Lv.1
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれは小学校1年生のとき、GAOが「サヨナラ」を歌っていたころの話。

小学校時代、俺は家が学校からどっちかと言うと遠い方だった。
距離は約3km。子供だったしだいたい1時間くらいかけて登下校していただろうか。
慣れればそんなにしんどくはないのだが、3kmという距離も1時間という時間も、一人ぼっちで帰るときにはただただ退屈で、途方もなく長く感じた。
だから俺は、いつも一緒に帰ってくれる誰かを探していた。

西村康平は、俺と帰る方向が途中まで同じだった。
西村康平は、略して西康とみんなから呼ばれていた。
たまにしか一緒に帰らなかったが、それでも西康は一緒に帰れる数少ない同級生だった。

小一のときの帰り道、元気と無邪気さと好奇心の塊だった俺達は、無理やりにでも道端からおもろいもんを発見しようと常にテンションMAXで帰っていた。
宇山の歯医者のあたりを通りかかったとき、はしゃぎっぱなしの西康が妙なことを言い出した。

 「ピピピピ!!!ピピピピ!!!! 俺のおもろいもんレーダーが、この近くにおもろいもんがあると反応しよる!!!よし、こっちや!!!」

そう言って走り出す彼の後ろを俺もなんだかワクワクしながらついて行く。

 「あの散髪屋の曲がったとこに、おもろいもんがある!!」

そう言ってその場所に行ってみると、そこにあったのはただの発泡スチロールの箱だった。
しかし西康のテンションは変わらない。

 「よし、ほなこれをとにかく壊しまくろう!!」
伊「ファイナルファイトの車壊すやつの要領やな!!」
 「うん、制限時間は30秒!レディーゴゥ!!」

バキバキッ!!ドカッ!!

箱がみるみるうちに粉々になっていくのが快感だった。
すごい!!西康のおもろいもんレーダーは、本当にこんなおもろいもんを発見したんだ!!
何が楽しいんだか、そんなことを思いながらただがむしゃらに発泡スチロールの箱をぶっ壊していた。
しかし次の瞬間

「何やっとんじゃオラァ!!!!」

振り返ると散髪屋のおっさんがバリカン片手に鬼のような形相で立っていた。
おそらく突然の騒ぎに客の散髪を中断して来たのだろう。エプロンをかけたままだ。
俺達のテンションは一気に地の底まで沈み、そのまま渋々片付けをさせられた。

悪ガキの西康に比べ、親にも褒められながら育てられた俺は、見ず知らずの他人にここまで怒鳴られたのは初めてだったかもしれない。
ビビリ上がって、テンションガタ落ちのまま家に帰ろうとしていたが、散髪屋のおっさんが店内に戻ると、すぐに西康が吹きだした。

 「ハッハッハ!!!めっちゃ怒っとったなあのおっさん。」

ケロッと笑いながらそう言われ、俺も釣られて笑ってしまう。
さっきまでの沈んだ気持ちはどこへやら、すぐに元気を取り戻し、俺達は踏み切りのところでバイバイするまで一緒に帰った。


それから5年の月日が流れた小六のある日、俺と西康はまた二人で歩いて帰っていた。
くだらない話をしつつも、たまたまあの散髪屋の前を通りかかるあたりで話が途切れた。
一瞬の沈黙の後、ニヤリとした笑いを浮かべながら西康が口を開いた。

 「なぁいとっち・・・」 ※[いとっち]は伊藤のあだ名

なんとなくだが、その一言にまさか・・・と思った。

 「俺らが小一のときになぁ・・・」

あぁ、やっぱりか。西康が続ける。

 「あの散発屋の横で発泡スチロールの箱ぶっ壊してたら散髪屋のおっさんにめっちゃ怒られたよな。」
伊「うん、めちゃめちゃキレられたよな。西康がおもろいもんレーダーとか言うて行ったらあの箱があったんじゃよな。」
 「俺も適当なこと言うてたらほんまにあったけんおもろかったわだ。」

あぁ、あのときおもろいもんレーダーとか言ってたのはやっぱりただのでまかせだったのか。
しかしそんなのはどうでもよくて、覚えてくれていたことが素直にうれしかった。

でも西康、君は一つ間違っている。
多分君は、本当におもろいもんレーダーを持っているのだよ。
誰もが素通りするようなただの発泡スチロールの箱を、君は5年経っても笑い話にできるようなネタの小道具にしたのだよ。
そして、何の変哲もないただの発泡スチロールの箱を、18年経った今もこうして話せるような思い出の主役にしたのだよ。

俺は西康の独特なノリやギャグを誰よりも笑えてた自信がある。
特に中学2,3年頃の西康のそれは、完全に俺のツボだったのだ。
俺のおもろいもんレーダーが西康のおもろいもんレーダーに共鳴したり、その電波にロックされたりしていたのかもしれない。
こいつと一緒にいれば、こいつのおもろいもんレーダーがおもろいもんのもとへ導いてくれる。
そう信じて、俺はいつも西康とつるんでいた。

今度あの散髪屋の横を通るとき、その脇道に発泡スチロールの箱がないか見てみよう。
そしてもしあったら、あのときのように、無邪気にそれをぶっ壊してみよう。
散髪屋のおっさんに、「18年前のあの日のこと、覚えてますか?」と聞いてみよう。
そうすればきっと、散髪屋のおっさんに通報されるだろう。
変な人がよくわからないことを言いながら、うちの横で発泡スチロールの箱をうれしそうにぶっ壊してるんです・・・と。

