Lv.1
今年の年越しは東京で一人です。
その理由は、卒論や実験でやることがいっぱいあるというのもあるし、年末年始は飛行機もバスも帰省ラッシュが半端じゃなく、予約するのも一苦労で、そこまでして必死こいて帰っても、実家には親戚たちが集まってろくにくつろげやしないという状況を考えただけでうんざりしたからでした。一つのコタツに5人とか6人で無理やり入ろうとしたりとかね。もうイヤ!!!
伝統やら風習やらに固執して非合理的なことをするのって好きじゃないんですよね。


ところで、「あの時はよくわからなかったけど、今思い出してみるとそういうことだったのか!!!」みたいに、数年越しに気付いたり、理解することってありますよね。俺の場合、ある一人の親戚について、「あぁ、あのときのあれはあぁいう意味だったのか!!!」と気付いてしまったことがあるのだ。

それは俺がまだ高校生だったころの話。
神戸に住んでいる俺の3つ上の親戚が冬休みに帰ってきていた。
その親戚が俺がいつも使っているパソコンでネットなどをしていたので、どんなサイトを見てたのか履歴をチェックしてみると、やはりというかなんというか、黒い背景に蛍光色のケバケバしい文字のアダルトサイトがズラーっと出てきたのだ。

そして、Googleの検索枠を見てみると、やはり大量にそういったサイトを検索するための単語が入力された跡があったのだが、その中で自分が普段見慣れない言葉が多様されていた。

その単語とは、「素人」という単語である。
いくつかの単語を並べて何通りか検索したようなのだが、それら全ての先頭に、「素人」という言葉があったのだ。

そのときには俺はその言葉の意味をあまりわかってなかったので、
「ふーん、素人っぽいのが好きなのか。そういう性癖なのね」
と、大して気にしなかった。

そしてその翌日、親戚は
「大学の友達がこっちに戻ってきてるみたいやから遊んでくるわ。」
みたいなことを言って一日出掛けていたのだが、今考えてみればこの二つの行動が結び付くことは一つしかないだろう。

今となってはその「素人」という言葉ばかりが強いインパクトを残していて、それ以外の検索ワードはあまり思い出せない。
あのアダルトサイトだって、ただのエロサイトだったのか、出会い系サイトだったのかもよくわからない。
「素人 出会い 徳島」とかだったらもう100%確定なのだが・・・。

アダルトサイトはただ単に見てただけで、友達とも本当に会ってたのではないか?とも考えられるし、この件については確定はできないかもしれないけども、あの「素人」という言葉を使ってあれこれ検索していた手口は、どう見てもそういうことをやり慣れてる人間のすることだろう。

そして、この件に関して、俺はもう一つ気になることがあるのだ。
「素人」という言葉を使うということは、同時に「玄人」、「プロ」の存在を類推させるのではないかと・・・。
きっとそういうお店でプロのお世話になったこともあるのだろう。

親戚の間では「知的で真面目」みたいなキャラで通っている彼だが、数年後に不倫やら売春やらが発覚し、親戚一同が騒然となることもあるだろうが、俺だけは「あぁやっぱりか」と大して驚かないだろう。



(それにしても、他人の履歴をチェックするとは、俺もお父さんを悪く言える立場じゃないなぁ・・・)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する