Lv.1
さりげなくクローズ完全版(外伝2冊含む)とWORST合わせて40巻を買いました。

漫画は小説と違って嵩張るしちょっと高めなので買うかどうかは慎重にならんとあかんのですが、この買い物はいい買い物だったと思っております。

話と話の間の作者のコラムなどのおまけページが完全版にはないので、高橋ヒロシ先生のディープなファンには完全版ではない通常版の方がいいかも。コラムは主に「横道坊主」や「STREET BEATS」という作者の愛するバンドの曲やライブの感想などで、あんまり興味なかったので完全版にしました。



クローズ、WORSTは月刊チャンピオンの漫画です。
月刊でしかもチャンピオンというマイナーな雑誌で連載されながら、一部の漫画好きからここまで指示されていることには、実はダウンタウンと深い関わりがあります。

昔ガキの使いで松ちゃんが「クローズを全巻集めている」というトークをしたことがあるし、浜ちゃんは「浜ちゃんと!」で若槻千夏と中野ブロードウェイに行ったとき、限定100体8万4千円の花木九里虎フィギュアを、自腹で購入しておりました。
「こいつがまた強いねん」みたいにつぶやきながら九里虎のフィギュアを手に取る浜ちゃんに少年のような幼さが垣間見れてよかった。

お二人のクローズ好きはおそらく漫画好きの今ちゃんの影響かと思われます。
このトークを見たからなのか、背景の落書きに「天才松本人志」と書かれたシーンもありました。
そして品川も高橋ヒロシとメル友という仲で、著書「ドロップ」の表紙を書いてもらったりと、いろいろ芸人とつながりがあるようです。



で、漫画の内容についてですが、簡単にいえば不良の喧嘩漫画です。
そう言ったらその内容を想像して(もぉえぇって・・・)と拒否されそうですが、一言に喧嘩と言っても毎回それぞれの理由、目的、状況なんかが違ってて飽きることなく読めます。喧嘩を通して結ばれる友情や堅い絆があったり、例え敵対しててもお互い通さなければならない筋があったりと、不良の世界もなかなか深いんだなと関心させられます。
まぁ話がそういう設定にたどり着くまでに多少の準備が必要なので、最初の方は正直あんまおもんなかったりするんですが。

そして、もう一つの醍醐味が世代交代にあります。
この漫画ではサザエさんパラドックス(何年経っても登場人物が歳をとらない)がありません。
卒業があれば入学もある。激闘の歴史を残していった強者が去れば、野心を抱いた若い衆が入ってくる。
青二才だった新入りが修羅場を潜り抜けるたびに貫禄を増していき、やがて鈴蘭を仕切る存在へと成長する。
なので入学から卒業までが描かれているゼットンの世代には思いいれも一塩。

しかしなんだかんだ言っても、ふと我に返って見てみると、「結局こいつらは何がしたいのか?」と冷めた目で見てしまうのは俺だけだろうか。
学校の頭を獲るだとか、他の学校との縄張り争いだとか、派閥がどうだとか、その中で幹部がどうだとか言っても所詮は高校生。
そんなことをしても「・・・・それで?」って感じだし、ただのヤクザごっこにすぎない。
いずれは卒業して世間に出るという現実があるし、そこで「喧嘩が強い」なんてことは何の意味も持たず、生活を支えることなどできない。

本当に暴力の世界に人生を委ねてしまうとすれば、それは本物のヤクザの世界。
所々でその存在がチラつくこともあれば、鈴蘭を卒業した者の大半がお天道様に背を向ける道に進み、命を落としていく者もいるということにゼットンが憂いているシーンもある。
クローズとWORSTのつなぎ目であるゼットンが(WORSTはクローズから2年後の設定)、「そんな鈴蘭を変えられるのはこいつかもしれない」と見込んだのがWORSTの主人公である月島花。
今後もこの漫画がどう展開していくのか楽しみにしております。

クローズ 22 (22) (少年チャンピオン・コミックス)クローズ 22 (22) (少年チャンピオン・コミックス)
(1997/01)
高橋 ヒロシ

商品詳細を見る

松ちゃんが買えなかった22巻。


ドロップドロップ
(2006/08/04)
品川 ヒロシ

商品詳細を見る

ほぼフィクションです。」と書いてある。つまり実話をもとにしてるっぽい。
品川は相当なヤンキーだったらしい。作中に出てくる一日に2回警察に捕まった話はいつかテレビでもしてた。


[以下余談]



―余談(若干ネタバレ?)―

坂東秀人というキャラがいるのですが、やたら目立つくせに強さが中途半端なのでどちらかというと嫌いでした。
にも関わらず読んでいると明らかに作者の思い入れが強いのがよくわかるので、「なんでこんな奴をそこまで出すのか?」と疑問でした。
しかし「結局こいつらは何がしたいのか?」という俺の疑問に坂東は答えてくれていました。

オレらに何ができんだよ・・・
ヤクザにでもなるか?えー!
今はヤクザでも学歴っていう時代だぜ!
オレらのよーな奴らがいってもチンピラか鉄砲玉がいーとこだぜ!三人そろってヒットマンやるか!?
それともまじめに働くか!?
オレらがありつける仕事なんて どー考えたって 力仕事ぐれーのもんだぜ!!
毎日毎日 クソみそ働いて 10万ちょっとの金を手にして・・・
『オレももう落ち着いた』だの『昔はパワーがあった』だの・・・
そんなグチこぼして満員電車に揺られて老いぼれていこうとでもいうのか あー!!