P8133983.jpg
閑散とした商店街の中、今もちゃんとあるあの散髪屋。

20060904230255.jpg
中学の卒業アルバムより。スペースワールド帰りのバスの中での俺と西康。


※女性です。
スポンサーサイト
この土日の釣行記です。日曜には新たに結成されたフローター団体「夜会」として始めての大会があり、土曜はその前日プラクティスに行ってきました。

【金曜夜~土曜朝】前日プラ
この日は風がおだやかでした。
ぽっぷさん、りんさん、ガチャモンさん、番チョさん&後輩、フローターさんと俺で計7名での釣行。

番チョさんが開始早々にポッパーで50Upを釣ったりと、周りの皆様は釣ってるみたいなんだけども俺は2時までボウズ。
アタリが4回ほどあったのと、1匹バラし。
今日は久しぶりにボウズかな・・・なんて思ってたらぽっぷさんから連絡が入った。
「今こっちめっちゃ釣れてるよ~」と。

おお、これは行かないわけにはいくまい!とその場所へ。
数分後、ジョイクロで1匹目をゲット。40Upでした。

P8290001.jpg

ワンシャで40Upをもう1匹を釣った後、マイキー160(通称デカマイキー)にヒット。
お、これは重い!!50あるかないかでした。

P8290003.jpg

俺が3匹釣る間にもポップさんはバコバコと大量に釣っており、自己記録となる59も釣ってました。
しかもこの59は自作のルアーで釣ってました。
ぽっぷさんは本格的なハンドメイドルアービルダーなのです。
自作のルアーで自己記録って、これほど嬉しいことはないでしょうね。ほんと。
子供のように無邪気な笑顔でした。

P8290002.jpg

P8290004.jpg

陸に上がってメジャーで測ってみたらデカマイキーで釣れたのは50Upでした。
「51でした」とか言ってたけど今写真を見たらギリギリ52あるような気もする。

P8290008.jpg

2本目の50Upです。ぽっぷさんに釣らせてもらったに近い一匹でした。
ぽっぷさんに呼ばれなかったら本当にこの日はボウズだったかも・・・。

ぽっぷさんがさっきの59も含め50Upを3本釣り、りんさん、フローターさん、番チョさんも1本ずつ釣って、この日は合計7本の50Upが出ました。
最初はボウズかも・・・なんて思ってたけどわからないもんです。

片付けのときにはまたもやフローターさんが全裸になっており、写真撮ったろうと近づくと「ブラブラしたもんが写るかもよ。」などと言いさほど嫌がらない様子。
第一ほんまに撮られたくないなら家に帰ってからパンツを履き替えろと何度も言っておるのに。
このおっさんに羞恥心はないようだ。


【土曜夜~日曜朝】初夜会大会

夜会の大会ルールは1匹のサイズで勝負と至ってシンプル。
一応キーパーサイズは45となっております。
普通の野池やリザーバーなら45釣れたら上位に入れるのに、逆にそれが最低ラインってのが強気。
しかもなんだかんだで結構そろえられるんだから琵琶湖ってすごいですよね。

スタートから適当に流しつつ昨日と同じポイントへ向かう。
その間にワンシャで40Upを一本。

P8303997.jpg

ネットのランディングに手間取って1匹バラし。
昨日のポイントに到着してからは1匹あわせ切れ。
もう1匹はフッキングと同時に水面からロケットのように飛び出てきた30Up。

風が強くなってきて、波が出てきたかと思えば、1時間後にはやんで、今度は鏡のようなベタ凪に。
しかし魚の反応はない。大会の終了時間は6時。
マズメの時合に入るかどうかは微妙だが、ギリギリまで粘ることにした。

途中、貯水塔のハシゴに登っておしっこしてたらその間にフローターが流されるというハプニングもあり。
(こんな行為ができるのは暗くて周りにボートがいない夜間だからこそ。)
あやうく貯水塔に取り残され、漂流状態になるところだったけども、側で一緒に釣りしてたぽっぷさんに助けていただきました。
ありがとうぽっぷさん。

空が薄明るくなってきた5時過ぎ、デカマイキーにヒット。
やっぱりちょっとウィードに潜られてしまった。
これがこの日のMAXサイズでした。

P8303999.jpg
しかしこの直後、悲しいこととむかつくことがあった。

まず悲しいこと。
BT 122 Twistがラインの中切れでぶっ飛んで行った。
浮かぶルアーなんで探せば見つかりそうだったけど、結局見つからなかった。
時間も迫っていたのでやむなく撤退することに。
これを買ったのは半年前に地元の釣具屋の中古棚にて。
先週針を伸ばされた雪辱を晴らそうとしてただけに無念を残しての殉職。
君の無念は同じ水面バシャバシャ兄弟のジンガとバジェットが晴らしてくれるさ。

そしてむかついたこと。
ジンガを投げていたらバスボートがブオオオオとやってきた。
進行方向からして俺のすぐ真横を通りそう。
ってかかなり近い。
ってか俺今ルアー投げたとこなんだけど、そのルアーと俺の間を通りそう。
既に急いで回収しても間に合わないようなスピードで近づいてきてるし、下手に巻いてその真上をボートが通ってルアーがぶっ壊れるかもと思い、あえてそのままにしといた。
そしたらラインの上をボートが走りぬけ、ラインがブツッと切れただけで、浮かんでいたジンガを無事回収できた。


しかし今は
「どこ通っとんじゃボケェ!!!!!!!!!!」
とその場でぶち切れなかったことを後悔している。
たまたま浮かぶルアーだったからよかったけど、沈む系のジョイクロとかだったら弁償してくれてたのか?ぶっ壊された場合は?
ってかフローターのそんな至近距離をそんなスピードで走りぬけんなっつーの。
危ないしマナー悪すぎ。

とかくいろいろあったが大急ぎでエントリーポイントまで戻った。
終了3分前のギリギリの到着。

さっきデカマイキーで釣った一匹は43くらいだった。
中途半端なデカさなので逆に小さく見える持ち方をしてみた。
普通はでかく見えるようにカメラ手前に魚を突き出すところを、あえてカメラ奥側に魚を構える。
あほすぎる

「アホや、アホ過ぎる」と結構ウケてました。
これは流行る!!

