Lv.1
車を修理に出したり、保険会社とのやりとりがあったりと未だ車上荒らしの一件の渦中におります。
この週末は今年の釣り初めに行きたいと思ってたのに修理は来週一杯かかるとか。

そんなつい先日、修理会社との電話でのやりとりの一コマ。

修理会社の担当者「・・・という流れに今現在なっているんですが、何かご不明な点などございますでしょうか。」
「えぇ~と、一応警察の方からカーナビの品番を聞かれておりまして、それを教えていただきたいんですけども。」
「はい、わかりました。えぇ~とですね、CN-HDS635RDです。」
「えぇ~と、しーえぬ はいふん ・・・ 〆(..)メモメモ」
「はい、CCガールズのCに、NISSANNのNです。」
「はい、で、続きが えいちでぃーえすろくさんご、あーるでぃー ですね。」

などと言いつつ、皆様も引っかかったであろうあることに俺も一瞬絶句しかけた。
この2009年にCCガールズて・・・。。

普通に「ABCのC」とか、そうじゃなくても「ビタミンCのC」とかいろいろ言い方あるし、それ以前になんていうか・・・漢字とかなら「伊藤の『藤』は『フジ』のほうの『藤』と書きます」みたいに説明することはあるけど、いちいちアルファベットをそんなふうに説明すること自体必要ないやろ。

「NISSANのN」っつーのもそんなに的確じゃないし、しかも車が三菱のやから三菱の修理会社に出してるのに他社の会社名出してくるって・・・。

などと、いろんなことが頭を過ったが最後まで平静を装った。

なんとなく、もしかしたらこの担当者も自分で『なんで他にもいろいろ言い方あるのにCCガールズとか言ってるんだ俺は・・・しかも他社の名前まで出してくるし、それ以前にアルファベットなんてここまで堅苦しい説明してまで確認するようなことじゃないのに・・・』みたいなことを電話しつつ耳まで真っ赤にして考えてたり、あるいは電話を切った後でそんな自己嫌悪に浸ってたんかなと思ったら触れなくてよかったなと思った。

しかし、

「はい。わかりました。・・・・でも、いくらなんでもCCガールズはないですよね。」
「はい。ないですよね・・・。ちょっと自分でもどうかと思いました・・・。聞かなかったことにしてください。」

みたいなやりとりがあってもそれはそれでアリだ。
スポンサーサイト
昨日のガキの使いはいつもと同じ時間帯なのになぜか去年の5月のやつの再放送だった。
調べてみると昨日の内容は「史上最多パイ投げ地獄ゲーム」だった。
そういえば高校のころにも松ちゃんの罰ゲームの「ノーリアクションパイ投げ」も「内容が不適切だから」みたいなよくわからない理由で放送されなかったことから同様の理由でこんな措置なのだろうというのがすぐわかった。

なんだかなぁ・・・。
何を持って不適切としているのかよくわからん。
こっちは見たいのにそっちのさじ加減で関西圏のダウンタウンファン、ガキの使いファンの見る権利を一方的に剥奪されてるようなもんだろうこれは。

ていうかパイ投げがあかんのか?
パイ投げぐらいなら最近でも他の番組でやってるんちゃうんか?
パイの数が多すぎるというのが問題なのか?
50個以上はダメ、49個まではセーフみたいな線引きでもあるのか?
ほんまによくわからん。

もともと日テレなら日曜の22:56~なのを平日の深夜に放送してるんだからこの程度で内容云々にまで口出しすんなっつーの。

関西といえばお笑い、お笑いといえば関西 みたいなノリがあるようで、実際にはそうでもないですね。
しりとり竜王戦やワールドダウンタウンも放送されてなかったし、肝心のガキの使いがこんな不遇な扱いでは。
松本さんや菅Pも言ってたけど、一応日本テレビ系列では笑点の次に長くやってる長寿番組。
メンバーを交代してないことを考えれば実質一番長い。そんな伝統ある番組をこんな扱いしたらあかんよ。