それに対する元幹部千田の答え

そーなるかもしんねーけどよ・・・
でもよ それはオレらだけじゃねーぜ
鈴蘭の他の奴らも武装の奴らも・・・
口には出さねーがみんなそう思ってんじゃねーか・・・
もういーじゃねーか 坂東・・・
一足先に卒業しよーぜ・・・


そう答えた千田が物語終盤に変わり果てた姿でひょっこり登場するシーンは胸が痛かった。
俺も本城に近い気持ちだった。彼らは彼らなりに現実を意識しているのだろう。



「卒業後の不良の人生」についてはQPの方がさらに深く掘り下げられているのでそれについても書きたいけど割愛。
QP 8 (8) (ヤングキングコミックス)QP 8 (8) (ヤングキングコミックス)
(2001/10)
高橋 ヒロシ

商品詳細を見る

暴力に人生を委ねる道を選んでしまった人間と、更正して真っ当な道を進もうとするかつての相棒。
二人の対比、対立、そして交錯。
なんだかんだ言っても高橋ヒロシ漫画の行き着く先はQPにあるのではないかと思っております。


さらに余談。これは高校ではなく中学だけども「鈴蘭って実在したのか?」と思うようなニュースが少し前にありました。画像もあるがこれは酷い。
彼らもクローズをバイブルとして読んでそうだし、坂東の叫びを聞いてあげて欲しいなぁ・・・。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1104240.html
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
字数を見る限りではかなりハマってますね?クローズ、興味ないことないですがまだ未読ですv-356
不良漫画ではろくでなしBLUESは大好きですが、たしかクローズって女の子がほぼ出てこないんですよね。純粋にただ不良漫画なんでしょうね。週刊でさえ少しマイナーなのに、月刊のほうのチャンピオン、そしてヤングキングで連載の割にはかなり人気ありますよね。
2008/04/04(金) 00:07 | URL | ひづ #-[ 編集]
何回かに分けて書くよりも一度にまとめて書こうと思ったら長くなってしまいました。
書いた本人も読んでる途中でうんざりしてきます。

ろくでなしBLUESも読んだことあります。あの舞台になってる吉祥寺は大学の2つ隣の駅で、井の頭公園にはよく犬を連れていったんですよ。

クローズはおっしゃる通り、女の子が全く出てきません。
ヒロインがいない漫画というのはなかなかレアですね。

最初の方は絵もちょっと汚いしグダグダっとしてるとこがあるんですが、読んでいくうちにハマると思いますんで、挫折せずに呼んでみてください。

余談ですが、同じ不良漫画でも「湘南純愛組」、「GTO」は嫌いです。
「今日から俺は」も5巻くらいで挫折しました。
2008/04/05(土) 06:54 | URL | fds #-[ 編集]
ろくでなしの舞台に近いところに住んでたんですね。クローズちょっと今度トライしてみます!
藤沢とおるの漫画は嫌いなんですね?僕は「今日から俺は」は読みました。読みやすくはあるけど画力が少し足りないというか、なんとなく変わり映えしないんですよね。挫折されたの、わかりますよ。
2008/04/09(水) 00:15 | URL | ひづ #-[ 編集]
「今日から俺は」はほとんど読んでないのでなんともいえませんが、藤沢とおるの漫画の嫌いなところは、やたら色恋沙汰を絡めてきたり、悪役だった人間がやたら過去のトラウマだの心の傷だのを持ち出して被害者面したり、やたらレイプが多かったり、不良の喧嘩漫画なのにやたら勧善懲悪っぽい作りになってるところとか、押し付けがましい自己中心的な正義感とご都合主義な展開にあふれているところが幼稚だったりするところなどです。

まぁ好みの問題かもしれませんが。
2008/04/10(木) 21:25 | URL | fds #-[ 編集]
GTOはドラマで見ましたけど漫画のほうはちょっとでしたね僕は…。反町の印象が強かったので。絵は下手じゃないほうかと思うんですけどね~。話は変わりますが、他の不良漫画でカメレオンとか特攻の拓とかありますけど、それはどうなんでしょうかね?というかマガジンは不良漫画が多いですね。
2008/04/10(木) 22:37 | URL | ひづ #-[ 編集]
残念ながら名前は聞いたことあるんですがどっちも読んだことないです。
昔っからジャンプっ子だったもんでマガジンはあんまり読んでませんでした。
はじめの一歩は1巻から読んで今でも立ち読みしてますが、昔のマガジンといえば堂本剛が土曜の夜にやってた金田一と、Boys Be・・・くらいしか思い浮かびません。
クラスの女子がやたらエロいエロいと騒いでた漫画です。
2008/04/12(土) 10:26 | URL | fds #-[ 編集]
昔今田東野のカモンファンキーリップスで松本さんにクローズとスラムダンク貸した話ししてましたねえ
2011/01/07(金) 00:18 | URL | #-[ 編集]
それは聞いたことなかったです。
というかその番組自体知りません。すいません。

2年近く前にこの日記を書いていたころはクローズとWORSTにはまり、全巻そろえていましたが、結局2,3回読むと飽きて知人に売ってしまいました。

やっぱり「結局こいつらは何がしたいの?高校生が喧嘩で天下とって、そんでどうなんの?」という根本的な疑問が読み返す度に大きくなってしまい、冷めた目で見るというか、どんどん魅力を感じなくなってしまったんですよね。

でもその辺を掘り下げているQPは売らずに持ってますし、今でもたまに読み返します。
2011/01/09(日) 00:46 | URL | fds #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する