Lv.1
しまぶーの新連載、「トリコ」にはまっている。
来週は12話目にして早くも表紙&巻頭カラーだとか。
連載開始のときから第1話、2話を連続で巻頭カラーという特別待遇だったんで、ジャンプの時期看板漫画にするつもりなんだろう。
アイシールドもクリスマスボウルが終わればさすがに終了だろうし。
実際にかなりおもしろくて、久しぶりにコミックスを買うかどうか迷った。(今のところ保留中)

しかし相変わらずしまぶーのパクり癖がちょくちょく垣間見られる。
全体的にハンターハンターのパクリなのは読んでる人ならなんとなく感じているだろうけども(第一話の冒頭がそっくりだったのには「早速かよ!!」とちょっとウケたけど)、それ以外にもちらほらと細かいところが気になる。
例えばハンター以外にも

トム・・・WORSTの村田将五
釘パンチ・・・るろ剣の二重の極み
トリコがレストランを貸切にしての食事シーン・・・バキのオリバの食事シーン

みたいに、多分知ってる人に言っても「そんなに似とるか?」という程度かもしれないけども、読んでてインスパイアしてしまう。
とはいえ、今後も楽しみにしてますよ。しまぶーかなり絵上手くなったと思うし。

ちなみにそれ以外のジャンプの漫画

ネウロ・・・相変わらず好き。だけどもさすがに血族編が終わればやることないんじゃないか。
     年内終了という噂は本当なのかどうかは知らないけども、個人的にはグダグダ続かせるよりは円満に終了させて、知る人ぞ知るB級漫画として後世に伝えていくのがこの漫画にも松井先生にも一番いいと思う。

ワンピース・・・最近面白くなってきた。ストーリーの核心に触れる部分や重要な伏線がなかなか処理されない時期があって結構イライラさせられたこともあったけどもここへ来てかなりの急展開。それにしても黄猿が田中邦衛だったのは意外だった。青雉が松田優作だったんで、石原裕次郎、勝新太郎、三船敏郎あたりの故人の大物俳優でいくと思ってたのに。果たして赤犬は誰なのか、それが今一番気になるかも。

ちなみに、一部ではキラーの正体はギンではないかと言われております。確かに武器も若干似てる。


立ち読みのころは手に取ってパラパラっとめくるのでナルトやブリーチも軽く流し読みしていたけども、最近はダウンロードして読んでるので読むか読まないかの二択になり、完全に読まなくなってしまった。

ナルト・・・結局いつまで経ってもサスケと戦わないのははじめの一歩の宮田みたいなもんか。
    ここ数年ではサソリvsさくら&ちよ婆様のあたりはかなりおもろいと思ったけどそれ以降はずっと流し読み。

ブリーチ・・・更木剣八がノイトラとかいう雑魚を倒すのに4週くらいかけているあたりで見切りを付けた。
     ワンピースとかもそうだけども最近の漫画ってサブキャラと敵幹部との前座試合が多いですよね。
     それにしても4週もかけるのは長すぎる。その内容も「ノイトラ、変身→剣八、力でねじ伏せる→敵、さらに変身→剣八、さらに力でねじ伏せる→・・・」を毎週繰り返してただけだったし。


余談ですが今週の巻末より、アイシールド21の村田先生のコメント

<連載始めてから全然ゲームをやらなくなったけど、ロック
マン9には超期待。ファミコン風で新作って凄ェ!>


実はアイシールドとロックマンには切っても切れない関係がある。
村田先生はロックマンのボスキャラ一般募集に2回も採用されているのだ。
4のダストマンと、5のクリスタルマン(当時14歳)。
さらに3のときも佳作に選ばれたため、スタッフロールにちゃんと名前が出てくる(当時12歳)。
村田先生のデビュー作はアイシールド21よりも、ある意味ではロックマンだったのだ。
スポンサーサイト
今日の夕方ふとテレビをつけると高校野球の南大阪決勝戦をやっていて、PLと近代付属がやっていました。
4点まで開いた点差を逆転し、延長12回で近代付属がサヨナラ勝ちしていました。
なんともドラマティックな展開でした。