そして片付けの際に今日も駐車場で全裸になるフローターさん。
はいはい。もはや見慣れた光景です。

高校生バサーのゆう君の唄う名曲「真夏の果実」をBGMに軽く談話しつつ、優勝者に商品を贈呈。
昨日の絶好調の勢いそのままにぽっぷさんが優勝。

P8304002.jpg
そしてなぜか上位から順にたこやき風ラムネ、キムチ風ラムネ、わさびラムネを飲んでいく。
どれも飲めたもんじゃないが、一番酷かったのはキムチ風ラムネ。

その場の勢いで俺もキムチ風ラムネをちょっと飲まされたんだけども、これは酷い。
口の中ににんにくと唐辛子のにおいが残り、最高に後味が悪い。
マズすぎてこれを飲む理由がわからない。これは飲み物ではない。どちらかといえば便所の芳香剤だ。

そんなこんなで釣りの後も盛り上がり、楽しい大会でした。

商品を寄贈してくださったみっちさん、ともみさん、そして大会主催者のフローターさん、ありがとうございました。

また次回!

集合
~我等夜會~
私の愛娘、エアデールテリアのグリコが世界一可愛いことは皆様ご存知かと思いますが、ぐっさんの職場のブログを見てたらグリコが載ってましたので紹介します。

看板娘グリコ

文化祭のワンシーンのようです。看板娘ですね。
看板娘というよりかはサンドイッチマンかな。
お手伝いしてて偉いですよね。褒めてあげてください。

社会人になってからは数えるほどしか会えてないけども、最近は会うたびにヘアスタイルが変わっております。
この写真のもなかなか似合ってます。お手手にわざと毛を残してるんですね。
ペットビジネス関係の専門学校なんで、トリマーの卵たちもたくさんいますからね。
さぞ可愛がってもらってることでしょう。
なんたって世界一可愛い私の愛娘なのですから。
この土日の釣行をサクッと書きます。

【金曜ナイト】

この日は風が強かった。
30以下2匹と、40Up1匹で3匹釣れました。全部バジェットだったかな。

P8213994.jpg

P8223995.jpg

P8223996.jpg

マイキー160とコモモを初投入だったけども釣れなかった。
その他のビッグベイトも不発。

【土曜ナイト】
昨日とは打って変わって風は静か。
この日は2匹。両方ワンシャのチャート。
37と47。先週の49もですがやっぱり50までは一歩足りないのが多いですね。
てらさんと番チョさんが50Upを何本か釣ってました。

P8223997.jpg

P8233999.jpg

実はこの日1匹でかいのをバラしました。
一応47釣れたし後はビッグベイトorトップで釣りたいなと思っていろいろローテーションさせてたら、BT twistのときに

ザボッ!!!!

と来た。音だけで40Upはあるっぽい。
ドラグの出方から50あるかもと思ってたらウィードに潜りこまれてしまった。
結局ウィードにからまって、回収するころには針を外されてました。

P8234003.jpg

戻ってきた針はこの曲がりっぷり。
トリプルフックのうち2つが開いております。
ウィードの重みもあったかもしれないけど、こんなに曲がったの初めて見た・・・。
あー悔しい。

逃がした魚は大きいってのは本当毎回痛感させられます。
今までは適当に強引に巻き取るだけだったけど、水面にジャンプさせず、かつウィードにもぐりこませないようファイトできるようにならんとあかんですね。


日が昇り、5時半ごろに終了。
いつもにも増して琵琶湖虫が酷かった。
耳とか目の周り飛ぶのはほんまに勘弁してほしい。

駐車場でみんなで片付けをしてたら番チョさんが
「何やってんすかwww」
とか言うのが聞こえたので見てみたらフローターさんが全裸だった。
こっちには背中を向けていたがケツ丸出しでマジ全裸。
一応パンツを履き替えるためだったとはいえ、屋外の駐車場で全裸という異様な光景に思わず

「うえっ!!!?」

とか言ってしまった。しかも後で「見る方が悪い」と意味不明なことを言われた。
いや、脱ぐ方が悪いでしょそれは!!!
そんなの家返ってから履き替えたらええやん!!!

みんなせっせと片付けたり着替えたりする中、さも自然に一連の流れのように何のためらいもなく全裸になってる姿を見て、やっぱりこの人は変態だったんだと思った。


家に返ってから風呂入って寝た後、ネイルシンカーとトリプルフックの替えと中古のジンガを買いました。
ボーン素材のやつです。フローターさんが近所の中古屋に売ってたのを教えてくれたので。
色もチャートだし、ナイトにはぴったりですね。

P8234002.jpg
イマカツバシャバシャ兄弟。
d8f69dec.jpg
あんぐりとした口で猫の頭を包み込むのが大好きな犬と、嫌々それを受け入れる猫。
犬がちゃんと歯が立たないようにソフトにくわえている優しさが垣間見れます。

