Lv.1
結論から言うとまたもや2連敗。
今季入ってから6連敗です。未だに1匹も釣れておりません。

いやぁ~それにしてもこの土日は寒かった!!
北からの寒波の影響で最低気温0度とか。
普通なら外に出るのもおっくうな天候なのにわざわざ下半身を水に浸した状態で湖に浮かぶとか、冷静に考えたら気が狂っとる。
しかしそれでも行ってしまうのがバス釣りの麻薬のような魅力です。

まず1日目は木の浜でした。

雪
琵琶湖大橋と観覧車、雪化粧の比叡山脈。この雪解け水が琵琶湖に流れ込んでいることであろう。

秋の大会で釣ってた浚渫跡、水門付近、エリのあたりを探ったが全然ダメ。
しょうがないからエントリー地点付近のエリとかもさぐったがやっぱりダメ。
風が強くなってきたので撤退。

帰りに大津市内にある「ソニックスピード」という釣具屋さんに寄りました。2回目の来店です。
店長さんがハンドメイドルアーのビルダーらしく、中古ルアー以外にオリジナルのルアーもいっぱい売っております。
ライディーンというシリーズのオリジナルのワームを買いました。(オニカブト)
ラバージグのトレーラーにちょうどよさそうな形、大きさだったもんで。

でもレジに持っていったら店長さんが「どうやって使いますか?」みたいに聞いてきたので
「ラバージグのトレーラーにしようと思ってるんですけど」と答えたらちょっと不満そうな顔をしていた。

本当はテキサスやダウンショットで使って欲しいんですって。
ワームそのものに自信がおありなんでしょうね。
確かにおもしろい形と動きをしてたから、今度使ってみようかな・・・。

ソニックスピード HP

そして二日目はカネカ。
ソニックスピードの店長さんが「木の浜はまだ早い」と言ってたので木の浜に見切りをつけ、カネカに出た。
でもやっぱりつれなかった。
オカッパリの人が連れてるの見たんだけどな。

しかしこの日もさぶかったぁぁぁ―――!!!よく風邪ひかなかったもんだ。
釣りをしながらずっと「なんかあったかいものが食べたい!! ラーメンが食べたい!!!」とか思ってました。
だから帰りに適当なラーメン屋に立ち寄って食べました。うまかった。


二日間で思ったのは琵琶湖って10時くらいになると風が吹いて強制撤退させられるよな・・・ということ。
本当はもっと昼過ぎまでのんびりやってたい。
だからリザーバーとかで釣りしたいなぁ・・・。でもいつものダムはさらに増水して濁ってたし・・・。

ということで、この週末は日吉ダムに行ってきます。
ducksの会長やてらさんに情報をいただきました。

なにげに会長は俺の家のかなり近くに住んでいる模様。
昨日近所の王将の駐車場で待ち合わせをして、日吉ダムの地図を見せてもらいつついろいろ教えていただきました。

はたしてどうなることか・・・。連敗脱出なるか?
初めてのフィールドだから難しいかな・・・。

とりあえず水量とかがどうなってるかわからんので偵察してきます。
スポンサーサイト
かなり間が空きましたが東京の話の続きです。
ぐっさんとの合流後、後輩が飼育員をしている動物園へ行った。

後輩が飼育員になったというのは今年の年賀状で知った。
「3月には送別会行くし、時間があったらいくからね。」みたいに伝えておいたので、その通り行ってみた。

雨だったので人も少なめ。動物も巣に隠れ気味。

卒業式以来の再会でしたが後輩は元気そうでした。レッサーパンダの担当なんですって。
可愛いですよね。羨ましい。

レッサー
雨だったけどマーキングのためにせわしなく木を登ったり降りたりしておりました。

そしてなんと特別に、関係者以外立ち入り禁止の裏側にこっそり案内してもらいました。
そこに人工飼育のペンギンがいて、ペンギンに触るという貴重な経験をしました。

ひじき

手触りは短毛の犬みたいな感じかな。
水を弾くために油分は多め。

もうちょっとだけつづく。
ゆるせない話4が先週の月曜日にあったらしい。
あぁぁぁぁぁぁぁ見逃したあぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!
くっそ――――――――――――――――!!!!!!!!!!!!!!!!
ここ最近のダウンタウンの番組で一番好きやのにぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!!!!!
関西テレビのボケ!!!!!!!!!!!!!!こんな中途半端でわかりにくい時期に放送しやがって!!!!!!!!!
ちゃんとフジテレビと同じ時期に放送せい!!!!!!!!!!!