最後のサヨナラ得点は守備の悪送球によるもので、当然ながらその選手は責任を感じてうずくまるように号泣しておりました。
今現在試合終了から6時間ぐらい経っているけども、あの選手は今でも死にそうなほど凹んでたり、今晩は眠れないのかもしれません。
本人やそのチームメイト、あるいは本気で甲子園を目指した人にしかその辛さはわからないんでしょうね。

甲子園でスポットを浴びるのは55校だけども、それぞれがここに至るまでにもそんなドラマが全国のいろんな試合であったことでしょう。

去年の夏も今年の春も全然見れなかったし、その分今年の甲子園はちゃんと録画して見ようかな。
今年はROOKIES効果で盛り上がりそうな予感。
いつも通りの四国勢に加えて、今年は関西勢も応援します。
実は20日は久しぶりにMJと会う約束をしていた。
MJは今阿南に住んでるんで、会いに行ってそのまま泊めてもらって、京都に帰る予定だった。
しかし前日になってやっぱりMJに予定が入った。
なので予定変更して、早朝に香川にバス釣りに行った後うどんを食い、その後また釣りをするということにした。

が、2時間後に「やっぱりいける」とかいう連絡が入る。
なんかこういうのって困りますよね。
いけなくなったならいけなくなったでこっちにも他の計画を立てて、それもなかなかおもしろそうとか思った矢先に「やっぱりいける」とか。
微妙にsekiyuと一緒に行くとかいう約束もしかけてたし。

「やっぱりいける」と言われて逆にテンションが下がる俺。
いろいろ話し合って、MJが「ほな俺がそっち行くわ」ということになった。


そして翌日。
sekiyuはりゅっつぁん&たかきにつかまり、ネトゲを朝の5時までやっていたため釣りはリタイヤ。
俺は一人で公淵池に釣りに行った。
9時ごろまでしたけど結局釣れなかった。
うどん屋を3軒回る。

今回一番おいしかったのはここかな。

P1010133.jpg

多田製麺所。かけ小。

うどんを食べた後も釣りをしようかなとか思っていたけどもあまりの暑さにやっぱり帰る。

昼にソエと会い、sekiyu宅にお邪魔する。
MJとの約束の時間はとっくに過ぎているはずだがなぜか全然電話が繋がらない。
事故ってるんではないかと若干心配しつつ、3人で曽江谷川へ釣りにいく。

釣りをしていたらようやくMJから電話が入る。
阿南から実家に帰ってきたら疲れて寝てしまっていたらしい。
結局会ったのは6時くらいで、9時くらいにはまた阿南へと帰っていった。
往復4時間もかかるのにほとんど昼寝するために穴吹に帰ってきていたMJ。
まぁ久々に会ったらいろいろ話せたし楽しかったけどな。

P1010134.jpg
こういう光の筋って綺麗ですよね

P1010135.jpg
曽江谷川も水量が随分減りました。ヌード風呂ももうなくなってしまっているだろうか。

P1010138.jpg
橋の上から獲物を狙う馬鹿たち(sekiyuとMJ)

P1010137.jpg
そして日は沈んでゆく。


この日の釣果・・・4人とも釣れず。
3連休にさりげなく実家に帰ってきました。
あぁそれにしてもさすがに同じ道を通るのも飽きたかなぁ。

P1010132.jpg

朝から帰ったんで初日はうどんなし。なので久しぶりに天竜に行ってきました。
そういえば最近はうどんを食べにいくようになってから天竜には久しく行ってない。
約1年ぶりくらいだったんだけども、お店の人はちゃんと覚えてくれておりました。

頼んだのは味噌と餃子。いやぁ~相変わらず美味かった。

夜にはいわりえ、sekiyu、そして久しぶりになおちに会いました。
なおちは教員採用試験間近なのに付き合ってくれました。ほんまにありがとう。申し訳ない。
また一緒にカービィボウルしよーぜぇー。まともに俺の相手をできるのは多分君だけや。

そしていわりえが俺に誕生日プレゼントをくれました。
なにげに先週に誕生日があったのです。

P1010139.jpg

家に帰って開けてびっくり。超ベジータ貯金箱。
うぉぉぉぉすげぇぇぇぇぇマジでぇぇぇ!!!!?
どうせならこの興奮と感謝の気持ちを伝えるため目の前で開ければよかった・・・。

