Lv.1
できれば携帯で更新とかしたくなかった。
ネットがつながるまで1ヵ月くらいかかるかも。足りない家具家電などをネットで補おうとしてたのに。近辺の地図なども把握できてないしどこで何を買えばいいのかわからん。やっぱネットがないとやってられませんね。
スポンサーサイト
24日に引越しの準備が整い次第KKの家へ向かう。
25日(日)はKKが暇だったら大阪で冷蔵庫などの家電などを買う。
東京で買ってもよかったかなとも思ったけどもこっちの方が若干送料も安いだろう。
KKが忙しそうだったら一人でいく。
26日、新居へ。

とりあえず次の更新はネット環境が整ってからなのでいつになるかわかりません。
この記事はタイマー更新機能によって自動的に更新されております。

なのでそれまで「世にも奇妙な物語」「笑ぅせぇるすまん」でお楽しみください。
少し前の放送室にて・・・

買い物をすると、次回来店時に利用できる割引券をもらえるというお店で高須さんが見た光景。
もらった割引券をその場で店員に突きつけ、「これを使って今回の買い物分から割り引いて欲しい」みたいに詰め寄るおばはんを目撃したという話にて。

松本「未来の自分に助太刀してもろうてんねや!!!」

「未来の自分の助太刀」というのがおもろくて笑ってしまった。

さて、明日の夕方にはいよいよこの東京を去ります。
考えてみたら俺って本当に東京で生活してたんだなぁ。
昔は東京なんて自分とは無縁の世界だと思ってたのに。

上京するときの気持ちはなんとなく覚えている。
「東京に行っても変わらないままでいて欲しい」みたいに言われたことがあったし、
自分でも「東京なんかに馴染んでたまるか」という敵対心みたいなものすら持ってやってきた。

今考えればそれは「地元への愛情」を「新しいものに馴染めないこと」の言い訳にしていたように思う。
地元に甘えることで保守的、閉鎖的になり、いろんなチャンスを逃していたと思う。
例えばもっとたくさん友達を作ればよかったと今頃になって思うし。
少なくとも今度の新生活では変に保守的、閉鎖的にならず、置かれた場所に馴染んでいこうと思っております。

ここ最近ずっと何をするにも
「この道を通るのももしかしたらこれが最後かもなぁ・・・。」
「この店で食べるのもこれが最後かもなぁ・・・。」
「この人と会うのもこれで最後かもなぁ・・・。今のうちにお別れ言っといた方がえぇかな・・・。」
みたいなのが常に付きまとっていたが、今日はもうそれぞれがはっきりと「最後」とわかっていたので逆に寂しさは少なかった。

先生に挨拶をし、ツナ様も撫でて、愛すべき犬たちにも別れの挨拶をした。
最後だからなのか、顔に唾液をすりこむような勢いで強く舐められまくり。
バイバイグリコ。元気でな。

最近ずっと感じていたこの寂しさは、地元から上京するときには多分感じたことなかったものだと思う。
上京するときには一人暮らしの不安などもあったけど、生まれ育った地元には必ず戻ってくる理由があった。
でも今住んでいるところはそれがない。戻ってくる確固たる理由は特にないのだ。
それがずっと胸を締め付けるようにある寂しさの原因だったのだろう。

卒業式や卒業コンパで「またね」みたいにいろんな人に別れを告げたけど、その半分以上とはもう二度と会わないのが現実だろう。
でも、離れることを本気で寂しがってくれる人や、本当にまた会いたいと思ってくれている人がいるのだから、それが東京に戻ってくる理由になる。

必ずいずれまた東京に来るということを未来の自分と約束した。
その約束が未来の自分の助太刀となり、この寂しさを幾分かやわらげてくれる。
俺は約束は守る。
TBSのサスケのコースが大幅リニューアルしてた。
毎回同じステージだとマンネリするのでそれはいいことだと思うけど、