ちなみに昨日本当なら放送されるはずだったもの↓

http://pop.weblike.jp/veoh/?a=v17502821kMEF4wmD

見て分かるとおり、パイ投げはメインのようで別にメインじゃない。
ダウンタウンの二人が無理矢理難癖をつけて自分達は汚れまいとするやりとり、その強引な難癖の付け方、それに戸惑う若手の姿、全体的に漂う小芝居感と必要以上のピリピリ感みたいなものがメインなわけで、別にケツバットとかタイキックとかチンコマシンでもよかったわけで。


――――などと、早とちりな解釈で読売テレビ批判してしまったことを心よりお詫び申しあげます。
本来の理由は裏番組にフットボールアワーが出演しているため・・・のようです。
しかしそれでも放送時間をずらすなどの処置を取れば見ることができるわけで、結局この措置の仕方では関西圏の人はフットボールアワーが出演した回は諦めるしかないわけで。
なんとなくみつけた画像。すごいメンバーですね。

漫画家

楳図かずおといえば漂流教室、永井豪といえばマジンガーZ&デビルマン、藤子不二雄といえばドラえもん、さいとうたかをといえばゴルゴ13なのにそれぞれ別の漫画のキャラになっているので、かなり古い写真であることがわかりますね。
森章太郎が石森章太郎になっている。1984年まではこの表記だったらしい。
こちらも仮面ライダーやサイボーグ009ではないんですね。

さいとうたかを先生の番号が13なのはちょっとした予言というか、奇妙な偶然だ。
思わずニヤリ。
最近のお気に入り、サッポロ一番プレミアリッチシリーズ。
美味しいです。
サッポロ

スープはもともと美味いのでさほど差は感じられないけど、麺のつるつるしこしこ感はまるで別もの。
白菜、しいたけ、にんじん、ネギ、もやしなど余った野菜 + 鳥肉or豚肉だけでめちゃうまいので、冷蔵庫の残り物処分料理としても活躍してくれます。

ちなみにしょうゆは俺がいつも寄ってるスーパーにおいてないので食べたことない。
P2210113.jpg
P2210112.jpg

本当はこの土日に帰省するつもりでした。
2連休だけど3月から釣り復活するからこの土日に帰省し、来週からは全ての土日を釣りに使う勢いで・・・っていうくらいの意気込みだった。

仕事が終わって身支度をして、早速出発しようと車に乗ってから窓ガラスが割られてカーナビを外されたり車内を荒らされているのに気付いた。

警察に言っていろいろ調べてもらって被害届けをさっき出しました。

カーナビはだいたい20万、他にレーダー探知機が2,5万くらいで買った。
暗いので他には何が盗まれているのかわかりません。
明日の朝に確認して、とりあえず窓が割られてるからそれを修理に出します。
保険には入ってるし。

先月はぼったくり被害にあったし、2009年始まって今現在月1のペースで犯罪被害に遭ってます。
これも不況の影響でしょうか。来月はひったくり、再来月は空き巣ってところでしょうか。厄年ですね。

それとも俺ってそんなに普段の行い悪いんかな・・・。
確かに昨日はお笑い評論家のごとく偉そうにR-1を批評したりしたけども。

この勢いだと俺は今年中にでも死ぬんだろうか。
今のうちに遺書書いといた方がいいのかな。

俺にはどう見てもバカリズムとCOWCOW山田與志がズバ抜けて面白かったです。

放送室で松本さんが言っていた「ただのキャラ祭りになってないか」という言葉が一昨年から離れない。
例えば第一回優勝者のだいたひかるを最近テレビで見るかっていうとそんなに見ないように、ピン芸人は廃れるときはアッという間。
そのネタ、そのキャラは確かにおもしろいけど、それに飽きられたら次どうするんだろう みたいなのを必要以上に考えてしまって、純粋に笑えないものが多かった。

