Lv.1
[楽しみながらでいいじゃない]の続きを読む
スポンサーサイト
znawo22369.jpg
[月330円から得たものと失ったもの]の続きを読む
ひさしぶりに日記を書こうとしたらPCを買い替えたのもあってかいろいろと勝手が違って画像がはれません。

最近はinstagram、いわゆるインスタに頻繁に投稿しております。
投稿しているのは主に喫茶店の写真です。

一年以上前くらいから、本格的に京都の喫茶店のモーニングを制覇する勢いで毎週末行くようになりました。
しかし制覇はまだまだ遠いです。それだけ京都の喫茶店には歴史が育んだ量と質があるのでしょうか。

インスタに投稿すると、「いいね」がつきます。
主に見ず知らずの喫茶店好きの方々か、あるいは流行やインスタ映えを追いかけるオシャレなOLや女子大生のどちらかが多いです。

フォローしてくれる方もいます。2018年3月末時点で95名ほど。
その中でリアルに面識、交友のある人は20名もいないと思うので、ほとんどが顔も知らないどこの誰だかわからん人です。

いずれにせよ、「一目置かれてる」という感触が少しうれしかったりします。

喫茶店巡りにせよ、ボルダリングにせよ、誰かに一目置いてもらえるからこそやりがいがあり、モチベーションにつながり、やってて楽しいってことはちょっとはあるかもしれません。
これが承認欲求ってやつでしょうか。

しかし「インスタ映え」という言葉が去年の流行語大賞に選ばれたことを考えると、いずれこのインスタも廃れる運命にあるのでしょう。

「あの人まだインスタでいいねもらって喜んでるよ」
とか
「このお店今更インスタ映えで客集まると思ってんのかよ」
みたいな。
流行とはそういうもの。

snsだけで見てもmixi twitter facebook instagramと、やってることはほとんど一緒なのに次々と流行り廃りは変わっていきました。次は何が流行るのか。

ましてや個人ブログはもう過去の遺産でしょう。
タレントのものならファンは読むかもしれませんが、どこの誰だかわからん一般人の垂れ流し日記に誰が興味を持つのか。

書いてる側からしてもインスタをやってるとブログは誰が読んでいるのかもわからないし、何の反応もないものとなるとどこにモチベーションを置けばいいのかわからないので何を書いていいのかわからなくなったりもして。

しかしせっかく10年以上続けてるんだから削除しようとは思わないし、思いついたように今後も続けたいとは思っております。
[なぜ最近つっちんに会いたかったのか]の続きを読む
ac965584.jpg
[ムカデ長老]の続きを読む