クリアできる奴がいないのに難易度上げてどうする

ピクロスDSと大人の常識力テストがやりたい。
新生活に備えていらない荷物を引越し先や実家に送っている。
徐々に部屋が閑散としていくのが楽しくもあり寂しくもある。
クローゼットの奥の方に見るだけでこっちが恥ずかしくなるようなジャケットとかがあって時代を感じた。あれを平気で着ていた自分がわかってなかったのか、それともそういうのが違和感なかった時代だったのかはわからん。「とっておけばまた使える時期がくるかも・・・」とか「組み合わせ次第ではまだ着れるかも・・・」みたいな考えもなくはなかったけど、今季一度も着なかったし、思い出すことすらなかったのだからもうええかと言う感じで捨てました。

ついでにDS liteを買いました。エナメルネイビーね。ヤフオクにて手数料など込みでも\18400くらいで買えました。

ソフトは料理のやつを2本セットで。とりあえず引っ越した初日から困らないようにこれだけは買っておきたかった。
DSのシレンはシリーズを通してやってるファンたちの間ではあまりいい評判ではないので買うのは今のところ保留。

今は引越し準備でそれなりに忙しいしゲームする暇があれば入社前に学校で習ったことを復習した方がえぇかなと思うし特に欲しいソフトもなし。でも、オススメがあれば教えてください。そして貸してくれれば助かります。
あー疲れた。
10以上の引越し業者に電話をしてもどこも3月一杯は無理とか言われた。
なかなかつながらないので最後までとっておいたクロネコでひたすら粘って待ってたらなんとか単身パックが空いていた。
大手なのにこのシーズンでも空いているとは恐るべしクロネコの底力。
金曜ロードショーのスポンサーやってるだけあるね。

ちなみに「魔女の宅急便はスポンサーがクロネコヤマトなので黒猫のジジが登場している」みたいな噂がありますがあれはガセビアです。「『宅急便』という言葉は商標なのを知らずに制作がかなり進んでしまったので、クロネコヤマトがスポンサーにつくことで解決した。」というのが正しいらしい。

あーそれにしても疲れた。
これも全部ずさんな対応の会社のせいじゃ。
とりあえず当日あたふたせぬよう今から荷物減らしていくかな。
今日はとりあえずCDをほぼ全て送った。
昨日の午前、ようやく引越し先が速達で送られてきた。
最初の2,3ヶ月は研修期間なので、その間の住まいは会社が手配するとのことだったので任せていたのだがちょっと遅いぜこれは。
毎日やきもきしておりました。このずさんな対応に若干「大丈夫なんかいな・・・」と思わされてしまう。

家賃は給料から1万差し引きで光熱費は自費。つまり実質家賃は1万円。
しかも居間に照明がないらしい。それはまぁ電気スタンドでも買えばいいとしても、なんかおかしくないか?
照明がないって・・・・。家賃のこの安さといい、何か怪しい・・・。

入居は26日以降なら可能らしい。なのに今住んでるところは24日に追い出される。
25日どないせぇっちゅねん。
とりあえずちょうど大阪にKKがいるからお世話になることになった。

具体的な日にちが決まったことで本格的に寂しさを実感する今日この頃。
学校に行くのにもいちいち「この道を通るのもあと何回かな・・・」とか感じていちいち寂しい。
行き着けのお店にも「もしかしたらここで食べるのもこれが最後なんかな・・・」とか思ってしまうし。

でも、本当にお世話になったお店にはちゃんと挨拶をしておきたいなとは思ってた。
ちょうど客が自分だけになったので親父さんには京都に就職先が決まったんでこれで最後だということを言うと、厨房にいた大将も出てきていままでいつもありがとう、頑張ってねとの言葉をいただきました。
閉店が近い時間に行ったときとかは、こっそり余った味玉をサービスしてくれたり、ごはんを大盛りにしてくれる優しい方でした。

