Lv.1
実は留年しかけました。
2月の中旬、朝起きると(っていっても11時ごろ)携帯に6件の着信と1通のメールが入っていた。
着信は担任の先生からと、同じ研究室の友達から。そしてメールはその友達からのもので「大至急担任のもとへいってください」との一言。実は2年のときにも危うく留年しかけたことがあり(これは結局先生の勘違いだったのでその日のうちに解決した)、時期的にも状況的にもこれはもしや・・・と思って学生便覧と自分の取得単位の一覧表を見比べてみたら・・・・あぁ~ぁ。1科目分足りてない。
とりあえず担任のもとへ行ったらめっちゃ怒らえた後、とりあえず2万字のレポートを書いて単位をもらうことになった。

なぜ単位が足りなかったのかというとこれはもう自分の不注意としか言いようがない。
もう卒業までは卒論だけだと安心しきっていた自分のこの間抜けっぷり。
言い訳の余地など皆無。自業自得の極み。

最初担任に「どうするよ?もう一年残るか?」といわれたときは頭の中が真っ白になるとともに目の前が真っ暗になった。
もしそうなったら内定も取り消し、就活もやり直しってことになるだろうし。
そうなるくらいならもういっそ練炭を買いに行くか、スピリチュアルカウンセラーを名乗り「あなたの前世は中世の貴族です」とかおばはんの機嫌を取って金を稼ぐしか道はない。どちらも人間として選んではならない選択肢。

このときの一連の出来事が恐すぎて、「単位もらえたよ!!卒業おめでとう!!」と担任から連絡が入った後もかなりビクビクしていた俺。
昨日の卒業式も「俺の席がなかったらどうしよう・・・」とか「俺の名前呼ばれんかったらどうしよう・・・」と終止ヒヤヒヤしていた俺。
無事に卒業証書をもらった今だからようやく安心して今こうして書いている。

こういうことって安心して報告した後に限って思いがけない展開になりかねないからねぇ・・・。
実は今も「実はあの単位、やっぱり認められないことになったんだ。もう一年ファイト!!」なんて電話が入ってこないか2%ほどヒヤヒヤしている。

みんなも単位には気をつけようね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する