Lv.1
最近休日の朝に放送されてる「遠くへいきたい」という番組をよく見ています。
「知ぃ~らなぁ~いぃ~まぁ~あ~ちぃ~を~
 歩いぃ~てぇ~みぃ~たぁ~いぃ~♪ 」
のやつです。

それに影響されて、この年末、せっかくの休暇なのでちょっと遠くへ行ってきました。
行き先は室戸岬。旅する人 俺。
四国

日帰りで青い矢印のルートを旅してきました。本当は赤い矢印のルートで山を越えてまっすぐ行ってやろうと思ってたけど、途中で土砂崩れか何かで通行止めのために引き返すことになり、結局市内経由で海沿いに阿南、日和佐を通って行きました。

以下写真とともに順番にこの旅の道中を振り返ってみます・・・。

出発は朝の5時でした。
一時間ほど車を走らせてどんどん山の中へ。
道はどんどん狭く険しくなるが、早朝なので対向車がないのがありがたい。
しかし全く人気がない暗い山の中はさすがにちょっと不気味。
そんな中でおかしなものを発見した。

PC300053.jpg

中央の石碑のようなものは胸像の台座。暗すぎて全く見えないけど、上に人の胸像がある。
誰かを讃えて作るはずの胸像が、なぜこんな人通りの少ないところにあるのか。

PC300054.jpg

胸像の脇の道。
周りはこれくらい暗い。
写真を撮ると心霊写真になりそうであんまり撮りたくなかったけどせっかくなんで道中の写真を撮っておきたかったので急いでささっと撮った。
何も移ってなくてよかった。

この道をずんずん進んでいって、結構行ったら急にナビが「周囲の交通状況が変わりました。Uターンしてください。」みたいなことを言い出す。
なんでやねんと思ってナビの先の道を見てみるとなにやら通行止めになっている。
なんでもっと先に言うてくれんのなだ。結構登ってたのに・・・。
渋々来た道を引き返す。

大幅にルートを変更し、海部郡を通ったときに派手な建物を発見。

PC300055.jpg

うーん・・・。怪しい・・・。ドラクエで新しい街にこんなのがあったら間違いなくイベント発生の匂い。

PC300057.jpg

近づいてみると二十三番霊場の薬王寺であることがわかった。
せっかくなので登ってみる。

PC300056.jpg

建物の中からの眺め。
おみくじを引いたら大吉でした。
ここ何年かで初めて。もしかしたら人生初?

腹が減ってきたのですぐそばの喫茶店に入る。
ちょうどモーニングの時間だ。
「すいません、モーニングはやってないですか?」
「はい、やってないです!」
P1070097.jpg
・・・。いかんな、タイミングがズレている。
タイミング
いや、タイミング云々の問題じゃない。ここまで超キッパリと断られるとは予想だにしなかった。
喫茶店といったらモーニングだろうが。
だろうが

結局ミックスサンドとブレンドコーヒーを注文し、この二つで800円とかいうボッタクリ感が喫茶店なんだよなぁとか思いながらしばしのブレイク。
さらに南へ。

PC300058.jpg

海岸沿いに出てきました。徳島にもこんな景色あったんですねぇ~。
同じ徳島でも自分は山と川に囲まれて育ったからこういうの新鮮です。

PC300059.jpg

しばらくいくとおかしな形の岩が立ち並んでいた。

PC300060.jpg

こんなふうに寄り添うように立ち並んでいる岩を夫婦岩といい、日本各地にあるらしいです。
徳島にもあったんですねぇ~。
Wikipedia夫婦岩

PC300062.jpg

弘法大師像です。この道がお遍路さんの順回路らしく、何人ものお遍路さんを追い越しました。
一生のうち一回くらいは挑戦してみたいもんです。いや、しんどいかな。

PC300063.jpg

ゴールの室戸岬はもうすぐというところにあった洞窟。
中には宝箱が2つくらいあって、一つにはちいさなメダル、もう一つにはどうでもいい微妙なアイテムが入っていることでしょう。
この洞窟は弘法大師が修行に励んだ場所だそうです。

【後編】へ続く (キートン山田)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
足摺岬まで足を伸ばしたらよかってん!
2009/01/07(水) 23:16 | URL | フローター #-[ 編集]
日帰りだったんで・・・
またこんど計画的に宿をとってでも。
2009/01/08(木) 21:01 | URL | fds #-[ 編集]
一度目はバイク
二度目は車
二度、四国一周したけど
55号線の旅は大好き。
特に初夏の頃
も~お~海風が最高!
2009/01/10(土) 21:29 | URL | 道楽者 #-[ 編集]
おぉ、経験者でしたか。
いいですよね55号線。
お遍路さん向けに宿もありますから、今度は日帰りではなく計画立てて足摺岬や愛媛方面も回ってみます。

2009/01/11(日) 18:01 | URL | fds #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する