Lv.1
vip450229a.jpg

マジでスタンドを出しかねないこの完成度。
しかし映画化するわけではなくどこかの国のファンの方々らしいです。
こうしてみると実写化して一番変なのはジョルノかな。
髪型もだけどハート型に胸を露出した服も変。
お前ら追われる身なのになんでそんな目立つ格好してんの。
こういうのがデフォなんだからジョジョってやっぱり異彩な世界ですね。

あー久しぶりに第5部が読みたい。
第五部は序盤では任務遂行を優先するために体を張りすぎるところがおもろい。
終盤はやっぱ「今にも落ちてきそうな空の下で」かな。

一番好きなキャラはもちろんブチャラティだけども2番目に好きなキャラは以外にもナランチャ・ギルガ。
馬鹿だけども逆に純朴でいい。泳いでボートを追いかけてくるシーンとか。

ちなみに、リタイヤしたフーゴは、当初の予定ではボス側に寝返り、ジョルノたちと戦うシナリオだったのだけども、「自分の手がけたキャラにそんなことさせられない」という作者の愛着から没になったというのはファンの間では有名な話。

一番好きな表紙は56巻。タイトルは「ガッツのG」
無敵の能力「キング・クリムゾン」に全員力を合わせて立ち向かっていく感じがね。
第五部はイタリアが舞台なので、「ジョジョ」は「JOJO」ではなく「GIOGIO」と表記される。
その頭文字「G」とも掛けております。

ジョジョの奇妙な冒険 (56) ジョジョの奇妙な冒険 (56)
荒木 飛呂彦 (1998/01)
集英社
この商品の詳細を見る
1824.png

それに関連して・・・
これはそのオマージュでジョジョ絵板の方が描かれた絵。第6部バージョンです。
「ジャスティスのJ」ってとこでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する