だから逆に実力者なのを知っているバカリズムと山田與志は安心して笑えました。

山田與志のブログをみたらなんかジーンときた。あのボードの裏にそんなものが・・・。
http://cowcowyoshi.laff.jp/blog/2009/02/post-8ea4.html
優勝しても全然おかしくないネタ、というか優勝できなかったのがおかしいくらいのネタだったと思うんですけどね・・・。

あと、バカリズムはすごく職人気質な芸人さんなのです。
昔オンエアバトルで残念ながらオンエアされなかったときの敗者コメントで
「ちょっとこれは納得できないです・・・。次もこのネタでやります。」とコメントをしてたのは印象に残ってるし、先日の「ゆるせない話」もおもろかった。



松「この『テレビ見ないんだよね』っていうのは誰?」

バカリズム「あ、それ僕です。僕ぐらいの知名度の芸人だと結構飲み会とか初対面の人に『芸人やってるバカリズムっていうんですけど』って言ったら知らないっていう人が結構あったりするんですけど、そんときにですね、『テレビ見ないんですよねぇ~』みたいな、ちょっとフォローなのか言い訳なのかそういうことを言ってくるんですけど、お前が知らないのは俺の頑張りが足りないからであって、お前のテレビ見る見ないじゃないんだと。だから、俺はこれからお前に知られるように頑張っていこうと思うのに、お前がそこでテレビを否定してしまうと俺はこの先どんだけがんばってもお前の目には届かないからそういうことを言うな。俺を知らないのはいいけどテレビ自体を否定するなと。

松「あぁ~そっちかぁ~。」
キム兄「テレビ見ぃひん言うてもちょっとくらい見るやろとかそういう感じかと思った。」
松「なんかネガティブなんかポジティブなんかようわからん。」

正直去年から今年の年末年始番組で一番おもろかったのはゆるせない話でした。


二人とも、今後テレビで活躍できることを信じております。
M-1だってNONSTYLEよりもナイツやオードリーの方が最近よく見かけるし、優勝できたかどうかだけが全てではないはず。

その他、一言感想など・・・
[R-1]の続きを読む
昨日のHeyHeyHeyおもしろかったですね。
昭和の思い出の名曲たちを時代とともに振り返るというよくある企画だったけどもすごくおもしろかった。
曲はラヴ・イズ・オーヴァー(フィーフィー)、翼の折れた天使(中村あゆみ)、恋人よ(五輪真弓)、まちぶせ(石川ひとみ)、星空のディスタンス(アルフィー)など。
いつもは曲はとばしてトークだけ見てるけど歌も全部見ました。

宮迫や勝ちゃん、ダウンタウンのお二人が当時の思い出話をしたり、歌を聴きながら口ずさんだり。

それにしてもびっくりしたのは石川ひとみさんが綺麗すぎること。
テレビとか見てて久しぶりに衝撃的に可愛かった。
しかもスタジオで生で歌ってたんだけども、今でも当時と変わずお綺麗。

さらに調べてみたらびっくり。今年で50歳・・・・。
こ と し で ご じ ゅ っ さ い
ありえない・・・ 隣で歌ってたしょこたんに全く目がいかないくらい綺麗だった。




声が綺麗で歌う姿もお美しいですね。
宮迫曰く「当時小学生だったんですけど、この人が地球で一番綺麗な人なんだろうなと思ってました。」とのこと。
今日会社で密かに「めっちゃ可愛いよなあの人。」「俺もあの時代に生まれたかった。」なんて話をしていました。
なんかここ最近暖かくなってきましたねぇ~。
3月までは釣りはoffの予定だった俺ですが、ducksの方でまだ2月だというのにもう釣りに行ってる人がいたり(一部真冬も休まず行ってる人もいたり)65cmという信じられない化け物を釣った人がいたりで鎮火していた釣り熱が再燃してきました。

そしてついに我慢できず、来シーズンの新艇を発注しました。

↓これ。

ゼファー
ゼファーボートの2009年モデル。

816_1.jpg

以前は↑これと言ってましたが、既にducksで使ってる人もいるたもんで・・・。
まぁ新しいもの好きというのもありますが。
これよりもシートが14cm高いので抵抗が減ってさらに速い移動が可能とか。

