Lv.1
ET講習も残すところアニマルファームでの実践を残すのみ。
学校での講義や実習がひと段落した記念にうちの研究室でたこ焼きパーリィをしました。
においに誘われて両隣の研究室の人らもやってきました。

生地は俺レシピです。
20060924160123.jpg

コツを掴めば以外と簡単。タコ焼きを巧みに返す男の手の動きはセクシーです。

タコ以外にもいろんなものを入れてみました。
ウインナー、ミートボール、イカキムチ、チョコ、グミなど。
ウインナー、ミートボール、イカキムチは可もなく不可もなく。
チョコは期待を裏切ることなく不味い。グミは焼いてる途中で液化、さらに蒸発して甘いにおいが広がる。当然不味い。
もうねぇ・・・こんな不味いもん食って場を盛り上げるなんてこのご時世にやめようよ・・・。

そんでベタだけどもワサビやからしを大量に入れたものをロシアンルーレット式に食べていくというものも。
何回もやるもんだから当たっちゃった。鼻の粘膜が破裂するかと思った。

わさびやからしが減ってきたころ、俺はアレを思い出してしまいました。
俺と先生のポケットにあったフリスクやミンティアをありったけぶち込んでみる。
うわぁ~。松ちゃんの言ってたとおり焼いてる時点で顔涼しいぃ~。
食べる前から目薬さしてるみたいな清涼感感じるんですが。

はい、せーので食うよぉ~。はい、せーの!!


`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!


いや、吐きはしなかったけども吐きそうだった。
吐きそうなのを必死に口を手でおさえつつもオヴゥェ!!!とリアルに何度も餌付いてしまった。
「お前はほんまに嫌になって帰るときのウルトラマンか」という松ちゃんのツッコミを思い出す。
数年ぶりのマジ餌付き。いやぁ~やっぱりフリスクは料理に混ぜるもんじゃないですね。
文句なしのドクロマークです。


そんで、春までチェコにいた先生がチェコのお酒をいろいろ用意してくれておりました。
20060924160104.jpg
38度くらい。胃薬みたいな味がする。

こっちは40度以上あるっぽい。飲んだ後も胃がポカポカとするね。
20060924160056.jpg

口に含まずにのどに直接流し込むように一気するのがルールなんだってよ。
もっとキツイのもいっぱいありましたがさすがにそれはやめときました。

そんで盛り上がっていくうちに俺のホモキャラが定着してしまいました。
あぁ~あ・・・卒業までずっとこのキャラでいけと?
つーかなんでそうなるんじゃorz

いやぁ~でもなんだかんだで楽しかった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
酒も10度を越えると胃にこたえますなぁ…。
味を寒くなる地方の酒は、味が売り上げの対象ではなく、
「いかに体温を上げるか」
が勝負だから、チェコなんかはもモロに体温重視なんでしょうなぁ…。

ホモキャラorz

酒の免疫つくるために、セブンで売ってる沖縄の飲みやすい「オリオンビール」で少しずつ頑張ってみれば?
「頑張ってまで酒は飲みたくない」って言われるかもしれんけど、やっぱ免疫って大切だと実感するようなことがありました…ボクは。
免疫ある人間でも、しばらく飲まないでいると、かなり酒の消化が悪くなるからね…。

まぁ、なんだかんだで楽しい時間を過ごせたのが何より。
2006/09/26(火) 00:17 | URL | dodon #-[ 編集]
社会人になったら酒の付き合いというものが多くなると思うんでその辺がちょっと不安やね。

俺的には酒がなくても寿司にはお茶、天ぷらや刺身にも白い米があれば十分なんだけども。
2006/09/29(金) 11:55 | URL | fds #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する