24b592db.jpg
二人そろって全く同じ表情。
一番左の子猫が羨ましそうな輝く瞳で二人を見つめている。
今日の日記は「mixiは携帯でしかやりません」という方々には無縁の話です。すいません。

mixiツールバーなるものがあったのでインストールしてみました。
ちょっと便利だったのでちょっと紹介。

更新

・「検索」の横の「mixi」のボタンを押せばワンタッチでmixiのトップページに行ける。
・「足あと」を押せばワンタッチで足あとのページにいける。
・「更新情報」の横のプルダウンで画像のように新着の日記、トピの更新具合がログインせずともチェックできる。

これで無駄なログインを省略しつつ更新情報をチェックでき、「この人さっきからログイン5分以内ばっかりやん。暇なんやな。」「こんな時間にmixiやってんのやかよ」みたいに思われずに済みます。

天気予報

なにげに便利なのがワンタッチでYahoo天気予報も見れること。
クリックすれば詳細ページにも飛べます。

アレばさみ

さらに、開いているページから特定の文字列をマーカーを引いて拾い上げられます。
まぁ普段はあまり活躍しないかもですが、2chのスレやmixiのトピでの過去ログチェックで重宝します。

そしてさらに!!英語、中国語、韓国語に翻訳することもできるのです。

さすがに訳せない

まぁ文法が合ってるのかどうか怪しかったりしますが。
うんこばさみはさすがに訳せない様子。

there is it and can break it

「いわりえ」が「There is it and can break it」と訳されていた。
このひらがな4文字をどうやったらそうんな風に訳せるのか。



で、今まではGoogleツールバーを使ってたんですが、さすがにgoogleバーとmixiバーが2列重なったら画面が狭くなるので、googleバーはアンインストールしました。
やっぱりYahooよりもGoogleの方が検索エンジンとしては好きなんだけどなぁ~と思ってたけど裏技を使えば問題ありませんでした。

ばさみ検索

アドレスバーに検索ワードを直接打ち込むと・・・。

2番目にヒット

Googleの方で検索されます。
「うんこばさみ」は今現在371万件のうち2番目に私の先日の日記がヒットしております。

そんなわけで、PCで普段mixiをお使いの皆様、よければ使ってみてください。
今回紹介したのはYahooとmixiのコラボツールバーで、mixiツールバーは他にもいろいろあるみたいです。
コモモSW-125とマイキー160を買いました。
なんかフローターさんの予言通りになってるような気が・・・。

並べてみた。
P8183993.jpg
上から順に・・・
リップレスミノーのコモモnew!
初50Upを釣らせてくれたジャバロンハード
強波動のマイキー160new!
S字系のジョインテッドクロー25SS

ミノーで釣るのって好きなんですよね。フローターさんが持ってたコモモとかザ・ナイフを見てたら欲しくなってきたので買ってしまいました。
あとは強波動で浮くやつが欲しかったのでマイキーを買おうと思ったんですが、レギュラーサイズより20mm大きい160を買いました。

それともう一つ・・・。
P8183995.jpg
メジャーを買いました。
1mしかないけども写真撮影しても目盛りがわかりやすく、メジャーのケースから抜き出せるタイプです。
ヤドカリメジャーと名付けようか。こんなんでも1700円しました。

でも最近密かに結成された某会合で共用のメジャーを購入するらしいのでタイミングが悪かったかな。
まぁ単独釣行のときのことを考えたらいずれ買ってたっぽいけど。
今回は3店まわりました。
今までは行ったことない店を開拓していくことが多かったですがここ最近は一回行って美味しかった店を中心に回っております。

まず一店目はやまうちうどん。
朝は9時と早めにやっているのでうどん巡りの一店目にはちょうどいいです。
P8113962.jpg

PA120009.jpg
仲多度郡まんのう町と、高松市からはちょっと離れてかなり山の中。
こういう高台の上にお店はあります。

P8113964.jpg
高台の上からの眺め。
こういう自然にかこまれて食べるさぬきうどんってのもなかなかいいですよね。

P8113963.jpg
ひやあつを頼みました。
素朴ながらもストレートな美味しさ。

P8113961.jpg
店の前で新鮮野菜の無人販売なんかもやってました。

二店目は有名ながもううどんです。行列ができてました。
P8113965.jpg

P8113966.jpg
麺は若干細め。
つるっとした喉通りのよさを細めの麺がさらに引き立てる。
しかしそれでもこの細さからは想像できないコシの強さも持ち合わせている。

一店目のやまうちうどんもそうだったけどイリコベースのダシが美味しい。
一般的なうどんってかつおとか昆布のダシが多いですがさぬきうどんは結構イリコが効いてるんですよね。

関係ないけど駐車場に「日本一周中」という張り紙を前と後ろに張ってある車があった。
乗ってるのは自分と同年代くらいの男性だった。車は軽自動車だった。


三店目は高松オフィス街の人気店の竹清でしたがカメラを車の中に忘れたため画像はなし。
竹清は水、木、日曜と週に3回も定休日を持つ世にもやる気のないうどん屋(ウソ)なだけに行ける機会が限られてるので、この日にもう一度行きたかった。

高松市内のうどん屋を自転車ではしごするという観光プランが流行ってるのか、ガイドブック片手にこの店に自転車で来る人が多かった。
そういう人々も含めてかなりの行列ができてた。
炎天下の中30分くらいは待ったかな。

このお店の売りはなんといっても天ぷら。
主人がひたすらうどんを打ち、女将さんがひたすら天ぷらを揚げているのです。
特に名物は半熟卵の天ぷら。今はここ以外にもいろんな店でみかけますが、多分ここが元祖。
人気の海老天と半熟卵の天ぷらは次々に揚げられ、揚げたてのアツアツサクサクがいただけます。