【解説】
ゆるせない話4は不定期でやっている特番。
関西ではなぜか1クール遅れで放送されており、放送時間帯は番組HPにすら載らない。
こんなにおもろい番組なのに見逃した自分がゆるせない!!!!!!!!!!!!!!
そしていちいち1クール遅らせてわかりにくい時期、時間帯に放送する関西テレビがゆるせない!!!!!!!!!!!!




本当は↓のサイトで見れるけど録画して保存できなかったのがゆるせない・・・。
http://waraimasu.blog40.fc2.com/blog-entry-978.html
三連休は三日とも釣りにいったわけですがタイトル通り三連敗。
つまり三日とも1匹もつれなかったわけで。
三日通してアタリ一つなし!!!トホホ。

釣果報告に入る前に今シーズンデビューした私の新しい相棒をご紹介。

ZF-158VHと申します。

ゼファー

シートが高くて水の抵抗が激減だとか。

ゼファー2

そして何より決め手だったのはオール付き。
これでハイポジションもあいまってかなりのスピードで移動できます。
このスピードと機動力を活かしてより広く、より多くのポイントを探れたり、おなじみのフィールドでもより奥へ進めるってわけですな。


【20日(金)】
来月の大会の開催場所である木の浜へ行ってきた。
21時に寝てam3時に起きる予定が0時に起きてしまい、寝なおす気にもなれなかったのでゆっくり支度をして出発。
4時ごろ到着したけど既にオカッパリの方々が7,8人はいた。

去年の大会と同様に浚渫跡付近を探ったが全然つれなかった。
この日は深夜なのに14℃ほどある生暖かい天気だった。

日の出後の方が逆に雨が降ったり風がふいたりで寒かった。
8時ごろには風が強くなってきて強制撤退。


【21日(土)】
いつものダムへ。去年9月の大会があった場所です。
天気予報で朝は2℃と聞いたときはさすがにやめようかと思ったけどやっぱり行った。
さすがにむちゃくちゃ寒かった。
久しぶりのホームはかなり増水していた。そして抹茶みたいな濁り。
早速オールを駆使して今まで行ったこともない上流へ。

上流

上流から緩やかな流れに乗って川下りしつつ探ったが全然ダメだった。
でも日差しがぽかぽかと気持ちよかった。なんか久しぶりだなぁこういうの・・・。

ウォッチャー

バードウォッチングに来てる人が結構いました。
結構山の中ですからね。
バードウォッチャーをウォッチングする俺はバードウォッチャーウォッチャー。
略してBWW。

【22日(日)】
増水して濁っててあんまりいいコンディションじゃないけどまた昨日のダムに来た。
本当はまた木の浜にてらさんたちと一緒に行こうと思ってたけど朝起きたら5時半だったから仕方なくここにした。

今度は下流に行ってみた。

下流

まぁ同じく全然釣れなかったわけですが。

撤退してエントリー地点に戻ってきたらオカッパリをやってる人が2名いて、

「あのぉ~・・・向こう岸の木にルアーが引っかかっちゃってるんですけどどうにかなりませんかねぇ?」
と言われ、
「それは遠まわしに僕に向こう岸に渡って取ってくれって言ってるんですね。」

と、つい思ったことがそのまま口に出てしまった。お互い苦笑い。
しかし見てみると地上5mくらいの枝に引っかかってる。
そんなの向こう岸に渡ったところでどうにもならんだろうに。

とは思いつつも「いいですよ。」と快く引き受け、向こう岸に渡った。
でも木をゆするので精一杯。全然取れましぇん。

「ありがとうございます。もういいですよ。」
といわれたので素直に戻った。

聞くところによるとかなり高級なルアーなんだとか。
メーカーの名前は忘れたけど聞いたことない名前だった。(俺があんまり詳しくないだけ)