とにかくオール付きが欲しかったからこれを選びました。
あと、今まで使ってたポンドスケーターはバッグがなかったから持ち込めるアイテムも少なかったけどこれなら持ち込み放題かな。

しかも来年の大会のルールではオールの使用が認められてるみたいで、これでスタートダッシュに差がつけられるはず。
いつもの釣り場も今まで行ったことないようなエリアまで探りにいけるんではないかと。

ただ、ちょっと重そうだから運ぶのがしんどいかもしれんけど。(13kg)
ベルトで背負えるように小細工してみるかな。
また寝る間も惜しんで釣りに行く日が始まるのが楽しみじゃわい。

あと、ベイトロッドも今までまともなの使ってなかったけどちゃんとしたのを買いました。
メジャークラフトのデイズ、6,2フィートのML。

とりあえず来シーズンの目標は・・・

1.ランカーを釣る。(未だに釣ったことないのがちょっと恥ずかしい・・・。)
2.ラバージグ、スピナベなど釣ったことないルアーでも釣る。
3.大会で1回は優勝、年間ランキングで半分より上位。

しかし来シーズンの大会は3月と5月は日程の都合上欠場するのが既に分かっていたり・・・。
あぁ~あ・・・天候不良で順延とかなってくれたら正直助かります・・・。
今年からは逆もアリだとか。
逆チョコをあげてさらにホワイトデーもあげるんですか。なんなんですか。
お菓子業界の陰謀もえげつないところまできましたね。
逆セクハラとか逆DVとか逆レイプとか、なんでもかんでも「逆」ってつけたらいいってもんじゃないだろうに。

しかし、逆チョコという制度には部分的には賛成です。
2月14日というのは昔から男にとっては期待してはいけないとわかっていてもそれでも1%くらいは期待してしまったりする日なわけで、それでやっぱり予想通りもらえずに帰るときは「まぁ初めから期待してなかったし別に寂しくなんかないもんね。」みたいに一人で強がりつつ帰るというそういう日なわけです。
もちろん一部のモテる人々を除いて。

あのわかってても期待してしまう自分の愚かさ、虚しさ みたいなのを女子側にも味わってもらって
「な?バレンタインって嫌な行事だろ?」と伝えたい。利害関係一致、そして撲滅への同盟結成。

しかし実際には
「もしかしたら・・・という期待があるからこそ、もしもらえるといっそう嬉しい。」

「だからあげよう!きっと喜んでくれるはず!!」

みたいにお互いが刺激しあってよりいっそうチョコの交流が活性化したりするんでしょうか。

通行
あーまだFAX全然書けてない。
でもまぁ明日は休みだし・・・ってことで最近結構怖かった話を。

http://syarecowa.moo.jp/126/52.html

以前も丑の刻参りに出くわしてしまったという話をここに載せましたが、この話はその後がメインです。
長いので時間があるときに読むか、ちびちび読んでください。
【中編のあらすじ】
消費者センターに電話→減額交渉をするように言われる→日本データ糞ノロジーに却下される
という流れを3回。今回はその3回目の電話から(振り込む直前の最後の電話)


振込み期限当日の18:30ごろ、ATMは20:00までしかやってないからさっさと電話。
どうせ減額交渉しても却下されるんだろうし、消費者センターへの報告用に用意した質問をしてさっさと答えてもらったらさっさと振り込んでHDを返してもらおう・・・という感じだった。

減額交渉はあっさり却下だった後、15万という金額は大きい金額なので、振り込む前に納得するためにも、いろいろと質問させていただきたいことがあります という前置きの後、質問に入った。

~中略~

「HPの方に『他社の数分の一の価格で承ります』みたいに書いていますけど、確か最初に私に提示してきた修理代は30万円でしたよね?ていうことは他社の修理代を2倍、3倍、4倍と考えると60万90万120万ってことになりますけど他社に頼んだら本当にこんなに掛かるんですか?」
「えっとですね・・・えぇ~その件に関しましてはですね・・・・他社のことについては当社の方ではわかりかねます・・・。」