【和尚】
32696f9bde0a639e375b7034112c4732.jpg

e1505aafcfed090b2fced9851e14da43.jpg

塩ラーメン+味玉

ここの味付け煮玉子は黄身がとろりとした半熟。白身も色だけでなくちゃんと味がしみているのだ。
スープには魚介がふんだんに使われており、ご飯にとても合う味になっている。
麺はぷりぷりとした触感があり、具に関してはヤマクラゲが珍しい。
ヤマクラゲのコリコリとした歯ざわりに対し、ここのメンマは歯に触れるとほどけるようにやわらかい。
メンマがやわらかいっていうのも珍しいですよね。

ご飯が一杯おかわり無料なので、一杯目はラーメンをおかずに食べ、二杯目は残ったスープに入れて食べる。
メニューにも「残ったスープに入れておじやに!!」と書かれているので、これが大将公認の食べ方なのだ。
(炭水化物だらけだけど)

このお店は創業3年目、つまり国分寺に暮らして4年目の俺の方が国分寺に関しては先輩だったりする。だから本当は知っている。
今は大将がラーメンを作り、大将の親父さんが接客をしているが、創業当時、大将は相方と二人で切り盛りしていたことを。
方向性の違いから喧嘩別れしたのか、やむを得ない理由で離脱したのか、多少気になるところもあるが、常連だからと言ってそこまで首を突っ込む必要はないだろう。
美味しいラーメンと真心ある接客さえあればそれ以上のものを求めるのは傲慢だと思う。
理想の店には理想の客として来店する。それが自分にできる料金以外の感謝の気持ち。

上京したときは本当にラーメンブームで、大晦日にもラーメンの番組をするくらいの過剰なものだった。
しかし、ラーメンというのはもともと大衆食、B級グルメなんだから、ガイドブックで探してわざわざ電車乗り継いでお店に行って、1時間以上も並んでありがたがって食べるようなものではない・・・と私は思っております。

なので、気軽に食べにいけて、何回も食べにいきたくなるようなラーメン屋というのが自分にとっての理想のお店でした。
そういう意味でもこのお店は東京に来て一番美味しい理想のラーメン屋でした。(そういうお店、地元にも一店あります。)

ガイドブックや行列の長さなど何のあてにもならない。
そんなものから評価を受けなくても本当においしいラーメン屋はある。
それを私に教えてくれたことにも感謝したい。


あぁそれにしても、今考えてみれば別にあと2回くらいは食べに行く余裕はあったなぁ・・・。
ちょっと後悔。
031108.jpg

うどんを食べた後穴小のグランドに行ったらゴムボールとパイプみたいなのがあったのでMJとピッチャーとバッターを交代で野球ごっこみたいなのをしたら意外とおもろかった。
あープラスチックのバットを買いたい。そして野球がしたい。
ただ参加者はせいぜい4人くらいになるだろうしそれに合ったルールを考えた方がいいけど。

ついでにMJと腕相撲したら1勝1敗でした。筋トレを初めて半年になります。
今度は勝ち越せるようにこれからも続けます。最終的には打倒Soeで。

MJにはよくわからないところがたくさんある。
うどんを食べに行く日、本当なら前日の夜に俺の家に来るはずだったのに結局

「洗濯せなあかんから」

とかいう理由で当日の朝に来たMJ。
あいつはやたらと「洗濯」を理由に忙しそうにする。

なぜなのか。

「忙しいから洗濯物たまってる」

っていうが、
洗濯って確かに時間かかるけど、洗濯機が回ってる時間はどうせテレビ見るなりごはん食べるなり風呂に入るなりするんだから実質そんなに時間がかかることでもないだろうに。

なぜなのか。

今までも

「ごめん、ちょっと洗濯せなあかんけん・・・」

とかいって電話を切ることも何度かあったし、

「俺やっていろいろせなあかんことあるんじゃって!!!」
「例えば?」
「洗濯とか」

みたいなこともあったし、なぜ洗濯なのか。


メールを打つのをめちゃくちゃめんどくさがるのを知っているのでそれを考慮して

「当日いけそうなのか早めに知りたいけんわかったら一文字でえぇからメールで連絡ちょうだい。あかんのやったら[あ]、いけるんやったら[い]、わからんのやったら[わ]って送ってくれたらえぇから。」
「課長の機嫌が悪ぅて聞けそうにない雰囲気だったらどうすればいい?」
「ヤバイの[や]で。」
「OK」

