Lv.1
【あらすじ】
言わずと知れたジョージ・A・ロメロ監督の名作をリメイク。「ゆっくりじわじわ押し寄せてくる」という従来のゾンビの概念を払拭し、ひたすら疾走するゾンビたち。ゾンビの新しい恐怖を描いた、手に汗握るアクション・ホラー。残業明けの看護師アナは、最愛の夫と束の間の愛を確かめ合う。しかし、安らかな眠りは血まみれの少女の襲撃によって吹き飛ばされた。それどころか愛する夫までもが豹変。家を飛び出した彼女の前には、荒廃と阿鼻叫喚の世界が広がっていた… 一体誰が生き残れるのか?!


バイオハザードなどでもおなじみなようにゾンビといえば動きがスローなんですが、この映画ではゾンビたちは全力疾走しています。まるでコンマ1秒を競うアスリートのように美しいフォームで無数のゾンビが走る様は新年の福男レースを彷彿とさせます。死んでるのに生きてたときより生き生きしてるってのがまた面白いですね。

ルール(?)は、ゾンビに噛まれた人はまたゾンビになってしまい、あっと言う間に人類の大半がゾンビになってしまう。その中、わずかに残った人間たちが、とあるデパートに立てこもり、外で無限に増殖していくゾンビたちを尻目に安息の地を求めて逃げる計画を立てる・・・。という、走るゾンビに加えてなんとも絶望的な設定です。

設定の細かいところは結構あやふやにされてるので「なぜそうなるのか?」「誰の仕業なのか?」みたいなツッコミは無用です。

一応ゾンビが走るから「アクション・ホラー」といわれておりますが、途中デパートの中で暮らす人々の、死と隣り合わせながらもこざっぱりとした生活が描かれていたり、緩急があるので最後まで飽きることなく見られると思います。
でも最初の10分が一番おもしろいと思いました。
★★★★

ドーン・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット プレミアム・エディション ドーン・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット プレミアム・エディション
サラ・ポーリー (2004/11/05)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
打ち砕いた作品ですよね。
3部作になってるんだっけ?
…と、うろ覚えの記憶をたどりつつ…。
あの早さは反則だと思います。
でも、生きたままゾンビになったらあの早さはありなのかなぁ?…と。
動きが遅いのは死後硬直した死体が動き出すから遅いのか?…と新たなゾンビ設定が…。
だからバイオ4以降のゾンビは動きが早いのか?


ホラー関連は自分から進んでレンタルしよういう気持ちになれない。
なんせハトの心臓やから…。
バイオハザードも未だに一人でできません。
2006/08/10(木) 22:59 | URL | dodon #-[ 編集]
今年の誕生日はこれを見ながら迎えましたe-224
2006/08/12(土) 22:09 | URL | fds #-[ 編集]
兄者強者?v-404
あがあがが…ボクにはムリとですi-229
2006/08/12(土) 23:19 | URL | dodon #-[ 編集]
怖くはないと思うよ。
2006/08/13(日) 20:30 | URL | fds #-[ 編集]
怖い怖くないの問題じゃなかと…v-356
もう体が…体がv-406
勝手に反応してしまうパブロフの犬v-528
2006/08/13(日) 22:51 | URL | dodon #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する