Lv.1
今回の面接は朝の9時からだった。
さすがに前日から京都で一泊しました。ビジネスホテルをとって。
泊まったとこ↓

ビジネスホテル


これぞビジネスホテル。寝れりゃいい。ただそれだけ。一泊\4500
しかしビジネスホテルといえば思い出してしまうあのエピソード・・・。


それは小学校の修学旅行にて。思えばあれも京都だった?(奈良だったかな?)
まぁとにかくみんなで寝泊りするホテルへ着き、部屋に入ったときだった。
部屋に足を踏み入れるやいなや盛大に鼻血を吹き出す宮本敬太。

「ふわぁぁぁぁ!!!!」

それを見た大谷真司。

「鼻血ブー助!!!!」

思わず笑う俺とけんぴ。
「・・・ック!!!・・・クククク・・・」
それに対する宮本敬太。
「笑わないでおくれよぉぉぉ」


うん、まぁ今更語るまでもなかったな。

そんでこれに比べればたいしたことでもないのだけども、部屋に入った瞬間、俺はもう一つショックを受けたことがあった。
部屋のドアを開けた瞬間、
俺「狭!!」
けんぴ「広!!」
↑この二つがハモっていた。

このとき泊まったホテルも上の写真と同様にベッドが敷き詰められ、それ以外はほぼ足の踏み場なし。絶対に狭い。
それまで知ってたホテルとの差にカルチャーショックを受けた俺だったけど、「広!!」と言ったことにさらにショックを受けた。

・・・なんか遠まわしに金持ちぶってるように聞こえるかもしれんけどもそんな贅沢なとこにとまってたわけではありません(実際金持ちではないし)。絶対に狭いってあれ。まぁ修学旅行やし、小学生に贅沢させる必要もないから今となってはあれでよかったと思ってるけどな。

そのホテルは修学旅行から数ヶ月後潰れたとさ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
価値観は違うわな(;´▽`A``

しかし、¥4500で風呂シャワー使えて(?)この部屋っていうのは、まぁまぁ良心的。
2006/07/13(木) 14:38 | URL | dodon #-[ 編集]
潰れたよなぁ??ほんま何ヵ月後かに。
でも楽しかった思い出があるw
夜潔先生が部屋回って語ってくれたよね?
めっちゃ酔ってたけどwww
2006/07/13(木) 17:09 | URL | ちっぷ #-[ 編集]
>dodon
なんか民宿っぽい感じだった。
普通の民家っぽい風呂。食事もなし。
まぁ狭いぶんクーラーがききやすいのとかはよかったよ。

>ちっぷ
酔っ払って生徒に絡む先生ってのも今考えたらすごいよな。
2006/07/13(木) 22:10 | URL | FDS #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する