とか言っといてその一文字すら送ってこないのはなぜなのか。

「送ろうとしたけど途中で寝てしもうたんやって!!!」

一文字入力する間に眠ってしまうのはなぜなのか。

人に借りたボールペンをあんなふうにしてしまうのはなぜなのか。
うどん巡りも15店目になり、そろそろデータベースとして扱ってもいいんじゃないかと思い、「さぬきうどん」のカテゴリを作るとともに、記念すべき第一回を引っ張り出してきてみました。

1件目は超有名店「山越」
この店を選んだのは「かま玉」が食べたかったから。あと、「水曜どうでしょう」でも出てたから。
そんで、さぬきうどんのコミュニティで「かま玉の美味しい店はどこですか?」
と聞くと、みんな口をそろえて山越と答えたからだった。行列も覚悟の上だった。



20070316094016.jpg

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …?!


誰がここまでの行列を予想できただろうか。
写真の奥に信号が見えるけど、これを曲がってさらに30mほど続いている。
この周辺の細い路地に似つかわしくない交通量は、すべてこの「山越」に集まる車なのだ。
そして少なくとも3人、この山越のためだけにおまわりさんが交通整備をしていた。 恐るべし山越。

20070316094025.jpg

写真の奥の方まで車が続いてるんだけどもこのほぼ全てが山越。
覚悟はしてたけどあ~やっぱり長い~。舐めてた。途中、おまわりさんに聞いてみた。
「だいたいここからあと何分くらいですか?」
「だいたいあと2時間くらいだと思うよ。」


(´・ω・`)
 
(´・ω:;.:...
 
(´:;....::;.:. :::;.. .....


もうね、「何分」と聞いたのに「2時間」って返ってくるとはね。単位が違うのよ。
この行列、写真には写ってないけども、ジェットコースターみたいにジグザグに並んでるのよ。
つまり自分たちが今まで並んできた距離なんてほんの一部に過ぎなかったのだ。
 
俺「あと2時間かかるらしいよ。」
KK「まじで?・・・・・・・・。そんだけ俺が遅れた30分がでかかったってことやな・・・。」
 
うん。その通り。その通りだしそれを自分でみとめてくれたのはいいんだけども逆になんだかむかついてきましたよ。
はじめてですよ。私をここまでコケにしたおバカさん達は・・・まさかこんな結果になろうとは思いませんでした・・・。

ゆ・・・。ゆるさん・・・絶対にゆるさんぞ貞光工業ども!!!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!!!!!!!
ひとりたりとも逃がさんぞ!!!!!!


KK「本性を表しやがったな脇町高校」

後ろに二組ほどカップルがいたのだが、あまりの待ち時間に一組は途中でリタイヤ、残ったもう一組も口数少なく険悪モード。
まぁ「ディズニーランドに行ったカップルは別れる」というジンクスと似たようなもんですな。
山越にうどんを食べにいったカップルが別れるかどうかまでは知らんけど。

20070316094032.jpg

私が注文した「かまたま」(1玉)+ちくわ天と「かまたまやま」(2玉)。確かこの二つあわせても500円でお釣りが返ってきた。
かまたまやまってのはかま玉にさらに山芋をプラスしたもの。
20070316094039.jpg

土丼君の注文した「かまたま」と月見やま(月見うどん+山かけ)
20070316094048.jpg

中は日本庭園みたいになっててかなり広い。
おみやげ用の生うどん、半生うどんや、ソフトクリームなどもあり、店内でもさらにそれらに行列ができている。
どんだけボロ儲けやねん。

[感想]
う~~~~ん・・・。これが2時間半待った味なのか?
「はて?確かにまずくはないけどこれくらいのレベルのうどん屋なら香川県内に他にもあるのでは?」
というのが正直な感想です。やっぱGWで混んでたからなのかな?うどんは常にゆでっぱなしだったしね。
5人とも「これを食べるためにまた2時間並べって言われたらもうえぇわ。」という感じでした。
それともうどん通にしかわからないおいしさみたいなのがあるのでしょうか?
まぁ今度行くとしたらそのときはまた混んでないときに行きます。

