Lv.1
13日の金曜日、印藤君に第一子が誕生しました。
奇遇にも俺の姉と同じ誕生日なんで忘れることはないだろう。

保育所に入って初めてできた友達の印藤。
ちょうど1年前くらいに結婚式に招待してくれた印藤。
信長の野望をやってるときに英一っつぁんにちょっかいを出されたとき、目にも止まらぬ速さで英一っつぁんの股間に振り向き様の平手打ちを食らわせた印藤。
中学卒業してからはそこまで会うわけではないけども、いろんな思い出、思い入れがある友達な印藤。


彼のエピソードを今までにいくつか書いたけど、バックナンバーから一部引用。

――――――――――――――――――――――――――――

あれは中学2年のときの話。俺たちは駅伝部だった。
駅伝部といっても正式な部というわけではなく、全員がバレーや野球と掛け持ちしながら朝夕合わせて10kmほど走るという過酷な練習の日々が続いていた。

普段の練習もさることながら、秋と冬に駅伝大会があり、それぞれに群大会と県大会があったり、オフシーズンでも月に一度、記録会なるものがあって鳴門の競技場まで行って、県内の猛者どもと走らされていた。

それは、そんな記録会の帰りのF田先生の車の中での会話。

暇さえあれば下ネタに花を咲かせる思春期の少年達は記録会の緊張から開放されていつもよりテンションが高かったが、ときおり印藤がドギツい下ネタでみんなを引かせていた。

「・・・そんで俺、自分の精子を顕微鏡で見たことあるんやけどな~・・・(以下略)」
一同「えぇ―――――!!!!!」

と、終始こんな感じであった。今の俺でも引きますそれは。ドギツいのでそれ以外は割愛。

そしてその夜から数日後のこと、教室にて、俺とMJはベルマークを集めると交換してもらえる商品のカタログを見ていた。

俺「ふむふむ。一番高いのがピアノ、その他リコーダー、ピアニカ、タンバリン、本棚、机、イス、一輪車・・・
  う~ん、学校にあるやつばっかでいらんのばっかやな。」

MJ「確かに。」
「ん?顕微鏡とかまである。こんなんあっても使いこなせるのいんぴくらいやな。ハハハハ。」
「シシシシ。確かに。」

と、そこへ会話を聞いていたボスが登場。

ボス「なんでいんぴなん?」
「え・・・?いや・・・、そりゃぁ言えんよ・・・。」
「確かに・・・。」

「・・・・・。わかった!!!精子見るんじゃ!!!!」

俺&MJ「えぇ―――――!!!!!!!?」

「・・・・・・。なんでわかったん?」
ボス「フフ・・・女の勘かな。」

(・・・・・・。恐るべし女の勘!!)
(確かに・・・。)

なぜボスが印藤の中学生離れした異常な性癖と、アブノーマルな顕微鏡の使い方を一瞬にして見抜いたのか今でもわからない。
まさに恐るべし女の勘。

――――――――――――――――――――――――――――

今でもこの車の中での会話とか覚えてる。

「俺、自分の精子を顕微鏡で見たことあるんやぞ!!!」
みたいなオチではなくて、
「・・・そんで、俺自分の精子を顕微鏡で見たことあるんやけども~」
みたいに、印藤にとってはこの程度のことは単なる話の通過点でしかないというのがすごい。

結局印藤のアブノーマルさを見抜くボスの凄さに話が持っていかれましたが、今となっては思うのですよ。
印藤よ、君が顕微鏡で見ていたものは一つの生命となり、今君の腕の中にいるのだよ。
そしてその子がやがて保育所にいって君のように友達を作り、君のように信長の野望をして、君のように英一の股間に射抜くように平手打ちを食らわせるのだよ。

何にせよ彼は一人の親になった。
親にならない限り、その人はいつまでも子供だと誰かが言っていた。
ということは俺の尊敬する松ちゃんも未だに独身だから子供だということになるんだけども。
俺も本当に自分一人ではもうどうしようもないという窮地に追い込まれるまで親の偉大さを知らなかった。
・・・とか言って今は知ったつもりでいるけども、本当はまだ半分もわかってなくて、自分も親になるまで全てはわからないのかも知れない。

今の俺は相変わらず親になる勇気なんかないなぁ。
自分ひとりの人生でも精一杯なのに、他の誰か一人の人生を背負うなんて。
奥さんも合わせたら二人か。

まぁそれに悩むのは先の話だとして、そういや男の子なのか女の子なのか聞くの忘れたなぁ。
もし男の子だったらお土産におもちゃとか買ってあげたいなぁ。

「京都のおっちゃ~ん、DXエンジンオー買ってぇ~」
「あかんよぉ~。DXキバットベルトだったら買ってあげるけどなぁ~。」

みたいに。男の子はウルトラマン派、戦隊派、仮面ライダー派にわかれるけども俺はライダー派に調教したい。

って友達の子供相手に何を妄想しとるんだ俺は。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
僕と一緒の年齢なのに第一子誕生ですか、すごいですね、立派ですね。
精子って普通の顕微鏡で見れるんですね(きれいに見えるかわかりませんが)、ということはわが精子見るためにプレパラート使いーの、反射鏡で必死に光集めーのって、なんと低俗な…。
でも健全なる中学男子の模範生です。それにしても駅伝部ってすごいですね。部活以外で10km位走るなんてすごいです。
2008/06/17(火) 02:30 | URL | ひづ #-[ 編集]
具体的にそういわれるとさらにアホですね。
情熱があるということで許してあげてください。

駅伝部は今考えても過酷でしたよ。
駅伝してるから他の部には手を抜くわけではなく普通にやりながらも終わった後走ってましたから。
2008/06/17(火) 06:53 | URL | fds #-[ 編集]
いや~この話読むたびに、
ある意味ボスのすごさを再確認してしまう。。。
どっからその発想が。。。。。。。

ってか友達の子供に妄想してしまう気持ちめっちゃわかる!
おばちゃんって呼んでもいいけんなついてほしい *
2008/06/19(木) 10:51 | URL | りえこ #-[ 編集]
ボスは覚えてるかなぁこんなやりとりがあったこと。

俺は友達の子供ですら妄想してしまうから、もし自分に子供ができたらやらせたいこと、やってもらいたいことが山ほどあるなぁ。

ある程度は自由に育てながらも、なんかやっぱ自分ができなかったこと、叶えられなかった夢や憧れを自分に代わってリベンジしてもらいたい感じで。

まぁそういう目的の育て方をしたらいずれ反発されるだろうけども。
2008/06/21(土) 02:14 | URL | fds #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する