わかりかねるのなら何を持って「他社の数分の一」とか言ってたんだ?馬鹿か?
ついでにこのとき電話に出た人は終止こんな感じで、言い逃れをするのに必死だった。
というか、経験が浅いからなのか、その言い逃れもハキハキと返事が返ってこない。
一応ATMはあと1時間半しかあいてないんだから、さっさと一通りの質問に全部答えさせて振り込みたかった。
当然15万振り子みたいわけはないけど、振り込んでさっさとこの一連のゴタゴタから開放されたかった。
どうせ振り込まないと人質にとられているHDは帰ってこないんだし。
だからだんだんイライラしてきた。

「なんていうか・・・もう言っちゃいますけど、この会社ってぼったくりですよね。
「いや、えぇ~っとですね・・・こちらではそういう認識はしておりませんが・・・(苦笑」
「不慣れなところを見ると、あなた雇われの身なわけですよね?」
「えぇ・・・まぁ・・・はい・・・。」
「確かに今不景気で就職難ですけど、だからって人を騙す仕事することはないんじゃないですか?転職した方がいいと思いますよ。親とか友達に仕事聞かれて言えますか?『人の弱みに付け込んでぼったくりやってます』とか。良心が痛んだりすることはないですか?人を騙して稼いだ金で食う飯は美味いですか?」
「いやぁ~・・・そういわれましても・・・(苦笑」
「おっと、すいませんね。ちょっと感情的になってしまいました。でもね、私みたいなもんが例えば月に5万貯金するとしたら相当切り詰めないといけないんですよ。それで切り詰めに切り詰めた生活を3ヶ月続けてようやく15万溜まったとして、その15万をいいように騙されたら怒るなって言うほうが無理ですよね。まぁあなたは雇われの身だしあなた自身は悪くないんですよね。本当に悪いのはこの会社の首謀者ですよね。すいませんね。さてと、じゃぁ次の質問にいきますよ。今回の取り引きの流れで『今電源を切ったらデータが戻らない』とか『今この電話で修理するか諦めるか二つに一つ選んでください』みたいなことを言われましたが、ネット上でも同様の手口が多数報告されていますし、既に今回の件について消費者センターにも相談してますが、全国の消費者センターでも同様の手口がいくつか報告されているようです。で、なぜわざわざデータが修復不可能になってしまうようなリスクの高い作業工程を毎回毎回選んでいるんですか?」
「えっとそういった技術的なご質問に対しましてはこちらの方では・・・」
「この質問にはどう答えるとかいうマニュアルはないんですか?あぁ、マニュアルがないから困ってるんですね。」
「えぇ~・・・少々お待ちください・・・。」(ぴるりらぴるりら♪)

逃げた。長い保留音の後、ベテランらしき人に交代してきた。
さっきと違ってさすがにハキハキと答えてくれる。
ただ、俺は聞いてて、疑問にちゃんと答えてくれているはずなのに全く疑問が解消されないという不思議な感覚を味わった。
解答に見立てた言い逃れを延々と繰り返してただけだからだろうか。その一部はこんな感じ。
面倒くさければ読みとばして可。

Q.今回の症状をもう一度確認したい。
A.モーターの部分からオイルが漏れていたのでそのクリーニングをした。
 ヘッドが破損していたのでデータが読み取れなくなっていたのでその修理をした。


Q.この機種でその症状で、他社に依頼した場合本当に60万、90万、120万掛かるのか?
A.場合にもよってはそれくらいかかることも十分あります。
↑これも今書いてて気付いたが「場合によっては」も何も「この機種でこの症状」の場合だっつーの。
「『場合によっては』とか言い逃れせずはっきり言ってもらえませんか?この機種、この症状でそれくらいかかるんですね!!!?」
みたいにもっと強気で詰め寄ったらよかったな・・・。