麺は太さ、コシともにこっちでよく行くはなまるうどんに近いように感じた。
15分並んでなら喰おうかなという感じ。20分待たなあかんなら他に行こうかな。
出だしから名店にしては少し厳し目の評価となりましたが、全て私の主観ですし、いずれは改めて混雑していないときの
山越にも行ってみたいと思っております。なので、これから山越行こうという方は行列には覚悟してくださいね。

本当なら3,4件廻ろうと思っていたのに山越で食べた時点ですでに13時を過ぎておりました。
香川のうどん屋は早く始まり早く閉まるのが常識。この山越も朝9時に開店し、13時30分には閉店。
だから5月4日のうどんめぐりはこの一軒で終了。
はぁ・・・みんなぐったり。

5月7日。土丼、えっつぁんとともに徳島県内鴨島にある「三木」へ。
20070316094058.jpg

あいにくの雨ではあったが客入りは上々。店の表のテーブルの他、店内は全て座敷。
店の形式はセルフ。ざるうどん、しょうゆうどん、釜揚げ、釜玉などを注文し、薬味のトッピングは自分でする。
注文したら番号札ならぬ番号うちわを持って待つ。待ち時間には「美味しんぼ」なども読める。
 
私が注文したのは「かま玉(大)」と「醤油(中)」。二つあわせて600円くらいだったかな。
20070316094105.jpg

どこの店でもそうなのかもしれませんが、かま玉は大盛りで注文するとちゃんと玉子も2ついれてくれておりました。
醤油は自分で加減しましょう。ただ、この店で注文してみてわかったんだけども、かま玉を大盛りで注文して玉子もちゃんと2個いれてくれてれば
まぁバランスはいいっちゃいいんだけども、全体の量自体が多いだけに、混ぜるのも大変だし、どうしても玉子が偏って
うまくうどんにからまなかったりすることもあるので、やはりかま玉の大盛りはあまり得策ではないかなという風に思いました。
20070316094115.jpg

醤油うどんにはネギと大根おろしを加えていただきました。
普通に醤油をかけるとどんぶりの底に醤油がたまるだけなんですが、大根おろしを入れてやることで全体にもまんべんなくからみ、
食べやすくなるので醤油うどんには大根おろしをよく使います。
こんなシンプルな食べ方でおいしいんだから、うどんの麺そのものがおいしくないとできないですよね。
冷たい醤油うどんで注文したからか、もちっとした感触よりかは歯に反発してくるようなコシを感じました。
そういえば卒業式のときにびっくりすることがあった。
謝恩会で担任の挨拶みたいなのがあったんだけども、そのときに担任が

「卒業式で名前呼んだとき、ちゃんと間違えずに名前呼べたかどうか確認してみたんだけど、実は一人名前間違ってたんだよね。誰かっていうと熊谷T子さんなんだけど、去年の11月22日、いい夫婦の日からは菅T子さんになったんだよね。」

――解説:この『菅』とは同学年同学科、研究室も同じ男で、二人が付き合っていることはほぼ全員が知っていたが、結婚については仲のいい友達ですら全く知らなかったのだ――

えぇぇぇぇぇ!!!!!!!!とかぎゃぁぁぁあぁぁぁぁ!!!!!とか絶叫やら悲鳴やらで会場は騒然となり、その勢いで急遽二人の記者会見みたいなのが始まる。

実はこの菅という男は長崎出身なのだが、地元では筋金入りの暴走族で、普段から獅子とか虎とか龍とか「喧嘩上等」とかの刺繍が入ったスカジャンを着たり、見せかけだけでなく、ウェイトリフティング部でも1,2位を争う実力者で、その筋肉はK-1選手らと比較しても全く遜色ない見事な逆三角形だった(というか生で見たからかむしろ勝っているように見えた)。
そんな彼はその日もヤクザが着るようなスーツを着てグラサン着用で来ていたのでもう若頭にしか見えなかった。

