Lv.1
小学校の頃、ジャンプで「元気やでっ」というイジメを題材にした漫画がありましたよねぇ。懐かしい。

ちょっと愚痴ってしまった上更新が止まってたのでちょっと心配をかけてしまったかもしれませんが、まぁ、大したことはないんです。
俺のミスを荒探しし、一つでも見つけようもんならそれを皮切りに俺の人間性、可能性、人生単位での将来までも否定してくるような説教を毎日のように聞かされてたから、こんなのがこれからも続くのかと憂鬱になっていたんです。

当時日記には書かなかったものの、学生時代にも学校に行くのが憂鬱で仕方なかったり、ストレスでめっちゃ腹が減ってるのに吐き気がして何も食べる気がしなかったり、メールを読み終わると同時に尋常じゃないくらい胃が痛くてその場にうずくまったりしたこともあったけど、そういうのが逆に今では一番自信に繋がっています。
「そんな苦労をなんとか乗り越えたんだぞ、自分は。」みたいなね。

苦労の最中にいるのは本当に本当に苦痛でしょうがない。
でも、それが「過去」になってしまえば、それは自分の自信や努力の裏付けという財産になるというのを経験から知っている。

今「いじめ」としか思えないようなことも、もしかしたら「愛の鞭だった」みたいに振り返れることもあるかもしれない。・・・いや、ないかなw

こんな日が永遠に続くならさすがに本当に辞めることを考えてしまうけども、他の職場に就いたとき、「前の(今の)職場の方がまだマシだった」とか「もっと頑張れたかもしれない」みたいに後悔するのが一番嫌やし、やるだけやったんだと胸をはれるくらいの努力はしてみせる。

それでもどうしようもなかったら自分には向いてなかったと割り切る。
それでえぇじゃないか。

そういうことで今日も明日に備えて早めに寝る。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うぉい、あんまり無理すんなよ~

そんな上司は頭が腐ってるんや。
愛の鞭にしては度がすぎてるで・・・
2007/11/20(火) 00:31 | URL | sekiyu #-[ 編集]

ほぅ。優しいこと言うてくれるのぅ。

まぁ俺は退職後の余生はほぼニート的な生活をする予定なんで、若いうちに苦労してたら「あんだけ苦労したんだから・・・」と、後ろめたい気持ちにならなくてすむしね。
若いうちの苦労は買ってでもしろというだろう?

さすがに心身が不健康になるほどの無理はしないようにするし大丈夫さ。
2007/11/21(水) 09:16 | URL | fds #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する