うどんの方はひやひやで食べたかったんだけども冷たい方のつゆはちょっと濃い目だったかな。
しょうゆうどんっぽくなった。
口内炎があったせいでベストコンディションで味わえなかったのが辛かった。

竹清のすぐそばにある「さか枝」にも寄るつもりだったけど炎天下の中並んだこともありちょっとバテ気味だったのでそのまま帰宅。

もう一日うどん巡りできてたら俺の一番好きなあの店にも行ってたかもな・・・。
この日はちょうどお休みだったので行けなかった・・・。
まぁまた今度のお楽しみってことで。
-14日(金)琵琶湖ナイト-

初めての場所だったので迷わないよう時間に余裕を持って現地に到着。
時間まで一時間ほどあったのでsekiyuから借りた本を車の中で読んでいた。
そしたら俺の車の中を覗き込む怪しい人影がいたので誰かと思ったらみっちさんだった。

と言ってもみっちさんから見れば車の窓を4つとも全開にして、中でヘッドライトで本を読んでる俺の方がよっぽど怪しかったらしい。

後からフローターさんも到着。様子を見て場所をちょっと変更。
ガチャモンさんも遅れて到着。
ここはいつも行ってるとこより沖まで浅くてウィードが濃かった。
だから今日はビッグベイトは投げれなかった。
トロロ藻もあったんでワンシャでも藻ダルマになって返ってきたり。
ウィードが薄いところを見つけたらいつものごとくバジェットを投げたり。

ちょっとこの日は反応が今ひとつだった様子。サイズもイマイチ。
私はバジェットでちっちゃいのが1匹かかったけどバラしました。
X-PODに変更してトップを攻めたらでかいのが釣れました。
P8153990.jpg

P8153989.jpg
後で計りなおしてもギリギリ50には届かず。

X-PODといえば口の開き具合をカチカチと調節して、ペンシルっぽく使ったりポッパーっぽく使えたりできるのが特徴ですが、私は開き目にして使ってます。
何段階目かとかは特に考えず、でかくて重くてよく飛ぶポッパーくらいに思っています。
動かし方もポッパーです。

ちなみにこの日はやたら流れ星が多かった。
後で知ったけども前日にペルセウス座流星群がピークだったとかで、その続きのようだった。

魚の反応がイマイチなのもあって、ルアーを投げた後は夜空を見上げて流れ星を探しつつリールを巻いていた。
全部で大小20回くらいは見たかな。

流れ星といえば願い事を3回唱えると願いが叶うとか言いうおまじないがありますよね。
それが本当かどうかはともかく、
「流れ星が流れるほんの一瞬のうちに思いつくほどの強い願いなら、きっと叶うよ。」
と私の友達の友達が言っておりました。
そんな一瞬で思い浮かぶくらいだから、普段からそれを叶えるべく努力してるに違いないということですね。
昔の人もそういう意味を込めてこのおまじないを考えたのかもしれないですね。

しかしこの日の私のように、来るのがわかってるからと言って
「次の流れ星にはあの願いを込めよう」
などというのは他力本願丸出しなので叶わないのでしょうね。


-16日(日) 大会-

諸事情により急遽前回と同じ比奈知ダムにて。
あー・・・。この釣行記は書きたくない・・・。
なぜなら今日もボウズだったから。
P8163992.jpg

でもこの日釣れたのは4、5人くらいだったかな。かなり渋かった。

その4、5人もほぼマズメの時間帯に釣った魚で、マズメ終了後は沈黙だった様子。
やっぱマズメで釣れなかった時点で勝負は決まってたのかな。

みなさん釣れなくて意気消沈してましたが、普段から釣れない私には慣れたもんです。日常茶飯事。
大会も今年は残すところ3戦なのに今現在大会で1匹も釣ってないとか逆に凄いですよね。
ていうかここまで来るともう開き直るしかない。今年は逆パーフェクトか?

ちなみにこの日は釣りを中断して車で最寄のコンビニまでトイレに行くというハプニングもありました。
7時ごろ、魚の反応もイマイチだしマズメもそろそろ終わりそうだったしさすがに残り4時間くらいあったので後々キツイだろうなと思って・・・。
ちょうどチルミルさんが体調不良により1時間ほどでリタイアして車で休んでたので助かりました。
フローターを膨らましたまま見てもらって、コンビニから帰ってきてすぐに再開できました。

いろいろあったけどお盆休みも今日で終わり。
あぁー明日から仕事かぁ・・・。

↓sekiyuに借りて呼んでる本。かなりおもしろいです。
 アマゾン、アフリカ、東南アジアなど偏狭の地でメーターオーバーの怪物たちとの釣行記が書かれて下ります。
 バラマンディー、ナイルパーチ、パプアンバス、ピラルク、あと幅2m、縦は尻尾入れて4mのエイとかどれもケタ外れの化け物ばっかでおもろいです。
 釣果よりもそれ以外の旅行記の方が半分くらいですけどね。
 クロコダイルやトラなどの野生の恐怖もあれば首絞め強盗を初めとする治安の悪さの恐怖もあり。
 楽しそうだけども私は遠慮しておこうかな・・・。
世界怪魚釣行記世界怪魚釣行記
(2009/04/10)
武石 憲貴

商品詳細を見る
実家のわんこ ロッキー。
結構俺にもなついてくれてるんですが、このときは車から釣具を降ろしたり掃除したりであんまり相手にしなかったらふてくされていた。
P8113971.jpg