「別に聞かれなかったから言わなかっただけで隠してたわけじゃないです。」とふてくされているヤクザ菅君。
「いろいろと不安もあるけれど、これからは二人で支えあって頑張っていきたいと思います。」と旧姓熊谷さん。


        ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/    『二人で支えあって』だっておwwwwww
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バンバン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))





と、今まで自分と同じ学生だった人が言っても思わず笑ってしまうほど冗談にしか聞こえなかったけど、マジで結婚したということはその『二人で支えあって』というのもマジなわけで、それを考えるほどにまたびっくりしてきた。

びっくりしたことといえばこれも卒業式の後で知ったんだけど、同学年同学科内でのカップルは他に3組ほどいて、そのうち1組はなんと二人で新規就農するのだそうな。
新規就農というのは農家ではなかった人が農業を始めるということ。つまり二人で牧場の経営を始めるのだ。

これってすごくない?牧場を始めるってことは広大な敷地と多数の家畜、それを管理するのに必要な機材(トラクターとか堆肥加工循環システムやら大掛かりなものも含めて)かなりいろいろ大規模になものが必要なわけで(引退した農家を引き継ぐというケースもあるけど)。こちらは入籍してるわけではないけども、二人で始めるくらいだから結局結婚して、夫婦でやっていくことになるのだろう。とても自分と同い年の人がやることとは思えん。まぁうちの大学、学部ってそういうのを勉強するところだったし、牧場やそれに携わる仕事に就職する人は多いんだけど新規就農ってのが思い切りすぎだろ。でもそこまで挑戦できるのって羨ましくもあるね。

「自由という名の責を知れ」という言葉があるけど、社会人になったら結婚しようが起業しようがもうやりたい放題になってしまうんだなと実感した。
結構のん気でやっていこうとしている俺は危機感が足りてないのかなぁ。

【ロックマン】
ファミコンをやろうにもファミコンの場合テレビにつなぐときテレビの裏側をちょこちょこといじらないといけないし、でっかいテレビをわざわざ動かしてそんなことをやる気になれず、しょうがないのでPSとSFCで我慢した。

PSリメイク版のロックマンで持ってるのは2と5。なので両方やった。
sekiyuがきたときに2をやる。やっぱり何回やってもおもろかった。
「さすがプロやね」とsekiyuからありがたいお言葉を頂いたが、俺自身は結構腕が落ちていたことにショックだった。
ヒートマンステージの点滅ブロックで何回も失敗してしまったし。
夏の合宿で後輩のPSPでやったときは久々にやったにも関わらず初見で突破できたんだけどなぁ。
ちなみに2のやってて好きなところは、メタルマン戦でメタルブレードを紙一重で避けつつロックバスターを当てるときと、ワイリーステージ最初の面で、メカドラゴンの炎をかわしつつ顔面にクイックブーメランを叩き込むところ。

【ファイナルファイト】
でやーっ!!!
健闘むなしくラスボスで死んでしまった。クリアできず。
ボウガンの威力高すぎだろ。

【シレン】
「どうせ何回もクリアしたしどうせちょっと本気だせばすぐクリアできるし・・・」みたいな考えが離れずモチベーションが上がらなかった。途中放棄。

【アクトレイザー】
上に同じ
天才すぎやまこういち大先生

これはヤバイね。数々の死闘が蘇ってくる。
戦闘の音楽はが一番好きだし、「邪悪なるもの」「悪の化身」は神としか言いようがない。

呪われし塔

この音楽はやっぱり一章の湖の塔とか二章のさえずりの塔、五章の灯台あたりの印象が強い。
今思い出してみるとライアンが子供を助けたあと、仲間の騎士が息絶えてたシーンが好き。

返事が無いただのしかばねのようだ。ライアンは友の言葉を思い出した。
 「世界のどこかで地獄の帝王が復活しつつあるらしい。しかし予言では、帝王を滅ぼす勇者も育ちつつあるらしいのだ。勇者がまだ力をつけぬ子供のうちに見つけだし闇に葬るつもりなのだろう。ライアン! 子供たちを守ってくれ……!」