でもそもそも高級ルアーでオカッパリってのは自殺行為でしょう。
しかも高級ルアー使っといて地上5mの枝に投げる大暴投とか・・・。

コントロールを磨くか、ボート、フローターで使うか、実戦では使わずコレクションとして部屋に飾っとくのが正解でしょうね。


そんなわけでみなさぁ~ん!!!
あのダムのスロープの川の向こう岸、地上5mあたりに高級ルアーらしきミノーがぶら下がってますよぉ~!!!
石とか投げて叩き落して、拾ってヤフオクとかで売ったらお小遣い稼ぎになるかもですよぉ~!!!!
13日の金曜夜、会社終わりにそそくさと身支度をして京都駅へ向かう。
22:40の夜行バスに乗って東京へ。
夜行バスなんて学生のとき以来だった。
新幹線なら\12000するのを\4200で済むのは助かるが、もう二度とこの夜行バスには乗りたくないと思った。

学生のころ乗ってたJRの夜行バスは3列シートでリクライニングも深く倒せるやつだったけども今回のバスは普通の4列シートのバスで、脚はろくに伸ばせんわリクライニングもほとんど倒せんわ、すぐ隣には見ず知らずの他人がいるわで、窮屈極まりなかった。
俺は左側の窓際だったんだけども右隣の人にもたれてしまうまいと7時間常に重心を左側に。寝ながらもその姿勢をキープ。東京に着くころには首が痛かったしなんか吐きそうだった。

そんなバッドコンディションに追い討ちをかけるような微妙な小雨の中新宿に降り立つ。

ぐっさんとの待ち合わせは12時半だったんで、それまでの時間つぶしは予定通りに赤羽と亀有で過ごした。

赤羽には某漫画の舞台にもなったちょっと変わった飲み屋があって、そこに行ってみたかった(詳細は近日公開)。
亀有はベタにこち亀の銅像を撮ったり、下町風情を味わいつつ商店街を歩いてみたりしていました。
両津
両さん像。
3.jpg
小学生時代の両さん像。
モデル
こち亀のモデルとなった交番らしい。確かに言われてみれば・・・って感じ。
親切に道を教えてあげてるんでしょうか。


そして待ち合わせの時間になり、ぐっさん&グリコと久しぶりの再開。
ぐっさんとはGW以来、グリコとは学祭以来。
ここ数日ずっと「あと○日でグリコに会える・・・」みたいに思ってたし、早く会いたいとうずうずしておりました。
ぐっさんの車に乗せてもらうやいなやグリコに熱烈な歓迎を受ける。

「キャ――――!!!お父さ―――ん!!!!」

と言わんばかりにむしゃむしゃと顔から耳、首を舐められまくり。
一方俺もそれに応戦するようにグリコのお腹、喉元、ほっぺ、耳の裏側、腰のくびれをわしゃわしゃと撫でまくり。
そんな状態が5分以上は続いた。

「おぉ、いい子にしてたかグリコ。」
「はい。もちろんですとも!!!あぁ・・・この味、この匂い、この撫で方・・・間違いなくお父さんなんですね・・・。むしゃむしゃむしゃむしゃ。」
「うん、俺も会いたかったぞ。わしゃわしゃわしゃわしゃ。」
「むしゃむしゃむしゃむしゃむしゃむしゃむしゃむしゃむしゃむしゃむしゃむしゃ。」
「わしゃわしゃわしゃわしゃわしゃわしゃわしゃわしゃ・・・・(ずいぶん長いな・・・。)」


ぐっさんにも「いつまでやってんの?」と呆れられ、終わる頃には激しさと長さで首がヒリヒリしていた。
まぁ嬉しかったけど。

ねむねむ
1時間後のグリコ。ネムネム。ここ数日卒業式などで忙しかったようだ。
子分
グリコが着ていたシャツ。親分命か。かわいい子分じゃないか。


ねむねむグリコ
今月11日に大学の卒業式がありました。
ケネル同期のうち3人が卒業だったんで、本当は行って一緒に記念撮影したり花束を渡したかったんだけども、よりによってその日が今月一番仕事が忙しい日だったんで泣く泣く断念しました。

だから代わりに花束を贈りました。桜の花束です。

いねぇし2

↑メッセージカードに載せた写真。
4年のときのペットショー後の写真です。
なんか青春・・・。

3人とも凄く喜んでくれました。
「意外とロマンチストなんだね。」とも言われましたが。

そしてこの土日は送別会があったため東京に行って来ました。
非常に充実した濃密な時間でした。
2つ3つに分けて書きます・・・。
mixi.jpg

一週間更新してなかったらこういうのが出るんですね。
ブログもmixiも初めて結構経つけど知りませんでした。

今後は釣りがシーズンに入るので、休みの日には釣りにいき、平日にはその釣果を聞きたくもないのに報告という感じのつまらない記事が11月まで続くかもしれませんし、また1週間以上あくこともあるでしょうが、元気にやっていますのでご心配なく。
日曜に衝撃的なニュースがあって以来ずっと落ち込んでいる。
今日も仕事中に思い出しては溜め息ばかりついていた。