Q.高度解析費4.5万、磁気情報修復作業費6.5万、安全復旧希望データ復旧成功費3万とのことだけども、それぞれどういう費用なのか?
A.高度解析費・・・故障したHD内のデータを吸い上げる作業に掛かる費用
 磁気情報修復作業費・・・吸い上げたデータを組みなおす作業に掛かる費用
 安全復旧希望データ復旧成功費・・・データの破損状況によって変わる成功報酬


Q.で、結局それらは簡単に言えば何のための費用なのか?人件費と技術費で合計15万になっているのか?
A.そういった質問に関しましては作業員に確認してみないとわからない点もありますので、HDを返送する際に作業内容報告書を添付いたします。

Q.(さっきも聞いたが)なぜわざわざデータが修復不可能になってしまうようなリスクの高い作業工程を毎回選んでいるのか?
A.簡単に言うと電気信号のようなものをHDに送って、その反応を見て診断する必要がある。そのために通電している。

Q.なら今回の症状はモーターのオイルが漏れているとかヘッドが破損しているとか、明らかに肉眼でわかるような症状なのに通電する必要はあったのか?
A.そういった質問に関しましては ~略~ ので、添付する作業内容報告書をご参照ください。

Q.30万のプランを断った後で15万のプランを提示してきたが、なぜ最初から15万のプランを提示してこなかったのか?
A.HDが故障した場合早急に修理しなければ復旧が困難になるので、通常早期復旧を前提に作業をする。
 今回の15万のプランはあくまで人員を削減し、期間も3週間に延ばしてというある程度のリスクを踏まえたプランであるので最初から提示するわけにはいかない。
 技術員との相談なしで勝手に提示できるものでもない。


Q.30万と15万では倍も差があるのだから依頼者に期間に余裕があるか聞いて、15万のプランも紹介するのが普通ではないのか?
A.我々はあくまでHDを復旧するという技術を仕事としているわけであって、お客様を一段上の立場としてサービスを提供するわけではありませんとかなんとか。

・・・etc
既に素人目に見てもおかしな点がいろいろありますが、同業者、他社に聞けば「そんなの嘘に決まってんじゃんwww」ってレベルの言い逃れも多々あることでしょう。

「はい、わかりました。私の質問は以上です。では、お金はちゃんと振込みますんで、HDの方は安心できる状態で確実に配送していただくようお願いいたします。嫌がらせのような質問ばかりですいませんね。」
(貴様の聞き苦しい言い逃れはちゃんと記録したから、お前らをぶっ潰すための材料として好きに使わせてもらうぞボケ。身代金払う以上はちゃんと人質のHDを返せよ!!返さんかったり状態に不備があったら今度は警察沙汰にするからな!!!)


「いえいえ、とんでもない。データが破損して不安になるのは当然かと思われますし、嫌がらせともなんとも思っておりませんので。また、疑問点や不安なところがありましたら今後もお電話くださいませ。」
(こちとら詐欺歴長い百選練磨だからその程度のクレームぐらい嫌がらせでもなんでもねぇんだよ!!何度でも掛かってきやがれ!!)

「はい。では失礼します。」
「失礼しまぁ~す。」

と、お互い仲睦まじく電話を切ったのであった。

HPでも電話でも言ってたけど「お客様のデータを最優先に考えて」とか本当によく言うわ。
どの口が言うんだか。死ねばいいのに。
「人の親切を疑ってはいけない」みたいに考えてたのが馬鹿馬鹿しく思えてくる。
ゴルゴ13と必殺仕掛人に同時に仕事を依頼したい気分だ。

とにかく今回の件で、検索で上位に来たから大手だとか安心できるとかいうわけではないっていうのと、詐欺師は身近に実在すること、そんで相手から金を取るためなら何の罪悪感もなく平気で嘘や奇麗事を言うことなどをよく学んだ。