のサブタイトルは「導かれし者」。ライアンの場合はこの言葉から勇者の下へと導かれました。

ドラクエといえば、「もし出たら買うぞ」と思ってたものがいつの間にかでていたことを最近知った。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 完全版(1) ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 完全版(1)
藤原 カムイ、川又 千秋 他 (2006/07/25)
スクウェア・エニックス

この商品の詳細を見る


まぁ買うのは引っ越してからになりますけどね。
なにげにすごいと思うのが、連載当時、主人公たちの年齢がリアルタイムで年をとっていたこと。
最初は子供だったアルスたちが最後には立派な勇者になっているけど、その間を略すことなくちゃんと徐々に成長し、大人になっております。
しかもちょうど年齢的に自分と同じくらいだった気が。
考えてみれば「成長(レベルアップ)」こそドラクエの基本ルールですよね。

あと、ダイの大冒険も欲しいなぁ。
こちらも語るべきところがたくさんある名作です。
一番好きなキャラはやっぱりポップ。むしろこっちが主人公だろってくらい熱い。
あとハドラーの「魔族の俺が初めて神に祈る」のシーンもヤバイ。
DRAGON QUEST ダイの大冒険(22)閃光の章 DRAGON QUEST ダイの大冒険(22)閃光の章
三条 陸、稲田 浩司 他 (2004/03/18)
集英社

この商品の詳細を見る
恒例行事となったお楽しみのうどん巡り。今回の参加メンバーは私fdsと当日の朝に愛媛から帰ってきたMJ、そして初の女性参加者、inyりえこ。正直前回の帰省のうどん巡りはまぁどれも全国水準を上回るものの、正直な話、若干お店の当たり外れはあるように感じた。なので、さぬきうどんコミュの方で評判のいいお店をピックアップ&今回初参加のinyりえこに「コシの強さだけがさぬきうどんじゃない」というのを知ってもらうためにもすでに何回か行ってうまいことが分かっている「なかむら」から入りました。俺自身もう一回あそこのかま玉を食べたかったというのもあるし。

【なかむら】
今回注文したのは「かま玉」と「冷たいの」です。1玉150円×2+たまご50円で、2つあわせて350円。
相変わらず本場のさぬきうどんは安い。
NEC_0007.jpg

<かま玉>
いやー相変わらずうまい。卵ふわふわ。醤油は「ちょっと少ないかな」と思うくらいがベスト。
やわらかいのにちぎれにくくしなやかなこの麺はやっぱ癖になる。
気のせいか、前回よりも麺が細かったように感じた。うどんと素麺の中間みたいな感じ。
小麦粉と水の比率を季節や温度、湿度によって変えるというのはよく聞くが、もしや麺の細さも変えているのか?

<冷たいの>
水でしめている分若干ハリ、コシが出る。トッピングはもちろんお好み。大根おろしは自分ですりおろす。
冷たいダシ汁をかけて食べるが、ダシ汁はうまみがたっぷりだが味は薄味。今回は醤油をダシ汁で割るという感じで食べてみた。うまい。
醤油の量は、こちらもちょっと薄すぎるかなと思うくらいにした方が最後までダシをグイッと飲み干したくなるような美味しさが得られる。

NEC_0006.jpg
今回の来店で、アカイナカザッシュのワナイワさん(仮名)の正式なお名前が「ゴマ」さんであることが発覚(♂)。
赤のストライプのシャツが似合っております。

「あら、またあなたたちなの。」
「どうもご無沙汰しております。ワナイ・・・じゃなかった。ゴマさん。」
「もうすっかり春ねぇ。日差しが暖かいわ。」
「眠そうですねぇ。おや、素敵なアクセサリーをつけてらっしゃいますね。このGはゴマのGですか?」
「フフ・・・ガッツのGよ・・・。」
「さすがですね。俺達も100店制覇を目指して頑張ります。」
「人は誰しも『運命の奴隷』。無事を祈ってはあげられないけど、あなたたちが『眠れる奴隷』であることを祈るわ。」

