に悪いのはこの会社の首謀者ですよね。すいませんね。さてと、じゃぁ次の質問にいきますよ。今回の取り引きの流れで『今電源を切ったらデータが戻らない』とか『今この電話で修理するか諦めるか二つに一つ選んでください』みたいなことを言われましたが、ネット上でも同様の手口が多数報告されていますし、既に今回の件について消費者センターにも相談してますが、全国の消費者センターでも同様の手口がいくつか報告されているようです。で、なぜわざわざデータが修復不可能になってしまうようなリスクの高い作業工程を毎回毎回選んでいるんですか?」
「えっとそういった技術的なご質問に対しましてはこちらの方では・・・」
「この質問にはどう答えるとかいうマニュアルはないんですか?あぁ、マニュアルがないから困ってるんですね。」
「えぇ~・・・少々お待ちください・・・。」(ぴるりらぴるりら♪)

逃げた。長い保留音の後、ベテランらしき人に交代してきた。
さっきと違ってさすがにハキハキと答えてくれる。
ただ、俺は聞いてて、疑問にちゃんと答えてくれているはずなのに全く疑問が解消されないという不思議な感覚を味わった。
解答に見立てた言い逃れを延々と繰り返してただけだからだろうか。その一部はこんな感じ。
面倒くさければ読みとばして可。

Q.今回の症状をもう一度確認したい。
A.モーターの部分からオイルが漏れていたのでそのクリーニングをした。
 ヘッドが破損していたのでデータが読み取れなくなっていたのでその修理をした。


Q.この機種でその症状で、他社に依頼した場合本当に60万、90万、120万掛かるのか?
A.場合にもよってはそれくらいかかることも十分あります。
↑これも今書いてて気付いたが「場合によっては」も何も「この機種でこの症状」の場合だっつーの。
「『場合によっては』とか言い逃れせずはっきり言ってもらえませんか?この機種、この症状でそれくらいかかるんですね!!!?」
みたいにもっと強気で詰め寄ったらよかったな・・・。

Q.高度解析費4.5万、磁気情報修復作業費6.5万、安全復旧希望データ復旧成功費3万とのことだけども、それぞれどういう費用なのか?
A.高度解析費・・・故障したHD内のデータを吸い上げる作業に掛かる費用
 磁気情報修復作業費・・・吸い上げたデータを組みなおす作業に掛かる費用
 安全復旧希望データ復旧成功費・・・データの破損状況によって変わる成功報酬


Q.で、結局それらは簡単に言えば何のための費用なのか?人件費と技術費で合計15万になっているのか?
A.そういった質問に関しましては作業員に確認してみないとわからない点もありますので、HDを返送する際に作業内容報告書を添付いたします。

Q.(さっきも聞いたが)なぜわざわざデータが修復不可能になってしまうようなリスクの高い作業工程を毎回選んでいるのか?
A.簡単に言うと電気信号のようなものをHDに送って、その反応を見て診断する必要がある。そのために通電している。

Q.なら今回の症状はモーターのオイルが漏れているとかヘッドが破損しているとか、明らかに肉眼でわかるような症状なのに通電する必要はあったのか?
A.そういった質問に関しましては ~略~ ので、添付する作業内容報告書をご参照ください。

Q.30万のプランを断った後で15万のプランを提示してきたが、なぜ最初から15万のプランを提示してこなかったのか?
A.HDが故障した場合早急に修理しなければ復旧が困難になるので、通常早期復旧を前提に作業をする。
 今回の15万のプランはあくまで人員を削減し、期間も3週間に延ばしてというある程度のリスクを踏まえたプランであるので最初から提示するわけにはいかない。
 技術員との相談なしで勝手に提示できるものでもない。


Q.30万と15万では倍も差があるのだから依頼者に期間に余裕があるか聞いて、15万のプランも紹介するのが普通ではないのか?
A.我々はあくまでHDを復旧するという技術を仕事としているわけであって、お客様を一段上の立場としてサービスを提供するわけではありませんとかなんとか。

・・・etc
既に素人目に見てもおかしな点がいろいろありますが、同業者、他社に聞けば「そんなの嘘に決まってんじゃんwww」ってレベルの言い逃れも多々あることでしょう。

「はい、わかりました。私の質問は以上です。では、お金はちゃんと振込みますんで、HDの方は安心できる状態で確実に配送していただくようお願いいたします。嫌がらせのような質問ばかりですいませんね。」
(貴様の聞き苦しい言い逃れはちゃんと記録したから、お前らをぶっ潰すための材料として好きに使わせてもらうぞボケ。身代金払う以上はちゃんと人質のHDを返せよ!!返さんかったり状態に不備があったら今度は警察沙汰にするからな!!!)


「いえいえ、とんでもない。データが破損して不安になるのは当然かと思われますし、嫌がらせともなんとも思っておりませんので。また、疑問点や不安なところがありましたら今後もお電話くださいませ。」
(こちとら詐欺歴長い百選練磨だからその程度のクレームぐらい嫌がらせでもなんでもねぇんだよ!!何度でも掛かってきやがれ!!)

「はい。では失礼します。」
「失礼しまぁ~す。」

と、お互い仲睦まじく電話を切ったのであった。

HPでも電話でも言ってたけど「お客様のデータを最優先に考えて」とか本当によく言うわ。
どの口が言うんだか。死ねばいいのに。
「人の親切を疑ってはいけない」みたいに考えてたのが馬鹿馬鹿しく思えてくる。
ゴルゴ13と必殺仕掛人に同時に仕事を依頼したい気分だ。

とにかく今回の件で、検索で上位に来たから大手だとか安心できるとかいうわけではないっていうのと、詐欺師は身近に実在すること、そんで相手から金を取るためなら何の罪悪感もなく平気で嘘や奇麗事を言うことなどをよく学んだ。

というわけで私生活でも私と関わりのある皆様、今度会うとき私が以前にもまして疑り深くなったりしてたとしてもご理解をお願いします。

今回の件は他にもいろいろ書くことはあるけどキリがないのでこんなところで。
ただ一つ言い残しておくならば、電話で言ってた「作業内容報告書」は添付されていませんでした。
だからそれもまた電話して送るよう言いました。本当にちゃんと届くんだろうか。本当にこの会社どうなってんだか。
また時間があって気が向いたらこぼれ話を書いたり話したりすることもあるかもしれませんが、消費者センターへのFAXがまだ書けてないのでそれを書き上げるまでは更新を停止します。
それまで仮面ライダークウガでも見ててください。
ではでは。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様・・・・・でした。
2009/02/08(日) 11:29 | URL | フローター #-[ 編集]
この物語はノンフィクションです。
登場する団体名、会社名は全て実在します。
2009/02/10(火) 20:29 | URL | fds #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する