というわけで私生活でも私と関わりのある皆様、今度会うとき私が以前にもまして疑り深くなったりしてたとしてもご理解をお願いします。

今回の件は他にもいろいろ書くことはあるけどキリがないのでこんなところで。
ただ一つ言い残しておくならば、電話で言ってた「作業内容報告書」は添付されていませんでした。
だからそれもまた電話して送るよう言いました。本当にちゃんと届くんだろうか。本当にこの会社どうなってんだか。
また時間があって気が向いたらこぼれ話を書いたり話したりすることもあるかもしれませんが、消費者センターへのFAXがまだ書けてないのでそれを書き上げるまでは更新を停止します。
それまで仮面ライダークウガでも見ててください。
ではでは。
カバ
82b5d7f5.jpg
平成ライダーを1話から最終回まで全部見られるサイトを発見した。
http://videonavi.blog66.fc2.com/blog-entry-1327.html
これでTSUTAYAいらずですね。
別に仮面ライダーじゃなくてもドラマや映画もいろいろ見られるようなんで、暇な方はサイト内いろいろ探してみてください。
「家なき子」とか「イグアナの娘」とかあった。懐かしい・・・。


自分が個人的に好きで見直したシーンor今後時間があれば見直すシーンは以下の通り。

クウガ・・・全体的に好きだけどしいて言うならやっぱり最終回。最終回だけ見るのも味気ないし、今ちびちびと一話ずつ見直していっています。

アギト・・・第18~19話のピクルスサンドの話。刑事ドラマのようによくできた話です。他には46話の「コーヒーを頼む・・・。」のシーンは泣ける。あと、最終回はやっぱりいい。三人のライダーたちがそれぞれの道を進んでいく感じが。ちなみにアギトのテーマは「自立」だそうです。
    
龍騎・・・34話。龍騎が初めてサバイブになるシーン。何回見ても鳥肌が立つ。

555・・・第7~第8話「夢の守り人」あたりの人間ドラマが好きです。「夢を持つと、時々すっごい切なくて、時々すっごい熱くなる。」という台詞はいい。その対比になる「夢ってのは呪いと同じなんだよ。呪いを解くには夢を叶えなければならない。でも、途中で挫折した人間はずっと呪われたままなんだよ。」という台詞も。私が平成ライダーを好きになるきっかけでした。

剣・・・特になし。長い一年だった。

響鬼・・・15~16話。轟鬼デビュー戦。何度見直したことか。あと、第13、14話はジャパンアクションエンタープライズ代表取締役の金田 治氏が監督しているだけあって殺陣がかなり気合入っております。特に響鬼&威吹鬼vs乱れ童子のシーンとか。
響鬼と言えば立花日菜佳 役の神戸みゆきさんが若くしてこの世を去ったことは本当に悔やまれます。

カブト・・・第8話。カブトvsザビー 夕日をバックにタイマン勝負。最終回の最終決戦もなかなか熱い。

電王・・・第5話~14話あたりのウラ、キン、リュウの三人が順番に仲間になっていくあたりの話は好きだった。それぞれが車両を持ってて、その巨大戦の見せ場もちゃんとあったりして。


字幕が入ってたり、メディアによっては音声と映像がズレてたりするのが残念ですが、「あのシーンをもう一度!!」という方は利用してみましょう。
別に節分の季節だからというわけではないけどもスーパーでなんとなくミックスナッツを買った。
アーモンド、ピーナッツ、カシューナッツなどいろいろ入ってるけど一番好きなのはやっぱりピスタチオです。

ピスタチオ

塩味と香ばしさもさることながら、なんといってもこの独特でほのかな苦味がやめられない。
一粒一粒でその苦味と塩味のバランスが絶妙に違うので、食べてて飽きないんですね。
パチンと殻を取るだけの価値はある。

アーモンドはカリッと感と香ばしさにおいてはダントツの存在感ですね。
カシューナッツは妙にもろくてボロロっと噛み砕ける感じがなかなか。

ナッツ類は嫌いではないけど脂肪分が気になるのでたまの贅沢です。
普通なら酒のつまみにするんだろうけど酒飲まんし。