ゴマさんに見送られながら、次は同じ丸亀にある「百こ萬」へ。
手持ちのガイドブックには11号線にあるとのことだが・・・。何度も引き返したのに結局見つけられなかった。
11号線沿いのそれと思しき場所は工事現場に。あとでコミュニティで確認したところ、やはり移転していたらしい。
臨時休業もそうだけどこういうタイムリーなアクシデントは避けようがないね。
散々往復したのに見つけられず、車内のテンションは急降下。なんとか再びテンションを挙げるべくさっきの「なかむら」の兄弟店、「中村(丸亀店)」へ。

【中村(丸亀店)】
「あ、イエローハットがある。この向かいにあるはずやで!!」さっきのナビの不振っぷりを挽回すべくピタリと的中。
しかしこちらにも本家なかむらほどではないが行列ができており、さっぶい中カチコチに身を固めるように待つ3人。あまりの寒さに摩擦熱で自家発電せざるを得なかった。
NEC_0005.jpg

<ひやあつ>
この店では一度水でしめられたものが手渡される。
<あつあつ>など、麺をあたたかい状態でいただきたい方は自分で筒ザルを使ってお湯で温める。
<ひやあつ>の場合はあたためずにそのままあついダシ汁をかけるだけ。味が薄いと感じたら若干醤油を足してもいいだろう。
兄弟店ということもあってか、本家なかむらと同じく麺はかなり細い。そしてやはりしなやかでのどごしがよい。
天ぷらは食後のお会計のときに自己申告。くれぐれもモラルに則り、数を誤魔化さないように!!
醤油うどん、釜揚げうどん、かま玉など、他のメニューもございます。


次の店は高松市の「はったんじ」。しかし丸亀から高松は30分ほどかかるのでこのルートは失敗だったかなと今となっては思う。うどんは消化にいいため、なかむらで食べたのがそろそろ糖分となって血中を巡り、3人とも強烈な睡魔に襲われはじめる。MJに至っては踏み切り待ちで一瞬意識が飛んでいた。恐るべしさぬきうどんの睡眠作用!!

【はったんじ】
駐車場が広い。60台。
NEC_0004.jpg

<ぶっかけ>
眠すぎてあまり味は覚えていない(ぉぃ。
しかし、3玉食べた状態でもおいしくいただけたのだからおいしいに違いない。
ぶっかけによく入っている天かすは、サクサクしたりダシをしみこんだり2種類の味があるので個人的に好きなトッピングです。(でも入れすぎ注意)ぶっかけなのでダシはゴクゴク飲めてしまう透き通った薄味。
ちなみに、肉ぶっかけというのがこの店の人気メニューだったらしいのだけども、あいにく品切れでした。
そりゃそろそろ1時半ごろで、みんな店を閉め始めるころですからね。

睡魔を吹き飛ばすべくあまり使いたくなかったネタで無理矢理テンションを上げつつ穴吹へ。解散。

【反省点】
・丸亀から高松への移動など、距離感がまだつかめてない。もっと無駄のないルートを考えるべき。
・カーナビには頼るときは頼る。頼らないなら頼らない。中途半端は×。理想としては番地まで入力、案内できるカーナビがあればなぁ・・・。
・MJが当日の朝に愛媛から返ってくるのは無茶しすぎ。気持ちはほんまにありがたいが、そこまでいくと申し訳ないし、もうちょい余裕を持って楽しもうや。
地元に帰ったときにデジカメもその充電器もちゃんと持って返ったのにSDカードを忘れてしまったため携帯で撮影。
20061018222613.jpg
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
NEC_0001.jpg
前かがみになり飛び掛る体勢のロッキー。

倉庫の前か隣の売却地につないでいるのだけども、売却地のほとんどの領域を手中に治めているロッキー。
NEC_0002.jpg

このロープの長さを見よ。半径15mくらい?