P8113970.jpg

P8113969.jpg

P8113972.jpg
中はこうなってます。
連休中の釣行記。と言っても今のところ二日しか行ってない。

-8日(土)-

連休初日は久しぶりのホームレイクに行った。
ものすごい減水。

着水後の第一投は琵琶湖と同じくバジェットを投げてみた。
そしたら意外にもヒット。でもバラした。

そしたらそれ以降は全く反応なし。
この日はボウズで終了。特に書くこともなし。


-本日13日(木)-

sekiyuと地元の最寄リザーバー、夏子ダムに行ってきた。
待ち合わせ場所で合流したらりゅっつぁんも一緒だった。
麻雀からの流れで着いて来たんだとか。久しぶりだったけど相変わらずだった。
そんな彼も一児の父かぁ~。

二日前にうどんを食べた帰りにちょっと偵察してみたところ・・・。
P8113967.jpg
・・・・。
う~ん・・・前日に台風があったんで予想はしてたけど・・・。

今日は二日たったので幾分か濁りはマシにはなってたかな。
P8133974.jpg

P8133979.jpg

ロケーションはいいんですけどね。

P8133978.jpg
地殻変動により地層がよくわかります。
小学6年のときに社会化見学で通りすがりがてらに見ましたよ。

P8133980.jpg
GWは手漕ぎでひぃひぃ言ってたsekiyuもエレキを着けて快適そうです。
ってかくつろぎすぎ。
同乗してたりゅっつぁんは開始30分くらいで眠いし酔ったとかでリタイア。
ずっとsekiyuの車でバクスイしてました。

P8133977.jpg
sekiyuはバクラトスイマーで5匹釣ったとか。
でも私はカットテールのNSでセコくこの1匹を釣っただけ。
3回ほどアタリはあったが乗らず。

写真の背びれのちょっと上にある赤い点はsekiyu。

P8133981.jpg
あ、ついでにランディングネットを新調しました。
網目が大きくてラバーでできてるので、ランディング時にプラグのトリプルフック等がからまったりするわずらわしさから開放されます。

今までは
よし、バスゲット → でもルアーの針めっちゃからまってる → ふぅ、ようやく外れた →今度は別の針ががんじがらめ
みたいなのがしょっちゅうでしたからね。

ゴールデンミーン/キャプチャーネット
ガンメタ、グリーン、レッド、ブルーの4色から選べて2000円程度と値段もお手ごろなのでオススメです!
ちなみに私はフローターの色に合わせてグリーンを選びました。
ただ今お盆のため徳島の実家に帰省しております。
昨日は地元の友達3人とちょいと食事に行ったり。

去年のお盆は穴吹川でバーベキューをしました。そのときの話。

川原に集合した一同は、とりあえず準備をすべく、男達が火起こしをして、女子らが材料の下ごしらえをしていました。
自炊歴5年の大林さんがてきぱきと野菜を包丁で切っていくのを「さすがやなぁ~」と関心して見ていたんだけども、次の瞬間私は大林さんの口から信じられない一言を耳にした。

「あれぇ~?肉つかむ用のうんこばさみがないぃ~!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
まぁ・・・・・・・・・・・言いたいことはたくさんあるでしょうが・・・・・・・・・・・・・。
一から冷静に説明していきましょう。

まず皆さん、この器具の名前がわかるでしょうか。
800px-Food_Tongs.jpg
正式名称はトングです。焼き肉屋とかパン屋さんなどでよく使いますね。
このバーベキューのときにもこれを使ってたわけですよ。

しかしこのトングと同じ形状のでっかいバージョンがあって、よく清掃活動などに使われているのもご存知かと思います。
img10531321416.jpg
これはゴミつかみ、ゴミばさみなどと一般的に呼ばれてるっぽいですが、おそらく大林さんの身内ではこれを「うんこばさみ」と呼んでいたのでしょう。
たしかにうちの学校は犬の糞害が酷く、放置された犬の糞はこれで取っていました。

台所用のトングと、ゴミばさみを混同して、大林さんはトングのことをうんこばさみと呼んだんでしょうね。
だから大林さんは

「あれぇ~?肉つかむ用のうんこばさみがないぃ~!」

とか言ったんでしょうね。
なるほどぉー。
ははははー。

とか、そんなのは大きな問題じゃなくて、

・なぜ食い物と排泄物が一つのセンテンスの中に同居しているのか?
・そこに嫌悪感を感じないのか?
・なぜそれをさも自然に独り言のように言っているのか?
・そしてそこをなぜ周りにいる誰もツッコんだり指摘したりしないのか?


それら数々の疑問を強引に頭の隅に押しやって、ドン引きしつつも私は黙って火起こしを手伝っていたのでありました。
穴吹町に生息する穴吹人は、基本的にデリカシーのない民族だとは知っていたけど、そのポテンシャルは自分の想像のさらに斜め上を行くなぁと痛感させられた出来事でした。

P1010183.jpg
ビール片手に川で涼しそうな大林友子。
今月で25。嫁入り前。
勉強は女子の中ではダントツで優秀で、頭の回転が速く弁も立つことから女番長:新開早紀の側近、ブレーンであった。
現在はバリバリのキャリアウーマン・・・だと思う。
私が勝手に選ぶドラゴンボール珍場面集。


P8083962.jpg
「きゅ・・・宮殿が・・・」
精神と時の部屋から脱出してきたら宮殿が無惨に破壊されてたことに動揺するピッコロさん。

P8083963.jpg
外で再びブウとゴテンクスの戦いが始まる。

P8083964.jpg
物語も終盤になり既に惑星を一瞬で破壊できるレベルの戦いになっております。
P8083965.jpg
「きゅ・・・宮殿が・・・・・・・」
宮殿が容赦なく壊されていく様子に愕然とするピッコロさん。上の画像とうまいこと繋がっております。