何が嬉しいかって、俺は確かにDBを完全版で全巻揃えてるほどにめっちゃ好きなわけやけども、中でもベジータが一番好きなんですよ。
DBは知名度が高いだけに、中途半端にしか知らない人は「延々と殴り合いをしているだけの漫画」だとか、「強い奴を倒すともっと強い奴が出てきて、それを倒すとさらに強い奴がでてきて・・・・の繰り返し」みたいにしか思われていないことも多い。
そんな人がいたら、俺はいつもこう言っている。

「ベジータのかっこよさを分かってないうちはDBの面白さをまだ半分も理解できてない。」

と。それくらいに俺はベジータが好きなのだ。
そこまで知ってるからこそ、無難に悟空・・・ではなく敢えてベジータを選んでくれた。
いやぁ~実にわかってくれております。その心配りがなにより嬉しかった。

inyからとのことで、相方のちあきさんからのお手紙も入っておりました。
改めまして、お二方、ありがとうございました。本当に。

ちなみにこの貯金箱、電池式になっていて、コインを入れるたびに王子の名言が聞けます。

・ちぃ、汚ねぇ花火だ!
キュイを爆発させての一言。
・サイヤ人は戦闘種族だ!なめるなー!
変身したザーボンさんにリベンジをするときの一言。
・よくできてるじゃないか そいつは血か?オイルか?
人造人間19号を容赦なく痛めつけるときの一言。
・オレは・・・超ベジータだ!
セル第二形態に圧倒的力の差を見せ付けての一言。
・がんばれカカロット・・・おまえがナンバー1だ
悟空とブウの戦いを見守りながら、全てを受け入れての一言。

興奮のあまり魔人ブウ編を実家から京都に持って帰って読み返してしまった。
やはりベジータはいい。
B'z さまよえる蒼い弾丸、ALONE
cupsel Starry sky
the pillows My hoot
木村カエラ sweetie
浜田省吾 悲しみは雪のように、もうひとつの土曜日
電気グルーブ 誰だ

以下、動画&一言感想、関連曲紹介など。
今月は更新が滞りそうなので暇だったら聞いてくれたら嬉しいです。
[最近好きな邦楽]の続きを読む
シレンに興味がないであろう大半の方々はスルーして可。
[今更ながら シレンDS レビュー]の続きを読む
暑くなってきましたねぇ。
実家から扇風機も取ってきた方がよかったかな。
other1681.jpg

この犬はバセットハウンドという犬種で、耳の長さでギネスに記録されている犬種でもあります。(ギネスの記録は33.2cm)
それに加えて脚が短く、ダックスのようにシャカシャカと歩きます。

この犬種に実際に会ったことも何度かあるんですが、中でも思い出深いのは立川のドッグランにグリコを連れて行ったときのこと。

このときグリコは発情がきてた。後で知ったんだけどもドッグランに行くときは発情中の♀は絶対に入れてはいけないらしい。これ常識。
犬の交配では♀に発情が来たのを♂が臭いで敏感に嗅ぎつけるので、同じドッグランに入ってきたバセットハウンド♂がグリコの発情の臭いを嗅ぎつけ、近付いてきた。

脚の長いグリコがスタスタと歩く後ろを足の短いバセットハウンドがシャカシャカと歩き、グリコの歩いた道筋に沿って追跡してくるようにして近付く様はなんとも滑稽だった。
グリコ本人は気付かないまま、シャカシャカがシャシャシャシャシャシャシャ!!!!とどんどんスピードアップし、その距離がどんどん縮まってきた。

ヤバい!!!グリコがやられる!!
さすがにヤバいと思ったのでグリコの貞操を死守すべくダッシュでグリコとバセット君の間に割り込み、グリコを抱き上げたが、完全にスイッチが入ったバセット君は短い脚で俺に何度も飛びついたり、脚に抱えついて腰を振ったりし始めた。
苦笑いしつつグリコを抱っこしたままバセット君の飼い主さんに助けを求めたが、当のグリコは
「ん?急に抱っこしてどしたの?」とのん気な顔をしていた。
お前なぁ、もうちょっとでかなりヤバかったぞ。


そのときのドッグランで撮った写真。

P1000044_20080701230337.jpg

このポーズのまま長時間フリーズしていた。
前へ進むのも怖いし後ろへも進めない・・・そんなグリコ。
どうやらおしりが高い体勢になるとフリーズするようだ。
このときもそうだった。

画像 078