放送室が終了だなんて・・・・・・・・。

はぁ~・・・・・・・・・・。
松本さぁ~ん・・・・・・・・・・・・。

俺を含む多くのダウンタウンファン、放送室ファンが嘆いております。

いつの間にか俺は松本さんが好きなものはなぜか俺も好きになったり興味を持ったりして、松本さんが気にいらないもの、嫌いなものは俺も気にいらなかったり嫌いになったりという、雷禅と北神みたいな関係になっていた。(幽白の話)
だから俺は松本さんの一番素に近い部分が見れる放送室が大好きだった。

お二人が幼かったころの尼崎の思い出話とか、真面目に笑いについて語り合ったりとか、どれも全部好き。
ガキの使いやすべらない話、あるいはごっつの頃の収録裏話なんかもファンにとってはどれだけ貴重な情報だったことか。
そしてそれがちゃんとおもろいし、その裏話を聞くことでさらに番組の面白さが倍増したり。

ダウンタウンが好きだっていうのを人に伝えるときも、「ダウンタウンの番組ではガキの使いが一番好き。見る人を選ぶような回もあるけど、一番ダウンタウンがやりたいことやってるから。でも、ダウンタウンのどの番組よりも一番好きなのは放送室っていうラジオ番組で・・・」みたいなことは毎回言ってたなぁ。

あと、プレイボーイの「松本人志の怒り!!」もこの春で終了だそうです。
松本さんの言うとおり完全にプライベートなことは遮断するんですね。

テレビが大不況といわれる昨今だから、DX、HeyHeyHey、リンカーンが予算の都合で打ち切られたりすることもあるかと多少は覚悟してたけど、ガキの使いと放送室だけは終わってはいけない最後の砦だと思っていた。

だから余計にショック・・・。
なんか去年5月の騒動も松本さんのモチベーションの低下の一因らしいですね。
あれがただの曲解だというのはこれを聞いたら分かるんですけどね。↓



自殺する奴はアホっていうのはこの第266回の内容も踏まえての話だったんですよね。
松本さんすごいいいこと言ってるじゃないですか。
少なくとも肩書きだけで偉そうにコメンテーター名乗ってるような人らよりかは。
こういうことを誰も言ってなかったし。

内容を捻じ曲げて騒動を起こしたマスゴミ達本当に死ねばいいのに。

復活は期待していいんだろうか・・・・。
せめてガキの使いのトークを増やしてもらいたいな・・・。
ここ数年は年に数回しかないし。
昔は前半はOP企画、後半はトークってのが基本スタイルだったな。
たまに1本全部トークだったり、未公開トーク集だったり。

例えば最近で言えばこの回の12:00~15:50あたりとかが最高にツボで、何回も聞きなおしたりしてたけど、松本さんも最近はテレビでこういうトークに尺使ったりしないですしね。
本当にこういう下らないトークで笑える放送室が大好きだった。



はぁ・・・。
ダメ元で復活を期待しつつ、391回分、何回も聞きなおそうかな・・・。何回聞いてもおもろいし。
探してたらなんとなく見つけた。超人機メタルダー。そのOP。



※音量注意

君の青春は輝いているか?
本当の自分を隠してはいないか?

君の人生は満たされているか?
ちっぽけな幸せに妥協していないか?

宇宙全体よりも広くて深いもの
それは一人の人間の心

愛が欲しければ誤解を恐れずに
ありのままの自分を太陽にさらすのだ


(↑メタルダー色にしてみた。)
熱い。なんて熱い唄なんだ。
あの頃の自分にこの唄の熱さがわかるわけがない。

自分的には機動刑事ジバンがドンピシャ世代だったんで(当時4歳)、2作前にあたるメタルダーはレンタルビデオで見てました。

一部ジオラマ模型などを使ったアナログな手法の映像が垣間見れます。
なんせ当時はCGってものがないですからね。
その分爆薬をふんだんに使ったこの迫力は圧巻です。

巨悪に一人で果敢に立ち向かう。
これぞ特撮ヒーローの王道。
(本当は内容ほとんど知らない。)