P8083962新
「・・・・・・宮殿が~・・・・・・・・・」
喜ぶゴテンクスを尻目にショックを隠せないピッコロさん。

P8083967.jpg
「宮殿・・・・・・・・・」
もはやゴテンクスの言葉も耳に入っていないピッコロさん。

8ページの間に4回も「宮殿」と言っております。ショックだったんでしょうね。
冷静に考えればドラゴンボールで元に戻るのに。
ナメック星から単身地球にやってきてからずっとミスター・ポポと暮らしてきた宮殿はピッコロさんにとってはマイホームみたいなものだったのでしょう。

さて、ここで問題です。
Q1.「ピッコロ」とはナメック語で何という意味でしょう?
Q2.ナメック星に生えている木の名前は?
Q3.フリーザ編、最長老様没後の次代最長老の名前は?
Q4.ピッコロさんが地球に降り立った場所の地名は?
Q5.デンデの弟の名前は?
Q6.神様&ピッコロさんの産みの親の名前は?

答えはWikiの「ナメック星」で確認しましょう。
「ドラゴンボール」じゃなくて「ナメック星」というカテゴリでWikiにあるのが凄い。
最近、近所のとある交差点でいろんな変なものを見ている。


先週の土曜日、交差点に面した某ファミレスの駐車場にパトカーが5台くらいとまってて、警察官が7,8人ほど1台の車を囲っていた。
このとき俺は休日出勤だったため、10時に会社に行く途中だったんだけども、仕事が終わって帰ろうとしたら、さっきから2時間経っていたのにまだ同じ状態だった。
車の中にはおっさんが一人おり、警察官となにやら揉めていたが内容はわからず。


翌日の日曜日には信号待ちをしていると、対角線上の角に50代と思われるおっさんが、唐草模様のビキニパンツ一丁で自転車に乗って信号待ちしているのを目撃した。
この唐草模様のビキニパンツというのが非常に面積が小さく、まるでふんどしのようだった。
自転車の後ろにはゴミ袋のようなものを乗せており、おっさんはよく日に焼けていた。

焼けているということは多分その格好でしょっちゅうその辺をうろついているのだろう。
車も歩行者も、交差点のほとんどの人がそのおっさんを凝視していたが、当のおっさんは
「通りすがりのふんどしライダーだ。」
といわんばかりの堂々とした佇まいだった。


そしてこの間の仕事帰り、信号待ちをしていたら横断歩道の向かい側に見覚えのある顔を発見。
いつも晩御飯の材料を買いに行ってるスーパーのレジのバイトの兄ちゃんだった。
横に彼女を連れていたが、よく見るとその顔も見覚えがあるなぁと思ったがすぐにわかった。
その子も同じスーパーのレジのバイトの女の子だった。

あぁ、あの二人付き合ってたのね。ていうかどーでもいー・・・。
なんて思いながら信号が青になるのを待っていた。
彼女の方が、焼き鳥らしきものを食べているのが見える。
別に見たくもないのに視界に入ってくる。

多分あの焼き鳥はモモ肉(タレ)だな。
しかしなんかさっきから顔が近いなぁと思っていたらあ~あ・・・やりおった。
彼女の方がモモ肉を口にくわえてそれを彼氏の方に突き出し、それを彼氏が食べた。

いまどき路上キスでも滅多に見ないのに路上モモ肉口移して・・・。
こんな痛い人らだったとは。
レジ打ってる姿だけではどういう人なのかはわからないもんですね。

そんで、こっちは向こうの素性を知ってはいるけど、向こうはこっちを認識してるのかどうか微妙だったりして気まずいんだか気まずくないんだかよくわからない微妙な気まずさを一人感じていたが、とりあえず顔を背けつつ横断歩道ですれ違った。
自分がレジのバイトをしてたときは結構客の顔は覚えてたけどどうなんだか。

今度レジ通すときに焼き鳥(モモ肉・タレ)ばっかりカゴに入れて、
「やっぱ焼き鳥はモモ肉でタレ、そんで口移しだよね。」
とか話しかけたらどんなリアクションが返ってくるかおもしろそうだがやめておく。


パトカーとふんどしとモモ肉。
これらはすべてここ数日、同じ交差点で出くわした出来事である。
あの交差点は何か超常現象を引き寄せる力を持っているのかもしれない。

この週末の釣行を淡々と綴ります。
と、その前に新しい仲間を紹介します。

P7313949.jpg

ジョインテッドクロー178 25-SS 若鮎
(以下ジョイクロ)

♪!!!(←例の効果音)

「あんた・・・なんちゅうもんを食わしてくれたんや・・・(号泣)」
と、なんか思わず塩焼きにしたくなるこのリアルさ。

先週ジャバロンハード(以下ジャバハー)で釣れたことに味を占めて新しく購入したビッグベイトです。
新品で買ったから4200円しました。
(普通のハードルアーはだいたい1200~1500円くらい)

長さ17.8cm、重さは2オンス。ラインは20~30lb推奨と書かれていた。
手持ちの竿は一応3オンスまで投げられるけど、ラインは最近フロロの20に巻きなおして「こんだけ太けりゃなんでもこい」と思ってたのにこれを投げるにはギリギリだった。


31日(金)

この日はちょっと渋かった様子。
皆さんもいつもの半分くらいしか釣れなかった模様。
50Upはりんさんとぽっぷさんが釣ってた模様。

P8013950.jpg
私はワンシャで43を1匹。
一応スカリに入れようかなと思ったらまさに入れようとした瞬間に暴れて逃げられた。
まぁいいけどね。

当然ジョイクロも何度か投げてみました。
S字系ってのを初めて使ったんだけども、引いてみるとびっくり。
予想をはるかに越える蛇行具合。
これ絶対釣れるやん!!!と興奮したが一日目は不発だった。

