Lv.1
おはようございます。とホテルで朝食をとる。
バイキングでもあいかわらずパイナップルがおいしいので5切れほど食べた。

P1010236.jpg

P1010237.jpg
朝食を食べながらテラスから見える景色。いい天気。今日はイルカ日和ですね。
自由行動二日目はイルカを見に行くツアーに行きました。

しかし一日目のサーフィンで、腕や顔には日焼け止めを塗っていたけども脚に塗るのを忘れていたためふくらはぎのあたりが燃えるように赤くなっていた。
サーフボードの上でうつ伏せになっていたのでふくらはぎは赤いがすね側は全然焼けてない。
それがもう痛くて痛くてしょうがなかった。歩くだけでもジーパンがこすれて痛い。
ていうか、焼けた皮膚がパンパンに腫れていて、ジーパン関係なく歩くことで表面の皮膚が動くだけでも痛い。
終止ひょこひょこと変な歩き方になっていました。
先日ようやく皮がむけたりしたんですが、そのむけた皮が分厚くて、ちょっと引っ張ったくらいでは敗れないくらいしっかりしていました。
ティッシュペーパーよりかは丈夫だったかも。
きれいにむけるから手のひらくらいの大きさなら余裕でむけるし、本気出せばふくらはぎまるごと1枚にしてむけてたのではないか。
それくらいのすさまじい日焼けでした。

まぁそんなのはおいといて、
P1010225.jpg
この島の山はどれも日本の山とは違い、岩で表面がごつごつしておりました。
このすり鉢状の谷は、昔は王族しか入れない聖地だったそうです。

P1010227.jpg
ツアーの船の上で。
この手前のいかついおっさんは元消防士さんだそうです。
消防士さんはこの国では英雄としてみんなから尊敬されます。
引退後はこうして地元の観光客たちをもてなしておられます。
絵に描いたようなマッスルじじぃですね。

イルカを見るっていうんで舟の上から見るだけかと思いきや(グアムのはそうだった)、シュノーケリングで泳ぎながら見させてくれました。
予想以上に近い。5mくらい。
7,8頭くらいの群れで、中には赤ちゃんイルカもいました。
そんな群れをひたすら追いかけるように泳ぎ続け、船の上でタロイモを生地に練りこんだパンを使ったハンバーガーをいただく。

その後、また別の場所でシュノーケリング。こっちは海ガメの出没スポットでした。
海ガメは天敵がいないからかあまり警戒心がなく、息継ぎのため水面に浮上してくるときなんかは抱きつけるほどに超接近できるんですが、海ガメに触ったらだいたい500万円くらいの罰金を払わされるらしいので、触りませんでした。

現地のガイドの人らは7,8メートルを余裕で素潜りするけど、普通の人は2メートルも潜ろうとしたら耳がキーンとなります。
よくあんなに潜れるなぁ。耳抜きもせずに潜ってたけど鼓膜大丈夫なんだろうか。


夜は田中オブ東京という有名な鉄板焼きの店に行きました。
あのコショウをジャグリングみたいに空中に投げたり、鉄板の上で焼いてたのを皿の上にヒュッと飛ばしてきたりするあれね。
P1010230.jpg
メイン。伊勢海老だかロブスターだかわからないものと、ヒレ肉。

P1010234.jpg
鉄板職人の恐るべき早業に残像ができている。シュババッ!!!
ヒレ肉もこの暑さ。和牛みたいな霜降りではなく赤身でした。レアでいただきました。
やわらかくておいしかったけど俺は海老の方が美味しかったかな。

P1010232.jpg
当然これもあります。ファイヤー!!!
このメラゾーマは二回ほどありました。

デザートやアルコールも付けて85ドル。さすがに高い・・・・。
でも美味しかったしいいもん見させてもらった。
いつかこういう鉄板焼きには行きたいとは思ってたけどこんな贅沢は30過ぎてからにしようと思ってた。
ちょっとフライングしてしまったけどまぁいいかな。

さらに翌日はアラモアナセンターで買い物をしました。
ホリスターやアバクロなど日本未上陸のアメカジブランドをここぞとばかりに買いだめしておきました。
別に普段アメカジ中心ていうわけではないけどデニム中心だから無難で使い勝手がいい。

それにしてもハワイはブランド店が多かった。
グッチ、プラダ、コーチ、シャネル、ルイヴィトンみたいな超有名ブランドが行く先々に何店舗もある。
芸能人や金持ちがハワイに来るのがなんとなく理解できた気がした。
日本でこういう店に行くとしたら店に入る段階でかなり気合入れていかんといかんですが、街全体が観光地という立地上、意外とそういうのを気にせず、冷やかしでフラっと入ったりできます。

帰りの飛行機はエンジントラブルで1時間出発が遅れましたが、機内でカンフーパンダとアイアンマンを見せてくれました。
アイアンマンは日本でもまだ公開していないのになぜか見れました。

お土産は職場の人(自分が抜けてお手数おかけした方々&諸事情によりハワイ旅行に不参加の方)意外にはほぼ買っていません。
だってねぇ、どうせマカダミアンナッツとかアロハシャツとかそんなのばっかで別にもらっても嬉しくないだろうし。


以上、楽しいハワイ旅行でした。

海外旅行なんて、自分で行こうとは絶対に思わなかっただろうなぁ。
社員旅行でこういう機会があったのはラッキーでした。
重い腰を上げるだけの価値は充分にあると思うので、みなさんもお金と時間があれば是非。
日本人向けのツアーが充実してたり、結構日本語が通じたり、そんなに敷居は高くないはずなので。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する