Lv.1
実はB級グルメが好き。
「孤独のグルメ」みたいに、たまたま立ち寄った場所でふらっと適当に飯屋に入ってみるちょっとした冒険がいい。

店の内装や料理がその人の人生の縮図にもなっていて、他人の人生を覗き見した気持ちになり、いろんなことを妄想させられる。

京都から大阪へ向かう途中、9号線から173号線へ入った直後に「あぜ道」という定食屋がある。
ここを逃すとしばらく飯屋はなく、ドライバーたちにとって憩いの場となっているであろうこのお店はちょっとだけ変わっている。

P1000021.jpg


小さくてみえないけども「どなた様に関わらず現金にてお支払いください」とかいう注意書きもあり。
一見堅苦しくて気難しそうな雰囲気だけども入ってみるとオアシズの大久保(光浦の相方)に激似なおかみさんが笑顔で迎えてくれる。生き写しのように似ているのだ。

席の配置とかもなんとなく独特。
メニューは短冊に書いて壁に貼ってある。
カレー、カツ丼、親子丼、焼肉定食、うどんなどベタなものが多いなか、サマリンダカレーというよくわからない名前のカレーがあったので頼んでみた。
サマリンダというのは地名のことで、普通のカレーとの違いは酸味やスパイシーなところらしいけどもあまり違いが分からず。


ちなみに駐車場にはこんな看板がありました。

P1000020.jpg


こんなふうに、爆笑できるほどではないけどもちょっと変わったところがなんともたまらない。
だから結構わざと変な店、クセのありそうな店、マズそうな店に優先的に入ったりとかします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する