この日はちょっと寝てたらウィードに流れ着いていた。
寝てる間にウェーダーにちょっと水が入った。
そしたらしばらくしたらいまだかつて味わったことのないムズ痒さがお尻からふとももにかけて湧いてきた。
気が狂いそうな痒さ。発狂寸前。狂気の沙汰。

かきむしりながらもひたすらジョイクロを投げる。
見ず知らずのフローターに変な目で見られようが関係なし。
そんな状態でもどうしてもジョイクロで釣りたかったのでみなさんより1時間ほど粘ったのに釣れなかった。

結局この痒さの原因は不明。
水中の琵琶湖虫の卵がウィードに水と一緒に入ってウェーダーの中で琵琶湖虫が孵ってるんちゃうかなんていうエグい想像もしたけど、そんな形跡も見られなかった。


8/1(土)

激しい雷雨により一旦ファミレスへ避難。
ドリンクバーで粘りつつ雷雨が収まるのを待つ。
あっそうだった!!!会計のとき番チョさんにドリンクバーのお金渡すの忘れてた!!!
今度会ったとき渡します。すいません。
夜0時ごろ、場所を変更してスタート。

だいたいワンシャで水面~ウィード間の距離を探ってから、それに応じてバジェットでトップの反応を見たりジャバハー、ジョイクロを引いてみる感じで2時間。

P8023951.jpg

P8023952.jpg
ワンシャとバジェットで1匹ずつ釣った。
ビッグベイトを引きたいので自然と沖へ沖へ。
そして風に流されエリ付近へ。
ジャバハーを投げてたとき、回収しようと思ってシャーッと早巻きしたら手前5mあたりで

グイッ!!!

反射的に即アワセ

ギュルルルル!!!

うおっ!!!見たことないくらいドラグが鳴ってる!!!
手前5mということもあり即ネットで取り込む。

P8023953.jpg
やった。これは明らかに50越えてる。
上陸後に正確に測るためスカリに入れる。
昨日と同じミスはしないよう慎重に入れた。

その後はもう一つの目標であるジョイクロでのゲットを目指し、ジョイクロ中心で投げてた。

グンッ!!!

よし来た!!

P8023955.jpg

よし、これもでかい。50あるかないか微妙くらいか?
これもスカリに入れとこう。
今写真を編集してて気付いたけど、この時点でジョイクロの尻尾は取れてたんだな。
暗かったからわからなかったけどこの後のジョイクロは尻尾なしで投げてたのか。

その後もジャバハー、尻尾なしジョイクロで1匹ずつヒットしたんですがどっちもバラしてしまいました。
ジャバハーは水面で跳ねられて外され、ジョイクロはウィードに潜りこまれて。
ファイトの仕方も経験を重ねて上達せんとな・・・。

そうこうしてるうちに天気が荒れてきた。
しかも結構沖まで来てるがトイレの我慢がけっこうキツい。
暗いせいもあってエントリー地点を見失ったりウィード地獄に突っ込んだりと手間取って、この日のトイレの限界度は過去最高だったかもしれない。
膀胱破裂するかと思った。ファミレスのドリンクバーのせいか?

上陸したら先に片付けてたフローターさん、番チョさんと計量、撮影していただきました。
ありがとうございます。
P8023960.jpg
ジャバハーの方は53、ジョイクロの方が47でした。
自分で言うのもなんですが、文句なしの50Upですね。
初めての50Upがビッグベイトってのも嬉しい。

P8023956.jpg

来年の年賀状の写真はこれにしようかな。
薄暗いしあいにくの天気だけども釣果は文句なしやし。
色彩を明るめに編集したら使えるかな?

上陸後はまだ残って頑張ってるりんさん、みっちさん、ぽっぷさんらを待ちつつフローターさんといろいろお話しました。
50Up釣れたのはいいけども、回収してた早巻きでかかったのでなんだかまぐれっぽいなぁと言う私に、
「いや、釣れた魚は皆、釣れるべくして釣れてる。まぐれで釣れた魚などいない」
というフローターさんの決め台詞が格好良かった。
俺よりもフローターさんの方が喜んでくれてたような。
このポイント、使うルアー、その動かし方、その理論など、この1匹を釣るための知識や技はほとんどフローターさんから教わったものです。
フローターさんだけでなく、普段から釣行で参考にさせていただいている皆様にも心より感謝しております。
ありがとうございました。



はい、というわけで私の人生初50Upでした。
前の日記でも書きましたが8月中に50Upを釣るというのを目標にしてましたが、2日目にして目標達成です。
これで呪縛から開放されました。
この目標を達成するためにお盆休みも半分以上は琵琶湖に通って、実家に帰る日にちを減らそうとか思ってたんですが、余裕を持って帰省できそうです。

大きな目標は達成したとはいえ、まだ私はようやくスタートラインに立ったかどうかも怪しい状態かもしれません。
いくつかある今後の目標の一部を挙げるなら・・・

・いつかは夢の60を狙いたい
・苦手ルアーの克服
・琵琶湖以外のフィールドでもビッグベイトで釣る
・琵琶湖以外のフィールドでも50Upを釣る
・問題のルアー、エイリアンorクワガタで釣る(←最難関?)
etc・・・

とりあえずジョイクロのしっぽを買いに行かねば。
ビッグベイトで釣る楽しさを知ってしまったので、今後はますます金が出て行く気が・・・。
もうこの深みから抜け出せない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。