Lv.1
前日のエギングは片道3時間の場所だったので、運転を高田さんに交代してもらったとは言えさすがにちょっと疲れた。
というか、人の運転する車に乗ったのも久しぶりだったし、自分の車の後部座席に始めて座ったんだけども、あまりの乗り心地の悪さに吐きそうなくらい酔っていた。
うどんめぐりで後ろに乗ってた人らもほんまは酔ってたんかなぁ・・・。

さすがに明日は朝早くに起きてフローターってのは無理かな・・・。
エギング用のPEラインをバス用のナイロンラインに巻きなおしたり、タックルも微妙にエギング用に入れ替えたりしてるものもあるし・・・。
みたいに思っていたが、かえってすぐ8時くらいに寝て、1時に起きたら体調は元通りで、充分時間もあったので結局行った。

つまりイカを捌いたのは夜中の1時。
それからタックルをバス用に直して、フローターの準備をしていつものダムへ。

自分なりに決めたこの日のテーマは「深層の探り方を学ぶ」ということ。
普段探ってるのはせいぜいシャローエリアから4,5m程度まで。
もっと10mくらい深くまで探れるようになりたい。
なんとなく大物は深いところにいるはずと思ってたけど、いるかどうか、釣れるかどうかは実際に探ってみればいいだけの話。

そしたら案の定釣れてくれました。

P1010292.jpg

45cm。自己記録タイ。いいガタイしてますよね。

これを釣る前に、またラインブレイクが1回あった。でかかったのかなぁ・・・。
そのラインブレイクのとき、バスにグイグイ引っ張られても負けじとこっちもグイグイと引っ張り返してた。
考えてみたらそんなことをすればラインが切れるのも当たり前で、リールにせっかくドラグという機能がついてるんだから、それを活用することにした。
今までは力任せに引っ張ったりリールを巻いてりゃ勝手に釣れてくれるようなバスばっかりだったけど、そこそこ大物がいるフィールドにいるんだから、大物とのファイトの仕方も学ぶ必要があるなとようやくわかった俺。

とりあえずドラグを緩めにした。今までかなりドラグをキツめでやっていたことが発覚。
発覚と言っても本当は知ってたけど。ドラグなんて必要ないと思ってたからそうしてた。

で、この45cmがかかったときはかなりギュルギュルとラインが出ていきました。
でも焦らない焦らない。フッキングさえしっかりしてたら外されることはまずないはず。
いつも釣った後でなかなか外せずに困っているくらいじゃないか。
で、スキを見てポンピングで巻き取ったり、あるいはまだ引っ張られるなら好きに引っ張らせる。
そうこうしているうちに向こうがバテてきて、最後は簡単にキャッチできた。
所詮は白身魚。瞬発力はあるが持久力はないようだ。釣った後はあんまり暴れず、かなりおとなしかった。

P1010293.jpg

ちなみに初公開となるフローターやってるときの俺。
ランカーには手が届かなかったものの、自分のなかでは稀に見る大物だったこともあってか物凄いどや顔になってますねぇ。
前日のイカ釣ってる写真と全く同じ顔をしております。

ダムなのでどこも切り立ってるんだけども、いい感じに水平になってる岩があったので、そこにデジカメを乗せてセルフタイマーで撮った。
なので微妙に右に寄ってて、ピントも合ってない。
「フローターってどんなん?写真見して」とTさんにしつこく言われていたから送別会で見せるために撮った写真。
なにげに撮影大変だったんですよ。
タイマーセットして、岩の上のカメラが水にぽちゃんと落ちないように、急ぎながらもそ~っと下がったりとか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おーイイサイズやね

ドラグは有効活用してね~
2008/10/09(木) 17:04 | URL | せきゆ #-[ 編集]
今までは30以下ばっかでドラグが役立つ場面なんて全然なかったからなぁ。

関係ないけど最近ブログで写真見てたらこんな気持ち悪い魚よく平気で触るなぁ~とか自分で思うわ。
やってる最中はなんとも思わないけど写真でみたら結構気持ち悪いな。
実際触ってみてもちょっとだけヌルッとしてるし。
2008/10/09(木) 21:48 | URL | fds #-[ 編集]
ニゴイよりはかっこええやんw

3連休の中の一日休み取って出撃してくるわー
2008/10/10(金) 17:13 | URL | せきゆ #-[ 編集]
予定が合ったら夏子ダムとかいかへん?
2008/10/10(金) 19:11 | URL | fds #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する