Lv.1
今日は大学のオープンキャンパス。なので実験はお休みにして病院に行ってきた。

実は咬まれた傷が回復してから腕に異変が。
咬まれた中で一番酷かった傷とは腕の反対側に妙なイボというか、できものみたいなものができた。
弾力があり、押すと風船のようにへっこんではまた戻る。

腫瘍


特に痛くも痒くもないのでほっといてたんだけども、病院行った方がいいよといろんな人に言われたので、久々に休みの取れた今日、病院に行ってきました。

友達は「ガングリオンだ」と言ってたけど、お医者さんは多分違うといってました。結局お医者さんにもよくわからないみたいです。水かゼリー状のものがたまってるなら抜いてみようといわれて注射を刺したけども吸い上げられず。多分脂肪かなにかだそうです。

一ヶ月経ったらまた来るように言われました。それまでに小さくなって、消えていけば問題ないし、大きくなった方が逆に取り出しやすい。まぁ少なくとも害はないもののようです。

時期的に咬まれた傷と関係あるかと思ってたけど、それとは全く関係ないんだそうな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
オレも腰のトコに小さいのが一個あるけど…大きいね(・・;)
2006/07/29(土) 15:35 | URL | dodon #-[ 編集]
まぁ生活に支障もないし悪いものでもないので取る必要もないっちゃないんだけどもなぁ・・・。少なくともでっかくなったら嫌やね。
2006/07/29(土) 15:55 | URL | FDS #-[ 編集]
ガングリゴンやないのかい?
とにかく早めに処置を・・・
2006/07/30(日) 22:07 | URL | sekiyu #-[ 編集]
あぁ、ガングリゴンね。
ガングリゴンって普通間接とかにできるらしく、こんな部分には滅多にできんらしいよ。
早めに処置したいがいかんせんお医者さんに1ヶ月の放置プレイを命ぜられたもんで・・・。
2006/07/30(日) 22:10 | URL | FDS #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する